FC2ブログ

血腫 「出向」刑事・栗秋正史

著者:田村和大



「脳に特定の三兆候が出た場合、その児童は被虐待児である」 息子の異変を発見し、病院に搬送した父親の堀尾雄次は、虐待を疑われ警察へと連行された。筑紫警察署生活安全課の刑事・細井は、かつて警視庁捜査一課にいたという「出戻り」刑事の栗秋とともに捜査にあたることになって……
著者のデビュー作『筋読み』と同じく、医学的な話を中心にしているのだけど、物語としての完成度は抜群にあがっている。
物語の中心となるのは、子供を虐待した、とされる堀尾は本当に、その虐待をしたのか? という点。搬送された幼児には、確かに、虐待、いわゆる「揺れぶられっ子症候群」に特徴的な血腫が残されていた。そもそも、その子供は、本人が望まない形で始まった不妊治療の末に生まれた子供。普段は決して暴力的でも何でもないが、かつて、一度だけだが妻に手を挙げたことがあった。そして、本人は、弁護士の入れ知恵もあってひたすらに黙秘に徹している。
粗筋の冒頭に書いた、「三兆候が出た場合」というSBS理論。これは果たして正しいのか?
通報をした医師は、それは絶対だ、というが、懐疑的な見方も数多い。さらに、虐待についての捜査などを積極的にせよ、というような県警本部からのお達しもある。そのプレッシャーもある中……
そして、そんな一方で出てくるのは、栗秋自身のこと。そもそもが、警視庁捜査一課出身という異色の経歴。F県警に事実上の異動をしたのは、認知症の母の介護のため、とは説明されている。しかし、その背景に、F県警の警部補であった父の不可解な死があるのは確か。その事件について何かを探っている、というのも……。そのことが、F県警内での栗秋に対する警戒心という形でも現れている。
そういうい状況の中、当初は栗秋について懐疑的だし、その過去の話などにも迷いながらも、栗秋としっかりとコンビになっていく細井。ちゃんと相手の本質を見抜いていく栗秋という、それぞれの存在感も、王道かも知れないけど良かった。そして、虐待事件の真相は……。これは、医学の知識がないので、私には予想も出来なかったのだけど、「なるほど」という想いは抱けた。
物語の作りからして、「虐待」ではない、というのは最初からわかるし、栗秋自身についての事件については、「そういう形で解決するんだ」という想いがなかったではない。でも、比較的地味な事件を、丹念に調べて、というのが面白く、一気に読むことが出来た。

No.5090

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


スポンサーサイト

神のダイスを見上げて

著者:知念実希人



地球に向かって小惑星ダイスが接近中。政府などは、落ちる心配はない、と言うが、もしも落ちれば人類は滅びてしまう。その期限まであと5日。そんなとき、大学生の姉・圭子が何者かに殺害された。唯一の家族、「世界そのもの」だった姉の復讐をするため、高校生の亮は、犯人捜しを始めて……
犯人捜しのミステリ、というよりも、真相を知っての「家族愛という檻」のようなものが大きいのかな? と感じた。
冒頭に書いたように、物語の前提として、5日後に人類は滅びるかもしれない、という世界観。政府は大丈夫と言っているが、その言葉を人々は信用しておらず(公務員も含めて)、世の中に不安、そして、漠然とした諦観、そういうものが溢れている状態。
物語の流れは、まず、復讐のための拳銃を、クラスメイトであり、しかし、クラスでも変わり者と言われる四元美咲の紹介で手に入れる。そして、姉の恋人が犯人だ、という前提で、大学のサークル、そして、教授などを調べていくが……
世界設定とかは、こういう状況だったら……というのは理解できる。「裁きの日」は、神の思し召しである、という思想に取り憑かれ、宗教団体を化してしまう人々。そういった人々によって忙殺される中、実際の犯人などどうでもよい、と亮を殺人犯に仕立て上げて最後の時を家族と過ごしたい、という刑事。何よりも亮自身が、人類が滅びる前に、犯人に復讐をしたいと思っている。一種のパニックものとしての形と言えるだろう。そして、関係者を調べる中で、第2、第3の事件も起こって……
……となるわけなのだけど、正直なところ、犯人と言うか、首謀者というか、そういう部分はメタ的な視点で「多分、こうだろう」というのが想像できるんじゃないかと思う。
ただ、読み終わってみると、最初に書いた部分が強く印象に残る。特に、亮と美咲、双方の置かれた状況について、が。
というのは、両者は、どちらも「家族」という檻に囚われた存在だから。母に溺愛され、しかし、それは人形と同じであった美咲。それは、自分と母は、同じ存在であると思えるほどに。そんな母が末期がんになり、しかも、世界は滅びようとしている。その中で彼女がしたかったこと。一方の亮もまた、周囲からは「弟のことばかり」と言われるくらいに溺愛されていた。自分では、そこまで、と思っているが、しかし……。物語が開始された時点で、異なっている二人だったが、しかし、実はそっくりであった、というところが何よりも印象に残った。そして、その残酷さ、というか、気持ちの悪さ、というか、そういうものについても。
もっとも、姉の死を巡っての調査とか、世界観とか、そういうものと並行するだけに、もうちょっと人物像とか、そういう部分の掘り下げとかがあってくれればなぁ……という想いもあるのだけど。

No.5089

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

千年図書館

著者:北山猛邦



5編を収録した短編集。
本の裏表紙を見ると、強烈なひっくり返し、というのを売りにしているようだけど、ひっくり返しよりもファンタジー要素と、現代的な部分の組み合わせ方の方が印象的だった。
例えば1編目『見返り谷から呼ぶ声』。呼ばれたとき、振り返ると消えてしまう、という伝説のある谷。シロこと、司郎は、友人のハカセ、ユウキらと共にいる中、その近くで、クラスのアンタッチャブルともいえる少女・クロネがいることを知る……
怪談と言えるような内容。しかし、実際に、そこでは過去に何人も行方不明になっている。現にシロの同級生も……。その理由は何なのか? そして、それが判明した時にあった出来事は……。科学的に解明できたけど、でも……な切ない余韻が残る。
ファンタジーから、という意味で、最もインパクトがあるのは表題作だと思う。
村では凶兆があるたびに、図書館に若者が捧げられていた。その捧げられる「司書」に選ばれたペルは、2年前に「司書」となったヴィサスとそこで再会する。巨人が作った、と言われる巨大な建造物。そこでの役割は、ただ、「本」を地下へと運ぶだけ。だが、そこの司書に選ばれた者は早死にしてしまうという。そんな図書館での生活を始めたペルだったが、そこへ賊が入ったことで……
いかにも、なファンタジーという感じの世界設定。しかし、それが最後の1ページで現実世界へと引き戻される衝撃という意味ではナンバーワン。
十数年ぶりに故郷へ戻ったエドワード。しかし、そこでは、墓地に塔を建てる「塔葬」が慣習として息づいていた。それを主導したのは、元海軍将校のストーク男爵だという。理知的で、科学的知識もある男爵。だが、男爵が夜な夜な、その塔を訪れていることを知り……(『終末硝子』)
このエピソードも1編目に近い感じ。舞台設定としては、産業革命などが起きた頃なのかな? という感じではあるが、その中でも男爵は理知的な人間。そんな彼が、塔葬を主導して、そして、その塔へ行って何をしていたのか……と思ったら、思わぬオチ。そっちかよー!!
思わぬ形、という意味では、確かに煽り文句の通り。ただ、謎解きによって、というよりも話が斜め上に、というような印象が強かった。

No.5088

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

神様のスイッチ

著者:藤石波矢



同棲相手との将来に悩むフリーター。街を守る女性警察官。友人の恋の話に巻き込まれた大学生作家。駆け出しヤクザに、八方美人の会社員。それぞれの一夜の出来事が、大都市・東京を疾駆する物語になっていって……
てな感じの群像劇作品。著者が講談社タイガで出している『今からあなたを脅迫します』ともちょっとだけ関わり合っていたり。
群像劇作品というと、それぞれの登場人物が、直接、大きくかかわって……というような作品も多いのだけど、本作は、そこまで強い関連性ではなくて、実は過去に関係があったり、はたまた、ある人物の行動が、ちょっとしたところである人物の行動に影響を与えていたり……というようなそんな関係性になっている。まぁ、一部ではガッツリ関わっている存在はいるが。なんか、これ、私が大好きなTVゲームである
『街』がそんな感じだったな、と思ったりした。
物語の中心軸となるのは、大学生作家である畠山瑛隼、八方美人会社員である春日井允朗が中心となるパートと、女性警官・鴻上優紀と、駆け出しヤクザの志田正好らが中心となる薬物犯罪を巡ってのアレコレ、と言ったあたりだろうか。
あくまでも好みの問題ではあるのだが、どちらかというと、畠山、春日井を巡っての話が好きかな? 大学に入って仲良くなった友人。その友人と恋人・花沙音が別れを巡っていざこざに陥っている。そんな花沙音の相談に乗る中で、二人は恋人のような関係になってしまって……。
日常生活に支障がない程度、とはいえ、視覚障害を持っている花沙音。畠山は、それを乗り越えている彼女の強さに惹かれているが、彼女自身は、そのことに負い目が。特に、花沙音と、その彼女をある意味では慮りながらも、しかし、「何もできない」と決めつけている父への反発。しかし、そんな父の想いは……というのが明確になる春日井パートは好印象。
そんな一方で、優紀、志田を巡ってのパートは、文字通り、犯罪という明確な大事件になっていて、それを緩やかに結びつけるフリーター・美夜子がいて……
正直なところ、全てが上手く……というような話ではない。
勿論、その結果、次なる一歩へ、という形ではあるのだが。
ただ、緩やかながらも、しかし、様々な境遇、状況の人びとが、ちょっとしたことで繋がっていた、という楽しさを見出すことが出来る佳作。

No.5087

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

フーガはユーガ

著者:伊坂幸太郎



常盤優我はファミレスで語りだす。双子の弟・風我のこと。決して、幸せとは言えなかった子供時代のこと。そして、二人の特別な「アレ」のことを……
なんか、中盤までと終盤で、全く話の印象が異なる作品だったな、という印象。
物語の途中までは、主人公である優我が、自分の過去のこと。その特殊能力について語る形で進んでいく。
暴力的で、気にくわないと子供である二人に暴力を振るうロクデナシの父親の下で育った優我。そんなある日、二人は気づいてしまう。年に一度、誕生日の日に、2時間ごとに、それぞれが入れ替わる(瞬間移動する)という能力を持っていることに。最初は驚き、戸惑う二人。だが、そのやり方などを学んでいって……
学校内でいじめにあっている少年を助ける(ただし、正義感から、というよりは、イジメを行っている側の態度が気にくわない、という理由で) 風我の恋人が、家庭で虐待を受けている、というのを知り、それを助けようとしての奮闘。さらに……
どちらかというと、優我の方は、心優しいタイプ。一方で、風我の方は、自分の信念などがあって、というタイプ。勉強が得意、運動が得意、と言った違いもあるのだけど、喧嘩などをせず、互いに「自分だ」というくらいに仲が良い。それは色々と道が変わっていったとしても……。だが、そんな中で、過去の話が終わって……
そこまでも、物語の背景のように、街で起こっている事件であるとか、そういうものが出てきていたのだけど、そこが一気にクローズアップ。さらに、それまで優我の一人称だった物語に、突如、ある人物が参加してきて……。ひっくり返し、と言えば確かにそうなのだけど、ちょっと急展開過ぎてちょっと戸惑った、という感の方が強く出たように感じる。
何らかの形でまとめる必要はあったのだろうけど、個人的には中盤までの、一種の冒険譚みたいな話で進めてほしかったな、という風に感じた。ラストシーンは綺麗なんだけどね。

No.5086

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。
著者:村上凛



理想のオタク彼女(彼氏)を作るべく、同棲をしながら協力することとなった景虎と心。先立つものと、オタクとの出会いを求めて、バイトを探すことにするのだが……
オタクバイトって一体、何なのだろう? と、ちょっと思ってしまった今日この頃。
今回は、オタクの交際相手を作るために、バイトをする、というわけなのだけど……そもそも、「オタク」と言っても、「何の?」っていう部分があるもんなぁ……。いや、さらに言うのならば、同じものを愛好していたとしても、スタンスとか大分違ったりするしなぁ……とか、どうしても思ってしまうもので。
ともかく、バイトをしよう! ということで、最初に心が手を挙げたのは、コスプレ撮影会。ところが、いきなり変な衣装を着てみたり、はたまた、その登録しようとしたところが……。まぁ、この辺りは結構、ねぇ……。そもそも、例えば、ファストフードとかのそれと違って、「これをしたから」という感じではないし、結構、グレーゾーンよね。
そして、その後、景虎と心が、共に働くことになったのが、メイド喫茶。1巻の段階で知り合って、一旦はデートにまでこぎつけた五条さんが働いている場所。そして、心もまた、一緒に入った久住と仲良くなるが……
なんつーか、この作品のキャラで一番好きなのは久住さんかも(笑) 一見、チャラ男的な見た目な久住。しかし、面倒見は良いし、オタクであることも確か。何より、気さくで良い奴。ただし……ドM的な思考を持っていることをアピールしてしまう残念イケメン(笑) 今回のムードメーカーだし、何か良い味を出しているんだよね。
で、そんな中で、景虎は、五条さんとのやりとりを重ねる。彼女が隠しているのは、男性声優のファンである、ということだろう、というのはわかる。そして、そんなのは気にしない、ということを伝えるのだが、ふとしたことで聞いてしまった彼女の一言……。そこで……
こういうと何だけど、オタク云々って要素は薄くなったのかな? と感じる。いや、五条さんの行動とか、そういうものについては確かに、背景としてあるのだけど、それよりもちょっと拗らせた中での恋愛模様というか、そういう印象が強くなっているように思える。そして、その中での前提となっている景虎と心が同棲できている状況そのものの危機へ……
なんか、普通のラブコメっぽくなってきている気がしないでもないけど、これはこれで楽しみ。何気に、修羅場状況になりかけているしね。

No.5085

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

特殊性癖教室へようこそ3

著者:中西鼎



早朝、特殊性癖教室で胡桃沢宵美がイ体で発見された。密室状態となったそこで。伊藤と朝日は、その犯人を捜し始める。彼女は、一人で楽しんだ上で絶頂したのか? それとも、性癖を利用した密室トリックか? 事件の中で、清楚系委員長・恭野の特殊性癖が明らかになっていって……
シリーズ完結編。第2巻の辺りから、下ネタ特殊能力バトルみたいな部分が強くなっていったのだけど、それがとんでもなく突き抜けた! という感じがする。
粗筋だと、宵美が「イ体」になって発見された、ということから始まったように見えるけど、冒頭でちょっと、そういうことを示しつつ、物語は時系列が前後して、日常(?)から、という形になる。まぁ、日常と言っても、誘惑してくる女性生徒とか、それを盗撮しようとする男子だったり、特殊な薬でヘンテコなものに勃起するようになったり……とか、その時点でアレなのだけど。
そんな中でも、「まとも」に見える恭野。しかし、彼女もまた特殊性癖を持っているはず。それは、何なのか? 日常の中の、それぞれから「こうではないか?」と想像する伊藤だったが、何やらきな臭い噂もあるという。そして、その恭野のことを調べようとしていた宵美が……
「人間は皆、特殊性癖を持っているんですよ」
ついに判明する恭野の特殊性癖。特殊性癖とは言うけど、これは特殊性癖なんだろうか?
確かに、恭野の言うように、性癖っていうのは誰だって持っているもの。しかも、それが一つであるとは限らない。それは多分、間違いないのだろう。というか、逆に一つに特化した、っていうのはあまり無いような気もするし(これは、性癖じゃなくて、学問とかだって同じじゃないかという気がする)
……と真面目に書いてみたのだけど、終盤はとがりすぎていて、ある意味で驚愕。その正体を現した恭野。伊藤の人格を破壊して、という彼女との対決に。恭野を救いたい、という伊藤と、そんなのは不可能とばかりに、伊藤をイかせにかかる恭野。……やっていることは野球拳で、見た目もひどいのに、伊藤の台詞、想いだけを抜き出すとなんか熱血ものっぽいのが何とも……。
なんか、最終的なところで、まだまだ世界観とかが掘り下げられ切っていない、と感じる部分もあったりするのだけど、恭野という最大の謎となっていた人物との対決により、「担任として」認められた、ということで一区切りで良かったのかな?
しかし……
ひっでぇ物語だった!(誉め言葉)

No.5084

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

僕は何度も生まれ変わる2

著者:十文字青



現代日本で29歳で死んだ僕。生まれ変わった異世界では、同じ顔をした女に、毎回18歳で殺された。呪いのような生と死の螺旋。5度目の人生、魔王の庶子ロワとして生まれた僕は、暴虐無動の帝国に対する連合軍の指揮官となる。家族、友、仲間……彼らを守るため、大反抗作戦が開始され……
やっぱり、こうなるか!
物語としては、文字通りの戦記もの、と言った印象。
「絶対種」としての人間による国家・帝国。巨人族、魔族……など、亜人たちを支配し、世界を席巻しようとする相手に対し、連合軍を結成する。奇しくも、殺害された「魔王」によって繋がれた縁もあり、それらが結集することが出来た。自分は、魔王の子。政略結婚で巨人族の元へ行ったが、しかし、愛する妻、信頼できる義兄たちに恵まれ、帝国に対する意思は固まった。
そしての開戦。
脆弱な身体ではあるが、しかし、類まれなる戦略もあり、戦いは善戦を続ける。だが、決して順風満帆とはいかず、少しずつ仲間も削られて行ってしまう。何よりも、自らの身体に感じる異変。そのような中で、ロワを国の代表へ、という意見も出始め、やがて、その決意も生まれてくるのだが……
著者の作品は何作か読んでいるだけに、そう上手くは行かない、というのはわかっていたし、何よりも作品の主題が主題だけに……。それはわかっていたはず。でも、この終わり方は何とも衝撃的。そして、それで終わりではない、ということもまた……
戦記モノ、という作風で進みながらも、それで終わらずに、というこの物語が一体、どういう風に進んでいくのか、ますます混迷を増してきた気がする。最終章での、また新たな物語の開幕。今度の立場は……。戦記モノだという形で続いた物語が、今度はどこへ転がるのか、早いところ、3巻目が出てくれることを期待したい。
……というか……
このループって、もしかして……
主人公が卒業したら途切れるの? とか、ふと思ったのは秘密。

No.5083

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

やがて恋するヴィヴィ・レイン7

著者;犬村小六



ついに起動したワールド・トリガー。エデン、グレイスランド、ジュデッカ。三界を隔てた壁の消失が迫り、エデン評議会はグレイスランドへの爆撃を決断する。その頃、ジェミニ説得に向かったファニアは、グレゴリオの奸計によって窮地に陥る。一方のジェミニも、ルカを喪失したことで心身に変調をきたしていて……
シリーズ完結編。
うわ、そういう形で終わるのか!
ジェミニの説得に向かったファニアと別れたルカとヴィヴィは、潜伏のための共同生活を開始。家事が壊滅的だったりするヴィヴィと、その世話までもしなければならないルカ。互いに憎まれ口を叩きながらも、色々なやりとりでその気持ちは繋がっていく。ある意味では平和な時間と言える。最終的に出撃することになるわけだけど……
そんなこんなの一方で、グレイスランドの在り方を決める頂点の面々。ルカを裏切者とののしりながら、その死ということで目指すものを失ってしまったジェミニ。そんな彼の前に現れたのは、「共和国」の代表となったファニア。ファニアの存在が、喪失感に苛まれたジェミニの心に再びの火をつける。
最終巻ということもあって、どんどん死んでいくのだけど、ルカにその後を託されながら、自らのふがいなさ故に窮地に陥らせてしまったカミーユの最後のけじめ。ファニアという存在を得ることで、再び、その心に火をつけ、そのままに最期を迎えることになるジェミニ。そんな人々からの想いを受け継いで、「共和国」の代表として国を引っ張るファニアと、ファニアへの想いを抱いたままジェミニの後始末をすることになるヴラドレン。それぞれの生きざま、というのを見せつけられる。そして、最後の最後に、戦いへと赴くルカとヴィヴィ……
一度、外れてしまった歯車が再び噛みあうことがない。それを感じさせるルカとファニアの関係性。なんか、ルカだけちゃっかり……って気がしないでもないのだけど、エピローグで語られる部分も含めて彼らの「生きざま」の物語だったということなのだろう。
物語全体を見通すと、終盤、三界というのがいきなりクローズアップされて……で、多少、詰め込んだ、という感じがないではない。でも、それを含めても、ルカと、その配下となっていく武将たち。運命に翻弄された面々。彼らの生きざまというのはしっかりと描かれていたことは間違いない事実。
勿論、架空の物語なのは確かなのだけど、読み終わると歴史モノとか、そういうものを読み終えたような余韻が残る。

No.5082

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

ガーリー・エアフォース11

著者:夏海公司



ザイ殲滅への光明が差し、作戦準備を進める彗たち。しかし、その作戦は、アニマたちに大きな代償を強いるものであった。その中で、些細なことでぶつかり合う彗とグリペン。そのような中、ロシアのアニマたちも合流して……
本編最終巻……ということになるらしい。
……とりあえず……明華の出番がない……だと……。一瞬も出番がなく終わってしまった。まぁ、10巻の段階で、慧が「自分には大切な人がいる」と告白しちゃっているから、ということにはなるんだろうけど。
ともかく、事実上、最終巻になるこの巻の主題となるのは、慧とグリペンの関係、っていうところへの回帰と言えるのかな?
時空を何度も繰り返していたグリペン。そんなことに、ザイ殲滅のヒントを発見し、その作戦へと進んでいく。しかし、その作戦を達成する、ということはグリペンというアニマは消えてしまう、ということ。そして、そもそも、アニマというのがどういう存在なのか、ということを考える中、慧は自らも……という想いに。だが、そのことに、グリペン自身は反対で……
そもそもが、アニマと人間の違いとは何なのか? そんな中でも一緒にいたい彗とグリペン。そして、一緒にいる、ということは……
ここまで読んできて言うのも何だけど、ぶっちゃけ、中盤以降は惰性で追いかけていた、という部分が少なからずあったりする。しかも、SF的な設定が出てきたり、で、それをどうまとめるのか、というと……何か曖昧なまま、と感じるところもあったけれども。
ただ、その中であくまでも物語の中心軸となっていたのは彗とグリペンの絆、というところだったのだろうな、というのはよくわかった。
そう、明華はそのための犠牲にされてしまったのだ!(結局、それが言いたかっただけ)

No.5081

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。