fc2ブログ

〆切前には百合が捗る2

著者:平坂読



人気作家・海老原優佳理と晴れて付き合うことになった家出少女の白河愛結。一緒にお風呂で映画を見たり、担当から逃げ出したり、猫缶を食べたり……。そんな幸せな日々。しかし、その中には常に不安も……。そんなとき、優佳理を慕う人気声優・須原朋香があらわれて……
まず思ったのが、2巻になって(作品的に繋がりもある)『妹さえいればいい。』に雰囲気が近づいたな、ということ。
物語が開始されてやっているのは、粗筋で書いたように一緒にお風呂入ったりとか、そういう日常的なアレコレ。優佳理と愛結、二人が常にイチャイチャしている、という点では違うのだけど、やっていることは似たようなものだしなぁ……。てか、著者の作品では、作家=締め切りを守らずに編集者から逃亡するもの、というのは何なんだろう? ちなみに、二人は伊勢海老を食べに三重県まで行ってるけど、千葉県でも良かったのに……
ちなみに、断食道場……どー考えてもリバウンドしまくりな気がするんだけど……
そんな中で、物語とすれば、朋香の登場と終盤のアレコレだろうな。
優佳理を慕う声優の朋香。しばしば、優佳理の元へ訪れているようなのだが、愛結と同棲を開始した。そして、恋人になったということにショックを受ける。なぜならば、彼女もまた……。ある意味ではライバルの登場。しかし、愛結自身がそうだったように、周辺からの理解をされづらい存在。だからこそ、朋香の宣言には思うところが出来る。
そして、家出をした愛結に一度、実家へ戻らないか? という提案がされる終盤。家出のきっかけになったときのように、表面的に叱るとか、そういうことはしなくなった。しかし、話の根本は同じ。結局のところ「お前はおかしい」「(親の考える)普通の生活をしろ」ということばかり……。そもそもの「普通」とは違っているからこそ苦しんでいるのに、それを表面上、理解しているように見えて、結局は自分の「普通」を押し付ける。理解できない、ではなく、理解していると取り繕うことへの苛立ち。まあ、読者である自分自身だって本当の意味で理解しているのか、というのは不明なのだけど、それでも、と感じられる。だからこそ、そんなところへ現れた優佳理が格好良く感じられるわけで。
ただ……
終盤で語った優佳理がラノベ作家をしている理由。これを読んでしまうと、ちょっと別の不安も感じるんだよな……

No.6008

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



Tag:小説感想 GA文庫 平坂読

おどろしの森

著者:滝川さり



念願のマイホームを手に入れ、幸せの絶頂にいる尼子拓真。だが、その購入した新築一戸建てで、なぜかお香のような香りと、着物を着た女の姿を見るようになってしまう。だが、妻、そして、高校生の娘はそんなものは見えないという……。一方、高校に入りイメージチェンジを果たした拓真の娘・祐希。クラスメイトとの日々を楽しむが、常に金欠状態。そんなとき、仲間の一人からパパ活に誘われて……
途中までは凄く面白かったんだけどな……と言う感じかな?
物語は、宅真、祐希、そして、宅真が上司に連れていかれたガールズバーで知り合う霊能力を持つという美也の視点で展開していく。
念願のマイホームを購入したものの、そこで奇妙な出来事に遭遇するようになった拓真。自分には女の声や姿が見えるが、妻たちには見えない。そんなはずはない、と霊能力者を呼ぶものの、霊能力者の女も何もないという。だが……。そんなとき、幼い息子は、自分と同じことを言い、さらに家にやってきた同僚の男も……。この現象は男にしかわからない!? そう確信していくのだが、しかし、妻はますます奇妙な目で見るようになっていく。その怪異は何なのか? なぜ男限定なのか? そんな謎と、家族の中で自分だけが孤立していく、というストレス、もどかしさ。その「嫌さ」というのはなかなか楽しい。
一方の祐希。地味だった中学時代から一変したものの、付き合いの中で常に金欠。そこで勧められたパパ活。一種の売春なんて、という思いがありながらも、付き合いは続けたい。紹介された男は、紳士的。そのため、だんだんと忌避する想いは薄らいでいくのだが……。こちらは、怪異というよりも、社会問題とかそういうのを題材にした形。常識的に考えて、ダメな方向に進んでいるわけだけど、本人は気づかない。いや、気づいてはいるのだけど、目を瞑っている。読者からすれば、その危なっかしさが気になっていく……
そして、そんな状況の中、なぜか「見える」存在が増えていき……拓真だけでなく、祐希の周辺でも異変が。そして、美也が話に絡んでくるのだが……
「見える」存在がどうやって広がっていくのか? その怪異の正体が何なのか? そういうものはしっかりと説明されてはいる。いるのだけど、イマイチ、祐希周辺へと飛び火した理由が納得できなかった。「多分こうだろう」とは思うけど。さらに、怪異の正体がはっきりしたなら、それをどう収めるのか、ではなくて、文字通りのバトルモノになってしまうのはちょっと拍子抜け。様々な因縁とかが怪異にあるのだから、その決着のさせ方も工夫してほしかった。
終盤の落としどころがちょっと勿体ないな、という印象。

No.6007

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Tag:小説感想 角川ホラー文庫 滝川さり

ブレイクニュース

著者:薬丸岳



ユーチューブで人気を集める『野依美鈴のブレイクニュース』。児童虐待、8050問題、冤罪にパパ活、ヘイトスピーチ……様々な問題について独自取材をもとに配信するそれは、多くの注目を集める一方で過激さ故に多くの批判も集めている。経歴も年齢も不明な野依美鈴を巡って憶測も飛ぶ中、今日もまた、配信が始まり……
という連作短編形式の物語。
物語としては、最近、話題などにもなっているトピックスを題材にした物語を重ねる形で、最終的にはその配信者である野依美鈴とは何者か? という部分にフォーカスが当たっていくのだけど、各編、それぞれの問題などに関する話になっている。
その中で印象に残ったエピソードは2編目『巣立ち』。老夫婦からの取材依頼を受けた美鈴。80代になろう、という夫婦の息子は50代になるが、19年前から引きこもり状態になっている、という。そんな一家の生活を取材することになるのだが、カメラマンを引き受ける樋口もまた、同様の過去を持っていて……
引きこもりの問題。怠けている、とか、甘やかしている、なんていう言説がよく聞かれるけど、本人にしろ、家族にしろ地獄の想いをしているのは確か。そして、「出ろ」と言っても現実問題として就労などの問題がある。さらに当然、きっかけも存在する。その夫婦の息子がそうなったきっかけ……。正直なところ、自分自身も似たような形で鬱に近いところまで行ったことがあり、その苦しみとか、そういうのが凄く共感できる。家族が何気なく言う、本人の望みとは違う希望。それに応えねば、というプレッシャー。それすら「甘え」という人はいるかもしれない。でも……。物語の形として「ニュース番組」のような形をとっているため、それぞれの話について、「なぜそうなったのか?」などはわかっても、解決とはいかない。その辺りも含めてノリアリティを感じる。これは、各編に共通することと言えよう。
その上で、各エピソードを読む中で感じるのが、個人のネット配信だからこその強みと危うさ、だろう。
昨今のユーチューバーの暴走とか、そういう部分は、組織とか、そういうものの歯止めがないから、と言える。そして、方向性こそ違うが、美鈴のそれも似たような部分を抱えている。だからこそ、批判も受けるが、視聴者も伸びる。だからこそ、エスカレートもする。そんなバランスの上のもの。一方で、では組織は、というと……それが最終編。美鈴の正体。彼女が配信を始めた理由……
組織ではないからこそできた……とは言える。理屈としてはわかるのだけど……引っ張った割には、ちょっと弱い印象はあるかな? 周辺で美鈴の正体を探る部分とかは出ているものの、具体的な話は終盤のエピソードのみだし、ユーチューブ、というか動画配信の世界とかを見ていても、ラストシーンほど盛り上がるのか? というと、そこまで盛り上がるとも思いづらいし……
(著者の意図も含めて)やりたいことはわかったのだけど、ちょっと唐突感もまた感じた。

No.6006

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Tag:小説感想 薬丸岳

楽園ノイズ3

著者:杉井光



解散危機を乗り越えたPNO。そんなとき、世話になっているイベント運営会社の社長から紹介されたのは、芸能人夫妻の娘にして、モデル兼女優という志賀崎伽耶。そして、真琴と同じベーシストであった。クリスマスにライブの予定が入る中、そんな伽耶の加入を巡っての騒動がはじまって……
伽耶という新加入メンバー。PNO、いや、Musa男の大ファンであり、それに憧れてベースを始めたという新人。しかし、その技術などは、真琴のそれを凌駕するほどのものがある。真琴は、ベース以外にもできる。ならば、という部分もある。けれども……。そして、そんな伽耶自身の抱えている劣等感。それを克服したとき、真琴が言い出したのは、しばらくソロ活動に専念するということ。
ネット上で発見した謎の楽曲を巡っての謎解き。ライブ前日のダブルブッキング……どころか、PNOメンバー全員との掛け持ちデート。そんな中で、真琴が見出す、自分の想い……
主人公の真琴って、言い方は悪いけれども著者の作品の主人公らしい変人だらけのメンバ―の中でのツッコミ役。常識人枠。変な人たちの中で、ある意味、一番共感できる部分が多い枠ではある(無論、主人公であり、その心情なども地の文として描かれている、っていう部分があるのは事実としても) しかし、作中、真琴は他のメンバーからは「真琴が実は一番、ワガママ」と言われる。その理由っていうのが垣間見えたように思う。
それは、ヒロインたちの、真琴に対する想いとかを不意にしてしまう、なんていう部分もある。でも、それ以上に、今回のソロ活動のように、自分がどう音楽に向かうのか、という部分での動き。さらに、クリスマスライブを終えての決断というところに集約されているように感じる。常識人であり、しかも、個性的なメンバーの調整役でもある。しかし、その本質は、ただただ自分の音楽、自分の音は何なのか、というのを考える。その中で納得が出来なければ、他の人のことを差し置いて我を通す。ある意味では芸術家の本質とでも言うべき部分を持っている。そのことを今回のエピソードって貫いたような話になっているんじゃないかと感じる。そして、それは真琴に大事な部分を依存している他のメンバーは持っていないものでもある。
今回のエピソードは、そんな真琴の本質とでも言うべき部分を強く感じられる話だった。

No.6005

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Tag:小説感想 電撃文庫 杉井光

バイオハッカーQの追跡

著者:那藤功一



2020年、コロナ禍の中、フリーの分子生物学者であるQの元へ掛かってきた電話。それは、同じ研究室出身の友人であり、バイオソニック社のCEO・織原純一郎が失踪した、というもの。そもそも失踪癖のある織原であるが、電話をかけてきた最高財務責任者・牧村によれば、副社長が織原の追い落としを狙っており、1週間後に行われる臨時取締役会に織原が出席しなければ、解職は免れないという。友人である織原を救うため、牧村から派遣された黒人の探偵・カカウと共に織原の行方を追うことになって……
『このミス』大賞でデビューをしたコンビ作家くろきすがやの一人らしい。……てか、「くろきすがや」って、くろき氏、すがや氏ってことじゃなかったの?(漫才コンビの「ますだおかだ」とか、「品川庄司」みたいなものだと思っていたので)
そんなどうでも良いことから書き始めてみたわけだけど、主人公の設定とかは「くろきすがや」名義の『感染領域』に近いものがあるけれども、読んだ印象はだいぶ異なる、というのが最初に思ったこと。主人公が分子生物学者、という設定ではあるのだけど、自分が持っている特許の収入で暮らしている存在、というくらいで、物語としては純粋に織原を捜す、という部分で進んでいくため。
失踪した織原は、バイオソニック社という会社を起業し、成功した人物。ハッキリ言って女性関係などは派手で、女優と結婚はしたもののその関係は破綻状態。さらに、フリーアナウンサーの美咲と関係を持っている。かつてであれば海外に、ということもあるが、コロナ禍の中で海外渡航は不可能。だとすれば、そんな人間関係を追うことで、織原の居場所を探ろうとする。だが、その中で次々とQを狙う存在が現れて……
日本語ペラペラではあるが、發音に癖のあるカカウ。織原の現在の恋人である美咲。彼らの軽妙なやりとりと、次々と襲い掛かる敵の罠。攻撃してくるのは、織原の解職を狙う存在なのか? それとも、Qの持つ特許を狙ってのものなのか? テンポよく物語が転がっていくため、飽きずにどんどん読み進めることが出来た。設定は色々とありながらも、あくまでも織原の行方を探る、というところに絞ったのが奏功しているのだと思う。
ただ、その失踪劇の背景はもうちょっと掘り下げられても良かったかな? という気も……。一応は軽く触れられているのだけど、これだけのことをするって、相当じゃないかと思うだけに……。ちょっと、その部分が惜しい、という感じもしたかな、と。

No.6004

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Tag:小説感想 那藤功一

著者:井上ねこ



65歳以上の独居老人専門のアパート・若鮎荘。クセのある老人ばかりが集うため、ワケあり荘と言われるアパートの管理人となった歩美の周辺では、不可解な事件が……。そんなとき、アパートの住人であり、元教師のお婆ちゃん・花井朝美が鋭い観察眼と人脈を駆使して真相を見破って……
という連作短編集。全4編を収録。
結構、殺伐としているなぁ……
自分で粗筋となる部分の文章を書いておいて何だけど……この文章だと、日常の謎ミステリっぽい感じだけど、描かれる事件は全て殺人事件となかなかに殺伐。しかも、住人が犯人だったり、被害者だったり……と、そう考えると実際に「ワケあり荘」だよなぁ、と。しかも、各編については、結構、後味の悪いものもあるし。
例えば1編目『罪なき咎人』。元教師が水田で焼死体となって発見された。警察は焼身自殺ではないか、と見るのだが、花井おばあちゃんは納得できない。かつて、水難事故で子供を救出するなど、真面目な存在。そんな彼が焼身自殺などするだろうか? そんな彼の様子を調べ、さらに現在、世間を騒がせた事件との関連性を見出した時に……
焼死した人物の英雄譚。しかし、そのことが別の事件の引き金になってしまった。犯人も八つ当たりとは思っている。しかし、それでも……。そんな犯人の慟哭と、英雄譚の裏の悲劇。その後味の悪さが印象に残った。
で、そんな中でやはり強いのが、探偵役である花井さん。70歳を過ぎてなお、背筋がピンと伸び、推理力なども。そして、元教師で、現役の刑事ですら教え子と言うことで言うことを聞かせてしまう。何よりも、主人公である歩美ですら思いもよらないところをヒントにして……というのが印象的。しかし……
各編、謎解きとかもしっかりとあるのだけど、全体を通してみると、花井おばあちゃんの存在にスポットを当てた話なのかな? とも思える。先に書いたような「正しい」姿勢のお婆ちゃん。けれども、その中での挫折。それでも、なまとめ方。
ちょっと予想していた話とは違ったかな? というのはある。でも、それはそれで面白かった。

No.6003

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Tag:小説感想 井上ねこ

女子高生の放課後アングラーライフ

著者:井上かえる



同級生からのイジメにあっていた追川めざしは、両親の都合により関西の漁村へと引っ越す。「今度は絶対に間違えない」 そう思い、新たな学校生活を迎えるめざしだったが、その矢先、クラスメイトの白木須椎羅に迫られて海釣りの同好会「アングラ女子会」に入ることになってしまい……
第26回スニーカー大賞・優秀賞受賞作。
「釣り」+「日常」という形の本作なのだけど、釣り、の部分はちょっと抑えめかな?
クラスメイトになった椎羅に、半ば強制的に釣り同好会に入会させられためざし。クールな凪、なぜかめざしに対抗心をもっている明里といった面々と共に魚釣りに挑戦することに。ミミズそっくりなゴカイが怖かったり、なんてことがありつつも、釣りそのものの楽しさを知っていく。けれども、かつての学校で起きた出来事の傷は今なお、深く残っていて……
なんか、そのめざしの、心の在り方の部分が強く印象に残る。
それまで、一緒に昼食を食べたりしていた仲間。そんな仲間が、些細なことで自分を傷つける存在に。自分が対応を間違えたからだ。だから、今度はそれを間違えない。心情としてわかる。わかるのだけど、でも、それはそれで歪んだものがあるし、不自然でもある。凪辺りは、その辺りを察してくれているのだけど、明里は椎羅に構われるめざしに対抗心むき出しだし、椎羅はとにかく強引。そして、その強引さが故に衝突してしまい……
基本的に、釣り同好会の面々って表裏がない人間ではあるんだよな。でも、過去のトラウマがあるめざしは、どうしても考えてしまうし、椎羅辺りはそういうところが理解できない。その辺りの難しさ。そして、その誤解が解けたときの優しさ、というのが良かった。明里なんて、ほとんどツンデレキャラやん。
その一方で、結構、百合百合しい話でもあったな、なんていうことを思ったりもする。特に、明里はなぁ……。続巻が出るとして、そういうところが出てくるんだろうか?

ところで、自分自身も漁村……に近い場所で暮らしていた人間なので、魚釣りとかは結構した方だと思うのだけど……
ゴカイを餌にしたことってないなぁ……というのに気づいた。アオイソメはよく使っていたけど(知らない人から見れば、どっちも似たようなものだとは思う)

No.6002

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Tag:小説感想 角川スニーカー 井上かえる

著者:内藤了



法医昆虫学者であるジョージの事件を経て結婚した厚田と石上。新婚生活を始めたところに発生したのは世田谷での警察官一家惨殺事件。被害者は心臓を抜き取られ、現場には彼らの血で円が描かれるという凄惨な現場であった。新米刑事、新鋭の法医学者。それぞれの立場で事件に挑む二人だったが……
藤堂比奈子シリーズのスピンオフ第2作。
で、あると共に、(主人公こそ異なるが)『パンドラ』の続編であり、同時に本編の『COPY』の中でも少し触れられていた厚田、石上が過去に関わった30年前の事件の顛末を描いた物語とも言える。
……ではあるのだけど、何か歪んだ恋愛小説、という印象を強く持った。
ジョージの事件を経て結婚をした二人。とは言え、厚田、石上が夫婦であるということは、職場の人間にもほとんど告げておらず知っている人は皆無。石上は、厚田ではなくジョージの子供を宿しており、警察一家惨殺事件によって時間も取れない。そして、身重ながらも「仕事」を続ける石上は……
こうやって書いていくと、とにかく最初から最後まで徹底的に歪んだ結婚生活だ、というのを感じずにはいられない。二人とも、互いのことを尊重しているし、大事に思ってもいる。しかし、一般の結婚生活とはかけ離れた日常。さらに、事件を起こしたとはいえ、石上がジョージとの関係についてすべて決着をつけたとも言い難い状態。それでも、石上の子の「父」になろうとする厚田であったが、それすらも叶わない。厚田の言葉たらずっぷりとか、そういうものが影響を与えているのは確か。でも、そういう気遣いが出来る男だったとしても、果たして……
作中の事件についても、溺死したホームレスや、女子大生の殺害事件とか、そういうものがあり、一つの決着はつくのだけど、『COPY』にも続くように解決とは言えない話。そのため、どうしてもその部分は薄い感じがするんだよな。
本編で明らかになっているように、二人の新婚生活は破綻してしまう。けれども、じゃあ、互いにいがみ合っているか、というとそれは違う。散々、貶すような言葉を言いながらも厚田を認めている石上。石上の所見を心から信頼している厚田。そんな関係性というのがどう培われたのか、というのが理解できるような話だった。
ある意味で、両者が結婚生活を続けていたらこういう関係性にはなれなかったはず。そういう意味では、別れる、というのが最善だったのだろう、というのも感じる。

No.6001

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Tag:小説感想 内藤了

遠巷説百物語

著者:京極夏彦



盛岡藩筆頭家老にして、遠野南部家当主の密命を受け、市中の情勢を探る宇夫方祥五郎。郷が活気づく一方で、藩の財政は逼迫。街に流通する銭が不足する、という中、祥五郎は世情に詳しい乙蔵から奇妙な話を耳にする。菓子屋から座敷童が出ていき、先代当主、現当主が病に倒れ、嫁も出ていったという。一方で、街では花嫁衣裳の目鼻のない女が現れていて……(『歯黒べったり』)
など、全6編を収録した短編集。
自分がこのシリーズを読むのは7年ぶり。前作『西巷説百物語』は文庫本で読んだので、シリーズの刊行としては11年ぶりとのこと。そして、今回もシリーズの仕掛け人とでも言うべき又市自身は登場せず、又一と仕事を共にしたという長耳こと仲蔵が色々と仕掛けている、という形で進行。物語自体も、祥五郎が街の噂話などを耳にし、その騒動に巻き込まれた人物視点で事件が描かれ、そして、事件の顛末を知った祥五郎が仲蔵の元へ行く……という形で綴られていく。
仕掛けの見事さとか、そういうので一番惹かれたのは1編目、粗筋でも書いた『歯黒べったり』かな? 菓子屋で起こった奇妙な事件と、街に現れるのっぺらぼうとでも言うべき怪異騒動。全くバラバラの出来事のように見えながらも、少しずつその両者の繋がりが見え、そして……。ある意味では綱渡りの計画。しかし、その裏にある緻密な計算。そして、事件の裏側にある狂気。自分は奉行所でもない、という仲蔵の筋の通し方。その辺りのバランスが何よりも絶妙だな、と感じられた。
その後も、巨大な魚。熊……などなどが描かれていくのだが、だんだんと物語は藩全体、そして、日本全体を巡っての事件へと転化されていく。
最初のエピソードでも綴られていた盛岡藩の無謀とも言える失政の数々。豊作続きでありながら安定しない人々の暮らし。そういう人々の何とも言えない不安感というのが、この物語全体の構図を示しているのだ、というのが感じられてくる。
特に、全体を通しての物語の背景にいた人物。私が日本史で、この人物について学んだのは中学時代までなので(高校での日本史は江戸時代に入るくらいまでで、受験は世界史だったので)、この人物と言うとむしろ高潔過ぎるくらい高潔で、故に……みたいなイメージだったのだけど、考えてみればそんな存在がここまでの地位になることはないよなぁ……。そんな存在だからこその野心。そこに放り込まれる人々……
長らく続く江戸幕府による支配。その支配がまさに終焉を迎えつつある。そんな予感を感じさせる物語。
読み終わってみると、そういう部分が強く印象に残った。

No.6000

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Tag:小説感想 京極夏彦

スパイ教室06 《百鬼》のジビア

著者:竹町



ディン共和国のスパイチーム『灯』に入った一報。それは、スパイ学校のエリートチーム『鳳』が全滅した、というもの。状況を知るため、『鳳』が潜入していた同盟国・フェンド連邦へ入ったジビアだったが、そこでかの国のスパイチーム『ベリアス』に囚われてしまう。そして、ジビアは『鳳』が連邦の皇太子襲撃事件に関わっていた、と聞かされるのだったが……
今回は、結構、時系列が入り組んでいて整理するのが大変だったかも。
前巻、5巻で『灯』に対し、クラウスをよこせと迫った『鳳』。最終的には『灯』が勝利を収めたものの、個々の能力などにおいては完敗していた『灯』。そんな実力派揃いの『鳳』が本当に全滅したのか? 全滅という一報を伝えてきたランを除いては死亡という情報しかなく、そのラン自身も行方不明。そして、そんな『鳳』が同盟国の皇太子を襲撃するとは?
ジビア自身は、クラウスの介入によって助けられるものの、『ベリアス』はラン捕獲を要求。ジビアの代わりにティアを人質にすることに。わずかな時間しかない中、『灯』の行動が始まる……という流れではあるのだけど、そういう話の中に、『灯』と『鳳』の過去の交流が綴られ、さらに、全滅が伝えられてからの物語なども挿入されるため、時系列がバラバラでちょっと混乱したところはある。
ただ、『灯』と『鳳』の交流がまず笑ってしまう。前巻では完全に敵対心むき出しだった両者だったけど、対決が終わった後も毎日のように訪れる『鳳』の面々。当然、『灯』の面々は迷惑に思うもののお構いなし。そんな日々が続いていく。だが、毎日のように来ることは迷惑だが、仕事に対する姿勢については共感も覚えていく。勿論、エリート集団である『鳳』から学ぶことも。そんな交流があるからこその違和感。
そもそも、同盟国の皇太子を襲撃するはずがない。でも、フェンドのスパイチームは……。力づくで倒す、というのでは、同盟は破綻し、全面戦争になってしまう。そんな中で状況を打破するには……
一応、この巻でも事件は一区切りついてはいる。いるのだけど、フェンドのスパイチームを操っていた存在がいる、ということ。そして……
前巻同様、この引きは強烈だなぁ……

No.5999

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Tag:小説感想 富士見ファンタジア文庫 竹町