FC2ブログ

(書評)走馬灯症候群

著者:嶺里俊介



平成2年12月。通信会社NJTTの社員として、始発から終電まで、というような日々を送る咲元。そんな彼は、自分ですら覚えていないような過去の夢を見るようになる。そして、時を同じくして、彼の周囲で不可解な出来事が起こるように。そんなときに再会した中学時代の先輩で、民俗学者の牧野は、そのことについて調べていて……
著者のデビュー作である『星宿る虫』と同じく、奇妙な病(?)を題材とした作品。ただ、前作が物凄くグロテスクだっただけに、本作は抑えめに感じられた。
物語の中心となるのは、咲元が見る「夢」。自分ですら覚えていないような幼いころからの出来事から始まり、少しずつ夢の中の年齢は高くなっていく。そして、自分の実年齢に追いついたとき……
ランダムに過去のことを夢で、ということはある。しかし、時系列に沿って、というのは明らかにおかしい。しかも、過去、同じような夢を見て死んだ者は、その前にも共通点があり、咲元にもそれと同じことが起きている。このままでは……。状況証拠としては、咲元が死ぬのは確実。しかし、あくまでも状況証拠であり、病原菌が出るわけでも何でもない。それを止めるにはどうすれば良いのか? そもそも、感染症であるのなら、もっと多くの人に広がっていなければならないはず。それは何なのか? 読みながら、鈴木光司氏の『リング』とか、そういうのも頭に浮かんできた。
その上で印象的なのは、職場の様子。バブル絶頂期の日本。そして、電電公社が民営化されて、という状況。著者自身がNTTの社員であった、というところから考えても、ちょうど、著者の経験に裏打ちされた描写になるんじゃないかな、と思えてならなかった。……というか、牧野が教鞭をとっている大学も、学術院大学で目白駅前で、ピラミッド校舎があって、って……著者の出身大学そのままだよなぁ、と(笑) ただ、その奇妙な病の謎を追う、というのではなくて、それはそれで心配なのだけど、日常の、それも多忙すぎるくらいに多忙な日々というのが挿入されることで、リアリティのある形に持ってきている、というのは素直に上手い。
物語が咲元、牧野という二つの視点で綴られる関係上、メタ視点で読む読者としては「これが怪しい」というのを感じつつも、なかなかそこに触れられないもどかしさがあったり、解決の方法がちょっと「そんなので良いの?」と思う部分はあった。あったけど、でも、投げっぱなしのようにも感じられたデビュー作と違い、しっかりと風呂敷も畳まれていて、ほっとした読後感があったのも確か。しっかりと完成された作品になったな、というのを感じた。

No.4956

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト

(書評)TAS 特別師弟捜査員

著者:中山七里



「ねえ。慎也くん、放課後ヒマだったりする?」 クラスのアイドルで、接点が何もなかった楓に声をかけられた僕は舞い上がっていた。その日、楓が校舎から転落死するまでは。自殺? 事故? それとも? クラスメイトの死に動揺が昼がる中、楓が麻薬をやっていたなんていう噂も。そんな時、捜査のために現れた従兄弟の公彦は、楓の学校での様子を聞くため、僕に捜査を手伝うよう要請してきて……
真面目な話をすると設定にはかなり無理がある。ただの高校生である主人公・慎也が捜査の手伝いを、っていう時点で何だし、しかも、その公彦も教育実習生という設定で潜入捜査を開始。色々と無理があるだろう! という感じではある。
ただ、そういうのをフィクションとして割り切って、純粋な学園ミステリと言うことで考えれば充分に面白い。
物語は冒頭に書いたような形で開始。楓のことを調べるために、深夜は、彼女が部長をしていた演劇部に入部。興味本位だろうと反発をする部員たち。その中での人間関係。そして、そもそも楓という柱を喪ったことで余儀なくされる演目の変更。そのような中、慎也は脚本・演出を任されることになるが、新たな事件が起きて……
半ば、強引に引き受けることになった脚本・演出という役割。しかし、試しに書いたものが評価されたことによる高揚感。そして、仲間たちと試行錯誤する中でのアレコレ。勿論、仲間内での対立などもあるが、しかし、そもそもの捜査ということを忘れてしまうくらいに乗り込んでいく様は素直に楽しい。
そして、そんな中で見えてくる楓という人物。成績優秀で、容姿端麗。非の打ち所がない、と思っていた彼女だが、しかし、それ故の悩みも抱えていた。そして、裏、というほどではないが、しかし持っていた裏の顔。その中で……。その上で、それぞれの事件について、アリバイがどうか? と言った本格ミステリとしての考察なども入っており、ちょっとビターな学園ミステリとしてしっかりと完成されていると思う。
しかし、「特別師弟捜査員」ってタイトルはちょっとよくわからなかった。

No.4955

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


(書評)凍てつく太陽

著者:葉真中顕



昭和20年。終戦間際の室蘭で、軍の将校と朝鮮人棒頭が殺害された。そこには、「カンナカムイ」の文字が……。その棒頭の組織に、潜入捜査をしていたこともある特高刑事・日崎八尋は、同僚である「拷問王」三影らと、捜査に値するが、その三影にぬれぎぬを着せられ、網走刑務所に収監されてしまう……
『ロスト・ケア』『絶叫』と言った作品は、社会問題などを題材に取ったわけだけど、本作もまた、エンタメ部分に主眼を置いた作品になっている。とはいえ、当時の歪んだ国家主義というのも感じられる。
日本人、だけでなく、併合をした朝鮮、さらにはアイヌと言った人びとも皇国民として一丸となり、戦いをしよう、という日本。しかし、実態としての差別は明らかに存在している。賃金、身分の格差。何よりも特高は、朝鮮人を危険視している。しかし、そんな八尋自身もアイヌの血を引くことから、三影からは「土人」と侮られる。そんな中での国民とは何か? という問いかけは確かに存在する。
で、物語は八尋、そして、三影、二つの視点で展開する。三影によって犯罪者として投獄されることとなった八尋。そこで待っていたのは、八尋自身が陥れた朝鮮人のヨンチョン。刑務所で待っていたのは、復讐される日々。しかし、自らの使命は、と考え、脱獄を決意する。ヨンチョンと共に……。こちらのパートは、とにかく、どう脱獄をするのか? そしてどう生き残るか? そんな冒険小説へとしての印象が強い。
一方、八尋を陥れた三影。しかし、八尋が感じた違和感は、彼自身も感じていたこと。軍は何かを隠していることは明白。そして、軍需工場関係者が次々と殺害されていく。そのキーワードは「カンナカムイ」と言うもの……。八尋に対するもの言いなどは何だけど、しかし、彼なりの正義感はしっかりとあり、家族は大切にしている。そんな彼もまた、魅力的な主人公としてしっかりと存在感を示しているのは流石。こちらは、ミステリとしての骨格を強く感じた。
そして、その物語の鍵となる「カンナカムイ」の実態。ひっくり返し。この辺りも含めて、最後まで引っ張った物語が面白かったのは確か。ただ……
一方で気になった部分があったのも確か。というのは、当初あった、皇国民と言いつつも、というメッセージとかが弱くなった感じ。なんか、途中で作品のカラーが変わった、とでもいうか……。それ自体は悪いことではないのだけど、何か腑に落ちない、という部分もあったりなかったり。

No.4954

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:和ヶ原聡司



マグロナルドのバイトをやめ、受験勉強に専念することした千穂。そんなところにかかってきたのは、鈴乃からの電話。そこで告げられたのは、教会のトップたる大神官に出世してしまった、ということ。このままでは、魔王軍を率いる芦屋と激突になってしまう。意気消沈する鈴乃を慰める千穂と恵美だったが……
ちーちゃん大活躍の巻! というか、魔王が全く活躍できない巻、というか……
天界への進出を前に思わぬ形で訪れた計算違い。それは、鈴乃が出世してしまった、というもの。それは魔王たちにとって一番厄介なこと。なぜならば、それは、人間側の代表として、魔王軍との対決の矢面に立つ、とういうことに他ならないから。しかも、異例のことであり、魔王軍の準備期間にも影響を与えることに。そんな状況の中……
なぜか一番、頼られるのが千穂って……(笑)
その状況で、受験勉強どころではなくなってしまう千穂。そんな中、迷いに迷うこととなるのは、鈴乃。勿論、魔王軍と、という部分があるのも事実。その一方で、出世をすることで見えてしまったのは、教会の腐敗とでも言うべきもの。信仰への揺らぎ。そして自覚せざるを得ない魔王に対する想い。
一方で起こるのは、アシエスの異変。体調不良から、とにかく食い続けないと周囲を破壊してしまう、という状況まで起きる中、千穂の提案によって集められた新旧でのマグロナルドスタッフ……
まぁ、魔王の煮え切らない態度に対する嫌味とか、そういうところもありつつも、こう見るとやっぱり肝が据わっているんはちーちゃんであり、それをこれでもかと示したエピソードではある。勿論、鈴乃の想い、っていうのも痛切に伝わってくるのは確かなのだけど。そして、文字通り、話としては決戦前夜、というところまで来たのかな? という感じはある。
最近読んだ、アニメのおまけエピソードと比べると、スピード感に欠ける感はあるのだけど、ようやく物語は完結に向けて、ってところまで来たんだな、というのは感じるところ。

No.4953

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


(書評)異世界Cマート繁盛記7

著者:新木伸



今日もCマートは賑々しく営業中。子どもたちの間で「ドッジボール」が流行ったり、エナが「いじわる」をねだったり……???
相変わらずの雰囲気ゆえに安心して読める第7巻。
まず、印象に残ったのは『ドッジボール無双』。仕入れてはみたものの売れ行きのよくないクッションをエルフの尻に向かって投げてみた。そこから、クッションを投げ合うことを「ドッジボール」と言ってみたらウケた、っていうだけの話。ただ、これ、作中でも言われるように、どっちかというと枕投げみたいなもの……なのだけど、なぜか「尻」を狙うもの、として定着したとか、変な形での定着に。これは明らかに言いすぎなのだけど、日本でしか流通していないのに、「西洋の食事」的なニュアンスで語られる「洋食」とか、そういうものに通じるものがあるのかな? と思ったり思わなかったり。
『いじわる』は、純粋にエナが可愛い話。エルフに対しては、意地悪をする一方、エナに対しては優しい主人公。……が、なぜか、エナはエルフが特別扱いとして嫉妬し、自分にも「いじわる」しろ、と……。この要求自体が可愛いし、それに対して、戸惑いながらも……という主人公と、結局、褒められる方が良いと戻ったエナ。うん、変な性癖に目覚めなくて良かった。でも、そんなエナ、可愛い。
意外な展開を見せたのは『精霊さん』。よくよく考えてみると当初と比べて、扱う商品も増えているのに、「これを削ろう」とか、そういうものがないCマート。どう考えても後付けなのだけど(笑)、精霊さんのおかげだったとは!!(笑) 便利だな、この世界(笑)
そんな中、終盤の話を彩るのはエルフ。普段、駄エルフとか、散々な扱いをしている彼女が家出。そんなとき、エルフを探しに来た者たちがいて、実は……。エルフ自身の出自にも驚いたのだけど、いざ、別れ? となったときに感じる寂寥感。そして、主人公の行動……
結末は、この作品らしいものではあるんだけど、ハーレム状態とか、そういうの関係なしに、やっぱり、この面々でわいわいやって、というのがこの作品だよね、という安心感のある結末でよかった。

No.4952

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

(書評)犯罪乱歩幻想

著者:三津田信三



江戸川乱歩の作品をモチーフとした短編集。全7編を収録。ただし、終盤の2編は、無関係らしい。
まぁ、最初に書いておくと、私は実は、江戸川乱歩の作品についてはほとんど知らない人間であり、モチーフとなった作品との関連性については殆ど語れないことを最初に断っておく。
1編目『屋根裏の同居者』。昔から、飽きっぽい「私」が住むこととなった古アパート。空き室も多く、不気味な雰囲気もあり、逆に気に入ったそこでの生活。ところが、ふと部屋などから出ると、奇妙な出来事が起こるようになって……
なぜかめくられている日めくりカレンダー。移動している書籍。そして、「私」とならず者の従兄弟との関係。不気味であり、怪奇現象のようにも思えつつも、合理的に説明できた……と思いきや……。著者の持ち味と言えば、ホラー作品と、合理的な解決がされるミステリ作品の融合だけど、ある意味で、その作風を逆手に取った形での決着と言えるのかな? と。
逆に、内容的にもミステリそのものと言えるのが、『G坂の殺人事件』。湖畔亭という喫茶店があるG坂で、その湖畔亭の目の前に住む作家が殺害された。作家を憎む私。作家に酷評された少年。作家と複雑な関係にある喫茶店の店主夫妻。私は、客である老人と、事件について語るのだが……
確かに、このエピソードは最後に1つ、謎が残るのであるがこれは一つの味、だと思う。アリバイトリック、物理トリックなどが駆使されてのもので、ホラー要素がない作品。逆に、こういう作品を著者が書いたのが新鮮だった。
これは偏見という部分もあるのかも知れないが、ホラー作品って、結末がはっきりしない、というか、「で、結局?」というような話が多い印象がある。本作の話のついても、そういう印象を残す。具体的な内容を書いた1編目もそうだし、4編目『夢遊病者の手』にしても、合理的な解決が見えたと思わせて、何か曖昧な形のオチをつけているわけで……
ただ、考えてみると、著者の作品でも、特にある種のメタネタを含めた怪談蒐集の中で……という話はこういう話が多いように思える。その意味では、著者の作風の中に、江戸川乱歩の作品を上手く取り入れた作品集、というような評価をしても良いのかもしれない、という気がしてくる。

No.4951

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

(書評)グラスバードは還らない

著者:市川憂人



大規模な希少動物の密輸事件を追っていたマリアと蓮は、その事件に不動産王のヒュー・サンドフォードが関わっていることを発見する。上司から捜査中止の命令を無視して、彼が住居を構えるサンドフォードタワーへ向かうマリアだったが、そこでタワーを狙った爆破テロが勃発。そのころ、ヒューの所有するガラス製造会社の関係者は、窓のない迷宮へ閉じ込められてしまう。そして、次々とその関係者が殺害され……
シリーズ第3作。
なんか、反転の鮮やかさは見事。でも、殺人そのもののトリックは……そんなのアリ!? という感じも……
物語は、基本的に2つのパートで構成。不動産王、ヒューの所有する建物へ潜入したマリア。下層階はオフィス、上層階は高級住宅……とされているその建物だが、実はヒュー以外に住人はいないもぬけの殻。しかも、非常階段などには断絶があり、一方的に進むことは出来ない構造。そして、マリアは爆破テロによって、孤立状態にさせられてしまう。
一方、出口のない迷宮に閉じ込められた面々。主人公として描かれるのは、女性研究者であるセシリア。天才的な研究者であるイアンを恋人に持ちつつ、ある秘密を抱いた彼女。それを隠したいと思いながらも、次々と死んでいく閉じ込められた人々。しかも、明らかに見えない状況で……
物語的には、どちらかというとセシリア視点の話が主で綴られていく。その中での「見えない」敵は何なのか? そして、ヒューが飼っているという「硝子鳥」というものは何なのか? そのような謎で引っ張って……
本当、「硝子鳥」の正体は何なのか? というものの衝撃はすさまじい。そこで、「あ、やられた」と思ったもの。そして、それを中心に反転していくそこまでの話。その部分ではお見事の一言。
ただ、その一方で、セシリア視点での、殺人トリックは……。だって、それが出来たら、ある意味、何でもアリ、じゃないか、と思えて仕方がないから。
言い方を変えると、本格ミステリのトリックを期待していたら、実は、そこじゃない部分がメインだった、という感じ。
面白いかどうか、でいえば、間違いなく面白い。ただ、肩透かしとかも感じた、という意味で。

No.4950

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


著者:藤宮カズキ



「風戸、お前は女子高生を抱けるか?」「は? 何言ってんスか?」 27歳、隠れオタクの風戸肇は、取引先から突然振られた案件、お嬢様学校に住み、問題児の2人を更生させる、という仕事を担当することに。対象となるのは、門限破りの常習犯である口下手な少女・小百合と、教師に反抗的な態度をとっているというギャルの詩緒。しかし、「問題児」という言葉とは裏腹に……
よくよく考えると、社会人の主人公女子高に住み込む、とか、そういう話って、結構多いかも、というのをまず思った。
まず最初に、二人の対象となる少女についていうと、実はどちらも別に「問題児」と言えるような存在ではなかった、というところがポイントかな。門限破りの常習犯である、という小百合は、母が病で入院中。家族に負担を賭けさせたくない、ということで、毎日、バイトに精を出している、というだけの存在。一方の詩緒は、見た目はギャルだけど、実は初心で、こちらも実は隠れオタクだ、という存在。「反抗的な態度」というのも、その大好きなキャラクターのグッズを取り上げられそうになったから、というだけのもの。確かに、校則違反かも知れないけど、そんな、大きく問題になるようなことをしているわけではない。寮で暮らすようになり、そんなことをちゃんとわかって……
粗筋では「ラブコメ」と書かれているんだけど、この作品、ラブコメというよりも、「お仕事小説」という感じが強くするのは私だけだろうか?
上に書いたように、そんな問題児とは思えない二人。では、なぜ、学園は彼女らを目の敵にしてるのか? その理由が見えたとき、二人を救うために……と続いていくため。ただし、こちらはしっかりと現実的な形で、という風になっていく。
この作品の何よりもの良さは、(一部を除いて)大人が、しっかりと大人としての魅力を発揮していること。主人公の肇はもちろんのこと、その同僚たち。そして、肇に依頼をした側である副校長。副校長なんかは、最初に登場した時のイメージは、いかにもヒステリックなおばさん、って感じなのだけど、凄く生徒のことを、教育のことを考えているしっかりとした大人。そして、そんな面々が集まって、そもそもの問題を発見し、その解決へと動いていく様は素直に熱いものがある。まぁ、そのそもそもの問題の方は、ただひたすらにクズなんだけどさ(笑)
ラブコメ的な要素もないわけではない。……のだけど、個人的には、大人が、大人らしい活躍をして女子高生2人の窮地を救う。そんな大人が格好良い話。そういう風に感じた。

No.4949

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

(書評)叙述トリック短編集

著者:似鳥鶏



よく「叙述トリックはアンフェア」と呼ばれる。それが叙述トリックの泣き所と言われる。では、アンフェアではなくなる方法はないのだろうか? ということで、「叙述トリック」が使われていることを明記した短編集。
全6編を収録。
なんていうか、叙述トリックって何だろう? という気分になった(笑) とりあえず言えることは、それぞれのエピソードって、それぞれ「事件(?)」が起きて、それを解決する形なのだけど、そこに叙述トリックが仕掛けられていて、という形。
叙述トリックが大きな意味を持っているのは1編目。2編目辺りだろうか? 1編目『ちゃんと流す神様』。女子トイレが詰まってしまった。しかし、業者を呼ぼうとして、しばらくするとなぜかそれは解消されていた。場所的に、トイレに出入りできたのは、そのことを発見した総務課の面々のみ。しかし、それぞれにアリバイがあって……
それぞれの行動などから、アリバイを考えて……で、探偵役の別紙が明らかにした真相は……。勿論、アリバイについてのあれこれとかも面白いのだけど、そこから出来るのは叙述トリックによって明らかだった、というのは「なるほどな」という感じ。また、2編目については、導入部たる「挑戦状」で説明されたトリックがしっかりと活きているのが好印象。
ただ、3編目以降は、色々と……という感じ。3編目『閉じられた三人と二人』は、そもそも「トリック」なのか? という感じだし、5編目の『貧乏荘の怪事件』は叙述トリックと言って良いのかどうか……(まぁ、普通、そこまで気にしないよね、というのはあるが) そんな中で、結構好きなのは4編目の『なんとなく買った本の結末』。作中作である事件のトリックは何か? というやりとりをする話なのだけど、別紙さんにその本について語った私は、読み始めたところで分かったという。それは? 小説とかを読んでいると、時代背景とか、そういうものを感じることがある。それは、その中身の文章だけでなくて……。この辺りの処理の仕方が面白いな、と感じた1編。
でもって、6編目。探偵事務所を営む別紙さんの下で働く私。事務所に入った依頼は、元大物議員から、愉快犯と言える犯罪者を捕まえてくれ、というもの。別紙さんはある情報筋から、駅に設置されている巨大なコケシがターゲットにされる、ということで、そこをマークすることにしたのだが、出入口を監視していたのにイタズラは起きてしまって……
ある意味、ここまでの5編は、この話のための伏線と言える。詳しくは言わないけど、そこまでのキャラクター描写というのが実は非常に大きな意味を持っていて、なおかつ物凄くバカバカしいトリック。
タイトルのように叙述トリックがメインではあるが、同時にバカミス臭も強い。ただ、それでもしっかりと本格ミステリとして考えられている。そのバランスが何よりも印象に残る作品集といえよう。

No.4948

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:吉川永青



天正10年6月2日、本能寺。織田信長の前に現れたのは水色桔梗、明智光秀の軍勢。非道と罵られながらも、「魔王」としておそれられながらも、自らを捻じ曲げてきた信長。それは間違いだったのか? 信長は、自らの半生を振り返る……
ということで、織田信長の人生を描いた歴史小説。著者の作品って、どちらかというと、マイナーな人物を主役にした作品が多いのだけど、超メジャーな人物をどう描くのか、というのがまず最初の興味として読み始めた。
まず、最初に書くと、著者の作品、全てを追っているわけではなくて、今川義元を描いた『海道の修羅』とか、朝倉義景を描いた『奪うは我なり 朝倉義景』などは未読。もしかしたら、そちらで描かれているのかもしれないが……
信長の「民を守る」「天下を平定し、平穏な世にする」というような心の底からの目標。ある意味、コアとなる部分があまり描かれていないのに、それを前提として話が進むためにちょっと入りづらさを感じた。そこを乗り越えれば、比較的コンパクトな分量、なんていうのもあってスラスラと読むことが出来たのだけど。
この作品、凄く雑にまとめると、「信長はなぜ魔王となったのか?」というところだろうか。
天下を平定し、人々が安心して暮らせる世にしたい。そのことを何よりも考えていた信長。配下にも心を配り、少しずつ、その力をつけていく。だが、その中で起こった義弟・浅井長政の裏切り……。「救い」という言葉を掲げ、人々を駒として現世の権力闘争に明け暮れる宗教勢力。それらとの戦いの中で、「情」というものの弱さ。長政は、「情」というものに固執した結果、朝倉へと組し、平穏への道を喪った。比叡山は、「救い」「仏教」という名の「情」により、生きながらえてきたからこそ、現在の腐敗へとつながった。だからこそ、焼き討ちせねばならなかった。そして、勢力が拡大する中で、部下たちの中からも……
信長評として、よく言われるのは、元々、苛烈な性格であったが、それが、だんだんと……みたいなもの。本作の信長も、やっていることはだんだんと苛烈になっていく。しかし、それは長政の裏切りに端を発し、「情」の弱点を見つけたから。とにかく、最大目標は、平穏な天下を築くこと。そのためには、「情」を切り捨てねばならない。だが、それはすればするほど、「恐れ」からの裏切りなども引き起こす形になり、ますます、それを切り捨てた形へ行かねばならない、という悪循環へも繋がっていく……。戦の描写とかは、かなりアッサリと流され、例えばキリスト教関係の話とかは全く出てこない。しかし、そういう部分を削り、全てを信長の一人称視点で描くことで、信長自身が自らにギャップを抱きつつも、苛烈になっていかざるを得なかった、という主題の部分をクローズアップした、ということなのだろう。戦描写とかを楽しみにすると、物足りなさを感じるところもあるのだろうが、こういう切り取り方の信長の描き方は当然にあってよいと思う。
そして、その光秀の裏切りの理由もまた、そこに繋がっていく。清廉潔白であり、自身のことを見透かしてもいるような光秀。だからこそ、その諫言が時に癪に障り、激しく折檻したことも。だが、それでも、やはり、光秀は信長をしっかりと見据えていて……。ただ、それもまた、「情」であり、それが全てを滅ぼした、というその後を思うと「情」の弱さ、というものを感じざるを得ない。

No.4947

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。