FC2ブログ

報復の密室

著者:平野俊彦



薬科大学教授の大日向の元に入った一報。それは、同じ大学に通う娘・千佳が大学内で首を吊った、というもの。なぜ、娘が自殺を? 悩む大日向だったが、警察からもたらされたのは、娘は何者かに殺害された、というもの。遅々として進展しない娘の殺害事件。業を煮やした大日向は、自ら犯人を突き止めるべく行動を開始する。だが、怪しいと思われる娘の付き合っていた相手は、ミステリー作家を目指している、ということだけ。大日向は、相手を突き止めるべく、ある罠を仕掛けることにするが……
第13回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作。
個人的な評価としては、長短、双方を持っている作品だな、ということ。
物語の中心にあるのは2つの密室殺人。大日向の娘・千佳が殺害されたのは、鍵で閉じられた部屋。その鍵は、娘が所持しており、その鍵も娘が借り受けたもの。だからこそ、当初は自殺と思われた。そして、そんな娘を殺害した犯人と思しき相手に問い詰めようとしたところ、別の人間が同じように密室で殺害された。誰もいないはずの部屋で大きな衝撃を受けての圧死。しかも、背中に大きな傷が。こちらも、鍵は被害者が自分で持っている状態で……
長所から言うと、とにかくテンポの良い展開と読みやすい文章。娘の死から始まって、犯人を特定するための罠。その中での二度目の殺人。著者自身が大学教授という経験もあるのだろうが、大学内での研究を巡ってのアレコレとかを交えながら、どんどん読み進めることが出来るリーダビリティの高さは特筆すべき部分だと思う。そして、メインの謎と言える2つ目の密室。正直、これを実際に出来るのか、という疑問はあるのだけど、しかし、奇想天外で、非常に魅力的なトリックである、ということは間違いのないところ。
ただし……での、短所もある。
まずは、犯人を特定するための行動。娘が付き合っていた相手は、ミステリー作家を目指していたらしい、ということで、大日向が取ったのは、出版社を経営する友人の協力を得て、ミステリーの公募新人賞を創設する、というもの。大日向自身が言っているけど、そもそも、それ自体がかなり遠大な計画と言わざるを得ない。そして、その新人賞に、知っている人間が応募して、DNA鑑定の結果、娘の持っていたハーモニカに残っていたものと一致していた、ということで犯人と疑うのだけど……これも、大分、苦しいのでは? 状況証拠はあるけど、そもそも、恋人=犯人、というのも推測に過ぎないわけだし。また、実際に犯人が恋人だった、ということは明かされるのだけど、選評でも指摘されているように、ミステリー作家を目指している人が、首つり自殺と絞殺の際の違いとかを知らないだろうか? 一応、法医学とかに詳しくない私でも、小説とかドラマとかで知っているわけだし……
リーダビリティとか、トリックの独創性など、読ませる力はあるし、面白かったのだけど、気になる箇所も結構あったかな? という感想。

No.5823

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


スポンサーサイト



Tag:小説感想 平野俊彦 福ミス

忘れえぬ魔女の物語

著者:宇佐楢春



今年進学した高校の入学式が3回あったこと。選ばれなかった1日があること。そんなことをわたしだけが憶えている。壊れたレコードのように、今日を繰り返す壊れたレコードのような世界で、わたし、相沢綾香は、稲場未散と出会う。繰り返す「今日」の中、いつも……。生まれて初めての関係に戸惑いながらも距離を縮めていって……
第12回GA文庫大賞・金賞受賞作。
まず思ったのが、面白い設定だな、ということ。物語の基本は、同じ日を繰り返すタイムリープもの。ただ、普通、タイムリープもの、というと、何か目的とか、クリア条件のようなものがあり、「正しい」結末に至るために繰り返す。例えば、1回目に「あれは失敗した」と言うのがあれば、2回目以降はそれを避けるようにして、一番、良い結末へ……というのを目指すように。しかし、本作の場合、同じ日を5回繰り返すとして、その中で、実際の翌日に影響するのはそのうちのどれか1回。5回のうち、2回目以降は求める形に出来ても、1回目の結末から翌日がスタートすることもある。むしろ、求めない形で続くことの方が多いと感じるほどに……。そんな世界設定がまず基本。
で、この設定で何よりも面白いと感じたのは、繰り返すことでの日常はどうなるか? という点。例えば、仕事をする。月~金に働いて、土日休みとしても、5回繰り返すとなれば、25連勤をして10連休。しかも、給与は5日分だけ。繰り返すから散財! をすると、その散財をした日に確定されて金欠のその後になる可能性もある。……いや、実際に考えるとキツいなぁ、というのが妙に生々しくて印象に残った。
そんな状況なので、友達が出来た、としても「できない」翌日になったりと、孤独な日々を送ってきた綾香。そんな中、何度繰り返しても、友達になってくれたのが稲場さん。初めてできた友達に、戸惑ったり、自分と付き合うな、という相手に憤ったり……。そんな初めての感覚を得ていく。そして、その思いは……。友情の物語……と見せかけて、なかなか百合百合しかった。ただ、先に書いたような状況において、綾香が、稲場さんに対して特別な感情を抱く、というのは当然のことなのかも、というのは思う。
そして、そんな稲場さんが……という状況になった時……
同じ日を繰り返す、ということの意味。その中で、稲場さんを喪う1日を確定させないための方法。終盤の展開は、ある意味、この手の作品のお約束とは言える。しかし、凄まじいレベルでの繰り返し。そして、最悪なところまで追い込まれて……
設定の巧みさ。そして、その中での友情(?)と、その先の過酷な運命。それらがとことん詰め込まれた物語を堪能した。

No.5822

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

元彼の遺言状

著者:新川帆立



「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」 奇妙な遺言を残して大手製薬会社の御曹司・森川英治が亡くなった。学生時代、少しの間だけ、英治と付き合っていた弁護士の剣持麗子は、犯人候補の代理人として森川家の主催する「犯人選考会」に臨むことに。数百億ともいわれる財産を手にすべく、依頼人を犯人に仕立て上げるべく奔走することになる。その一方で、元恋人である、と言う理由で軽井沢の屋敷を譲り受けることになるのだが……
第19回『このミス』大賞・大賞受賞作。
何か、色々なものを詰め込んできたなぁ、というのが読みながらまず思ったこと。
主人公の麗子は、とにかく金こそすべて、というような考え方の女性。恋人から婚約指輪を貰った、と思ったら金額に文句を言って納得をしない。さらに、法律事務所で後輩の指導が悪い、という理由でボーナスが少なかったら、それに文句を言って事務所をやめる! さらに、兄に対してもボロクソに言う。キャラクターとしては立っているのだけど、共感できるか、というと……っていう部分はある。
そして、冒頭に書いたような形になって始まる物語。犯人に財産を譲る、という話ではあるが、そこには、彼が持つ会社の株式も。残された者にとっては、会社の株を誰に渡すのか? という選定でもある。そんな中での駆け引き。かと思えば、その中で発生する(本当の)殺人事件。さらに、実の兄の浮気騒動……。次々と新たな展開、新たな方向へ、と目まぐるしく描かれるものが変わって言って、どこへ着地するのかわからない。その部分が何よりもの魅力じゃないかな、と思う。先に、ちょっと否定的に書いたけれども、主人公・麗子の強烈なキャラクターと、どこへ向かうのかわからない予測不能な展開に酔いしれることが出来た。
ただ、それが長所でもあり、短所でもある、と言う感じはするかな? とも感じた。
つまり、法律に関する話なのかな? と思えば、一族の中のアレコレになってみたり、かと思えば、人間の生きる意味は、みたいな話になってみたりとなり、色々と詰め込まれているけど、どれもちょっと中途半端な感じにも思える部分があるため。そこが引っ掛かる人は、評価を下げる、っていう部分にもなるんじゃないかと思う(特に、本書の場合、著者が実際に弁護士である、なんていうのを表に出しているから余計に)
でも、あんまり専門的なこととかを考えずに、純粋にエンタメ作品として楽しめたので、自分としては十分にアリな作品。

No.5821

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Tag:小説感想 新川帆立 『このミス』大賞

透明カメレオン

著者:道尾秀介



冴えない容姿と魅力的な声を持つラジオパーソナリティの恭太郎。バー・ifに通い、そこの常連から聞いた話を面白おかしく作り変えてラジオで紹介する日々。ある大雨の夜、そのifに一人の女性が迷い込む。そして、バーの常連たちは、なぜかその女性の殺人計画に手を貸すことになって……
著者の作品を読むのが7年ぶりだったことに驚いた。
以前に、著者の作品を読んでいた時は、結構、どんよりとした、暗い描写の印象が強かったのだけど、本作は、殺人計画を進める、という話とは裏腹に、何かコメディちっく。何しろ、物語の冒頭、殺人計画に手を貸すきっかけからして変わっているから。
バーに現れた女性・恵。ラジオDJである恭太郎のファンだというのだが、しかし、恭太郎は自らの容姿に自信がない。だから、バーの人間に身代わりを頼むことに。しかし、それがバレて……というよりも、最初からバレていて、半ば逆ギレされた形で手伝わされることに。この時点で、色々とツッコミどころが多いでしょ?
さらに、その殺人計画。強面の常連に、ヤクザのような格好をさせて相手を追いまわしてみたり、はたまた、パチンコで相手の首筋に球を当てる練習をさせられたり……と、どうにもヘンテコな殺人計画。しかも、その間に恵は、自分の暮らす家に恵が転がり込んできてみたり……。色々とツッコミのある行動。しかし、恵の言う理由などから、気のすむように、と手伝う中で恭太郎は恵に惹かれていく。しかも、同時に恵について思うところも。そんな中でいよいよ作戦は、最終段階へ……
一つのひっくり返しがあり、その中で、ただただドタバタとした復讐劇。実際に参加している恭太郎たちは、緊張感がとんでもないのだろうけど、読んでいる側には、そう見えて仕方がないアレコレ。そして、そんな危機を、恭太郎、ラジオ局の協力もあって解決したと思いきや……
読み終わって考えてみれば、確かに、変なところは沢山ある。けれども、恵の主導する殺人計画の方に目を奪われて、どうしてもそちらを忘れがちになっていたところでの、というのが上手い。久しぶりに読んだけど、こういう伏線の置き方こそ著者の最も得意とするところだったよな、と言うのを思い出した。
最後に分かる真実はちょっと悲しい部分はある。けれども、それを乗り越えることができるだけのものを、恭太郎はすでに手にしている、ということなのだろう。読後感も良かった。

No.5820

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Tag:小説感想 道尾秀介

著者:牧野圭祐



停滞気味の共和国中開発計画。それを隠蔽したい政府の意思により、ミハイルは事故死してしまった。レフらの行動により、暴かれたその内面。その結果として、進むこととなったのは連合王国と共同での月面着陸計画。ANSAに渡ったレフたちを出迎えたのは、宇宙飛行士たちの厳しい洗礼であった……
いよいよ、シリーズ完結へ……となるか……
物語は、レフ&イリナサイドと、バート&カイエサイドで描かれる。
共同での月面着陸へ向けて作られたステップ。どこか一つでも失敗をすれば、そこで計画は頓挫してしまう、という状況の中で進められていく。無論、レフたちの中には、ミハイルの死の遺恨は残っているし、また、レフらと共に共同計画を進めるゲルギエフ、リュミドラに対する警戒心というのも残っている。しかし、それでも、月へ、という思いが強く後押ししているのも事実。
そして、そんな計画の中で、レフ&イリナは、ANSAへ。バート&カイエは、共和国へ……と、それぞれ敵対する側の施設へ。
レフ&イリナサイドに関しては、比較的平和な印象での日々。敵対する国。しかも、吸血種への意識はどうなのか? そんな思いはあったものの、ANSAは完全なる実力勝負の世界。訓練を主導するネイサンは、厳しいが、しかし、国などを超え、計画の成功に向けての訓練が進んでいく。レフ、イリナ、それぞれに与えられた役割。これまでとは全く違ったシステムなどに苦労をしながらも、その特訓は続いていく。
一方のバートとカイエは、秘密主義の共和国へ。見た目は綺麗ながら、急ごしらえで故障だらけの宿泊施設。常に、監視される日々。目隠しをされての移動。そして、何よりも決定過程が遅すぎる。そんな不満を覚えつつも進めるシステム開発。その中で、ANSAでの事件から秘密裏にプログラムを導入することにするが……
共和国、王国。双方の国の在り方の違い。特に、バートらのパートでは、共和国の秘密主義とか、恐ろしさなんていうのも感じつつ、しかし、その中で絆を確かにした二人。一方のレフは、イリナに対する想いはある。しかし、種族の違い。特にイリナの、人間に対する率直な物言いなども目の当たりにしている。結婚などのことを考えつつ、イリナはどう思っているのかわからない。そんな悶々した部分も。
物語の最後に、共和国側での変事というのも描かれつつ、二組の関係性もいよいよ煮詰まってきて、次巻、どうまとめられていくのか非常に楽しみ。

No.5819

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Tag:小説感想 牧野圭祐 ガガガ文庫

罪人に手向ける花

著者:大門剛明



女性検事・黒木二千花。笑顔を絶やさずに被疑者に向かい合い、すぐにその話に感化されてしまう頼りない存在。立ち合い事務官である立原は、そんな彼女に苛立っていた。だが、とある事件で彼女に対する認識を改めて……
と言う風に粗筋を書いてみたのだけど、実は、この話は第2章になってから、だったりする。
第1章がプロローグのような話。23年前、まだ新米の立ち合い事務官である立原が尊敬する検事・本宮と共に挑むことになった事件。缶詰工場を営む男性が殺され、被疑者として逮捕されたのはその工場で働く従業員の加瀬。社長である岡野を殺害し、その金を盗んだとして逮捕された。加瀬は、事実関係を概ね認めており、本宮・立原の心象も黒。しかし、弁護人が付いたところで、態度は一変。否認に転じ、さらに取り調べの最中の暴力を問題視される。そして、結局、本宮、立原は加瀬が黒であると確信しながらも起訴を見送ることに……
それから、23年、女性検事・黒木の下で働くことになった立原。彼女の態度に苛立ちながらも、しかし、妻が夫を殺そうとした、と言う事件の真相を見抜いた黒木に、立原は、その考えを一転させる。そして、次なる事件で被疑者となったのは、23年前の因縁の相手・加瀬。そして、その弁護人は、やはり23年前の弁護人である古沢と、加瀬の息子・涼真。
事件が起きた日、加瀬は飲食店で酒を飲み、記憶がないという。いつも顔を出している飲食店に行ったこと。そして、どこかで、たい焼きのようなものを食べたこと、のみ。一方、殺人現場の近くで、加瀬と思しき男を見た、という証言がある。そんな中での攻防。
黒木、立原の足で稼ぐ形の捜査。そして、法廷での攻防。事件の時間、確かに加瀬は居酒屋にいた。しかし、そこから抜け出すことは? そんな形で有利に事件を勧めた、と思った矢先に飛び出した思わぬ証言。それによって……。短い分量の中での3つの事件。過去からの因縁。そして、メインとなる事件におけるひっくり返しの連続。そのテンポの良さが何よりも面白かった。
……もっとも、法廷でのひっくり返しとかは、完全に違法行為そのものだし、また、メインとなる事件の真相部分は……ある程度、予測できるかな? という部分はある。後者については、完全に重箱の隅をつついているようなものだけど。
と、ちょっと引っ掛かるところがないではなかったのだけど、エンタメ作品、として考えるならばしっかりと完成され、楽しい作品だった。

No.5818

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Tag:小説感想 大門剛明

著者:内藤了



好景気に沸く日本。そんな空気とは裏腹に、法医学を学ぶ大学院生・石上妙子は、自殺とされた少女の口腔内から遺書らしき紙片が発見されたことに違和感を持つ。そんなとき、新聞、雑誌の記事で十代の少女が連続して失踪していることを知る。新米刑事の厚田、イギリスから招集された法医昆虫学者であるジョージの力を借り、事件の謎を解明しようと動く……
藤堂比奈子シリーズにおいて、「死神女史」と呼ばれる法医学者・石上妙子の過去を描いたスピンオフ作品。
タイトルに猟奇犯罪、というものがあるように、好景気の中で姿を消していた少女たち。しかし、その被害者たる少女たちの遺体が発見されたわけではなく、本当に連続殺人事件が起きているのかどうかもわからない。ただ、立て続けに発見された遺体には、確かにポエムのようなものが……。でも、その被害者に共通点はあるのか? そして、その犯人は?
法医学者である石上の知識。法医昆虫学者であるジョージの知識。そういうものから、事件に迫っていく様は、素直に面白い。犯人そのものについては、ある程度、最初からバレバレだ、と言う感じがしないでもないけれども……
ただ、本編をある程度、読んでいた身としては、それよりも、石上、ジョージ、厚田という3人の人間関係の方が気になって仕方がなかった。女性の幸せは結婚だ、などという価値観がまかり通っていた時代。研究の徒としての生活を志した石上。そんな彼女の前に現れたジョージ。熱烈にアプローチをしてくる彼に、思わず心惹かれてしまう。そんな感情を持ちながらも、同時に進んでいく事件。ジョージは研究者としても、また優秀であり、そちらにも惹かれてしまう。一度は、自分の人生に対して下したはずの決意が崩れていく。だが……
本編を読んでいると、ジョージのその後、というのは既に明らか。だからこそ、今回の物語の結末もまた、最初から予想できることではある。あるのだけど、でも、本編において、言い方は悪いけど「下手な男よりも男らしい」と感じさせるような石上の姿が、この事件、その結末において生成されたのだ、ということが何よりも感じられた。
その一方で、石上さんは一旦は……となるわけだけど、こちらは厚田刑事を主人公としたスピンオフの方で描かれる……のかな?

No.5817

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Tag:小説感想 内藤了

処刑少女の生きる道5 約束の地

著者:佐藤真登



「私は清くもないし、強くもないし、正しくもない。そんな悪い奴だもの」 アカリを連れ去ったフレアを追い、聖地へと足を踏み入れたメノウ。せめて、自分の手でアカリを殺すため。フレアによるアカリの処刑が迫る中、メノウが取った手段は……
物語が煮詰まってきたな、という印象。
アカリを殺す、と言う目的のために聖地へと足を踏み入れたメノウ。そんなメノウを追うモモと、なぜかついてきたアーシュナ。さらに、そこへと向かうサハラ、マノンら……。それぞれの想いが、聖地へと結びついていく。
その中でのメノウの想い。
当初の目的である人災を防ぐこと。そのために、アカリを殺す。それこそが、処刑人たる自分の存在意義。だが、アカリとの旅で、その思いに生じた迷い。自分を救うために、何度も繰り返して死んで来たアカリ。そのために、彼女は自らの記憶すら失って……。だからこそ、せめて……。ある意味では矛盾しているが、しかし、それこそがアカリの救いになるはず。
そんなメノウの前に立ちふさがる導師・フレア。自分を処刑人として育ててくれた師匠であり、最強の処刑人でもある存在。悪人と自らのことを言う存在。そんな彼女にあったのは、ただただに、命じられるがままに人を殺してきた存在。そんな師匠の生き方。そして、アカリとの旅で自らの存在に対して感じたこと。その中でメノウが下した決断。今回、メノウは、処刑人、道具というような存在から、一人の「人間」になった、と言う話なのだろう。でも、その道は果てしなく険しい。そんなことを予感させる本編の最後だった。
その上で、アカリがメノウに懐いた理由……。
これってまた、何か、色々な波乱を呼びそうな感じがするのだけど……さて、どうなる?

No.5816

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

クロウ・ブレイン

著者:東一眞



新米新聞記者である怜一は、最近、カラスに襲われて怪我をする人が多い、というデータを見つける。そのままでは記事ならないものの、独自に調べてみようと取材を開始するのだが、そんな中、取材をした大学教授が自殺し、カラスから「手を引かねば恋人を殺す」という脅迫まで届いてしまう。何やら陰謀のにおいを感じる怜一だったが、今度は、カラスに襲われた人が鳥インフルエンザに感染して、死亡する、ということまで起きて……
第19回『このミス』大賞・隠し玉作品。
解説でも書かれているのだけど、著者は読売新聞の記者ということだけであって、文章のリーダビリティ、また、その中での情報を色々と入れながら読みやすい文章に、というのが評価されたのはよくわかる。また、ゲノム編集などの技術によって、カラスの知能が高められて……という題材自体も面白いテーマだと思う。
思うんだけど、どうにも感情移入しづらいんだよな。
というのも、主人公の怜一が独りよがり、というか、暴走しがちである、っていう部分が大きい。粗筋で書いた「カラスからの脅迫状」。これは、取材をしているとき、カラスがパソコンのキーボードの上に降り立ち、恋人を殺す、という文章が打たれていた、ということなんだけど、いきなりこれを信じてしまう。信じるか、これ? さらに、同窓会で再会した警察官僚になったという元同級生が「手を引け」というメッセージをくれたから、というだけでテロ計画がある、という風に考える。(そのテロが荒唐無稽って自覚があることもあるが)社内の人に相談せずに暴走し、取材のために違法行為までしてしまう。その発想が一足飛び、と言う感じもあるし、それに基づいての暴走には読んでいて苦笑い、という感じになってしまう。
また、ある程度は現実的なのだろうけど、会社内でのイザコザ。また、怜一が取材をする大学教授たちのアレコレ。まぁ、大学教授の変なプライドとか、研究分野に関しての変わり身の早さとか何とか、そういうのは色々と見ていたりするのでわからんでもないのだけど……怜一の暴走と、そんな面々のやりとりがあって、どうにも登場人物に感情移入できなかった。
その上で、物語の方も、終盤にいきなり黒幕が実力行使して判明。……公募新人賞作品ではこういうのもあることなのだけど、どうしても、無理やり締めた感が残ってしまう。もうちょっと、丁寧に描いてほしい部分が大きかった……かな?

No.5815

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


Tag:小説感想 東一眞 『このミス』大賞

雨と短銃

著者:伊吹亜門



慶応元年。坂本龍馬の仲介により、薩摩と長州は協約を結ばんとしていた。長きにわたる徳川の世から、新たな時代を迎えんがため。だが、長州の桂小五郎によって坂本龍馬につけられた護衛役が斬りつけられて重傷を負ってしまう。しかも、その場から、薩摩の交渉役が逃走。途中で姿を消してしまう、という不可解な形で。このままでは薩長の協約は水の泡に。坂本龍馬の依頼を受けた尾張藩士・鹿野師光は捜査に乗り出し……
『刀と傘 明治京洛推理帖』の前日譚にあたる物語。主人公は『刀と傘』の主人公でもある鹿野師光。前作は短編集の形だったが、今回は完全に1編の長編として綴られている。
物語の最大の謎、というのは、犯人と思しき人物の消失。現場から逃走した薩摩藩士。その男は、連続して鳥居が続き、横へ抜けることのできない鳥居道を駆けていった。しかし、鳥居道を抜けた先で出会った老人は、ここへは誰も来ていない、という。一体、どうやってその場から消えてしまったのか? そういう意味では、本格モノ的な部分でまず、物語を引っ張る形になる。ところが、その場ではわからないために被害者、加害者の側について調べていくことになるのだが……
明治維新に向かう時代。薩摩、長州、幕府……というような各勢力における駆け引きがある。いや、それどころか、同じ藩の中であっても、佐幕派、勤皇派が存在している。加害者側、被害者側の立場は一体、何だったのか? 例えば、一度は薩摩に裏切られたことがある長州。だからこそ、薩摩のせいだ、ということにすれば、薩摩と対等の立場になれるのでは? しかし、そもそも、長州は、追い詰められた状況。協約が破綻すれば、それは即死を意味する。果たして、そんなことをする必要があるのか? 加害者、被害者の人となりなどを調べる中で出てくる疑惑と、しかし、何か腑に落ちない状況。当初の謎とはまた別に、どういう意図で、というホワイダニットとへと転換していく物語の流れが何よりも面白かった。
物語の当初の謎である消失に関しては、ちょっと肩透かし、と感じたところはある。あるのだけど、しかし、終盤でのひっくり返し。そして、加害者、被害者、黒幕(?)の辿った結末。それぞれが良い意味で、というと言葉がおかしいのだけど、後味の悪さに繋がるところも一つの魅力じゃないかと思う。時代の変革期。日本史において、戦国時代と並んで、数多くの英雄、英傑などが活躍し、多くの物語の題材ともなった時代。でも、その中には、綺麗ごとでは済まされないアレコレがあったは間違いないところだろう。そんな時代の空気、というのを感じさせてくれた。

No.5814

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。