FC2ブログ

人さらい

著者:翔田寛



静岡県浜松市で小学生の村木千夏ちゃんが誘拐された。犯人は、千夏の母に身代金を持たせ、タクシーに乗るように要求する。奇しくも祭が行われる中、犯人の翻弄され、身代金を奪われ、同時に千夏は無残な他殺体をなって発見される。県警の日下は、その犯行方から、村木家に対して、強い恨みを持った者の犯行と睨むが……
かなり色々と物語を動かした形の話で来たな~……というのをまず思った。
誘拐事件が発生し、そこから間髪入れずに犯人とのやりとり、身代金を巡っての攻防戦。そして、失敗……。序盤で、いきなり物語が大きく動き、そこからは、その犯人は誰なのか? という形で物語が進む。被害者である村木千夏。その父親は、銀行の支店長であり、その出世の裏で数多くの貸しはがしなどで恨みを買っていた。一方、その現場で爆死したタクシー運転手。彼の経歴にも不可解な部分が。さらに、被害者の母親が見ていた中で入れ替わった身代金は? 3つの謎をメインに物語は進んでいく。
この作品の特徴は、すり替えられた身代金、という本格ミステリ的な部分を持ちながらも、そこはオマケ的な形になることかな? まぁ、密室の謎がっても、犯人が誰かさえわかれば、あとは犯人を締め上げれば、というのは、本格ミステリの(無能な)警察が言うことだけど、逆にそれを本筋にして、っていうのは意外と斬新かも知れない。
現場で爆死したタクシー運転手。個人タクシーの運転手で、真面目な学生であったという過去の彼。しかし、恋人には奇妙な理由で別れを告げ、現在は金にも困っていた、という。一方、被害者の親による貸しはがしにより、一家心中をしていた男がいた。しかも、現在は行方不明。この二人が首謀者? しかし、両者はどうやって繋がった? しかも、それだけでは納得のできない部分も……。身代金すり替えのトリックは、かなりアッサリとしたものなのだけど、正直なところ、そこはあまり気にならなかった。
その上での、犯人たちの動機。これはかなり切ない。真面目だからこそ、陥った深淵。ちょっとした悪意によって奪われた命。そして、犯人たちの間にもあった連鎖。悲しみの連鎖によって起こされた事件。その中で、こんな形で、その贖罪を果たした人物の存在が印象に残る。
まぁ、地方都市とは言え、関係者の関係性が狭すぎるだろう、という気はするのだけど、それを言うのは野暮だよね。

No.5287

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



堕天使堂 よろず建物因縁帳

著者:内藤了



設計士の長坂が新たな事務所にしようと購入したのは、曰く付きの廃教会。かつて、山荘で起きた学生によるリンチ事件の生き残りが逃げ込んだ場所であり、その数か月後、牧師が妻子を殺害する、という事件の発生した場所。高沢春菜は直接、事案に参加しないことになったのだが、改装工事を始めた途端、いきなり事故が発生し……
シリーズ第6作。
なんだろう……この「ざまぁみろ!」的な感覚は(笑)
いつも、春菜たちに無理難題を吹っかけて、金をけちるパグ夫こと、長坂。その長坂が購入したのが曰く付きの廃教会。そこでは、上に書いた通りの過去がある。そして、いきなり発生した事故。しかし、それすら長坂は値引きの材料にしようとしてしまう。しかも、曰くについては知っていつつ、体よく仙龍を使おうという魂胆。これまででも、最低のやり口(笑)
そんな中での曰く、という意味では過去のシリーズでも最悪レベルの凶悪差じゃないかと思う。元々は、地元大学の考古学サークル。しかし、海外の発掘作業に参加したころから、そのサークル自体の性格が激変。一種のカルトとなり、やがて起こったリンチ事件。その中心となったのは、主体性のない一人の青年。しかし、彼は、発掘作業後、人間が変わってしまった。「悪いもの」が取り付き、しかも、彼が最も恐るべき存在から潰していく。逃げ出した青年は、その原因となる石像を教会へと持ち出し一件落着と思われたが……
「悪いもの」が取り付くには何か憑代が必要。その憑代は恐らく、廃教会のどこかに……。しかし、強力なそれは、廃教会の中を調べることすら拒む。そこで春菜らがとったのは……
この辺りの「悪いもの」の凶悪さ、っていうのは最強レベルなのに、それを解決するための方法は完全に春菜たちの長坂操作術になっているのがどうにも笑ってしまう。嫌だ、とか言いながらも、春菜は完全に長坂の行動パターンを読み切っているし、その上で長坂に白旗を挙げさせ、挙句、仙龍が色々と吹っかける。解決策を探して、とかは、いつも通りなのにどうしても、ねぇ……
「悪いもの」の凶悪さが光るからこそ、笑いへ……なんか、この巻に関してはホラーというよりも、ギャグだ。

No.5286

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


いつかの岸辺に跳ねていく

著者:加納朋子



森野護にとって、一番ワケがわからなくて、しかし、面白いのは人間だと思う。それを強く感じさせるのは、幼馴染の徹子の存在で……
そんな護視点の『フラット』、徹子視点の『レリーフ』という2章構成で綴られる物語。
前半の護視点の物語は……うーん……という感じ。
いや、つまらない、とか、そういうわけではないのだけど何と言うか……。文字通り、幼馴染として生まれ育った徹子。徹子は、自分の格好などにも頓着しないし、物事を頼まれたら断れない。そんな彼女のことが、大事な存在ではあるが、しかし、恋人とかそういう関係ではなく、友達として。そんな関係のまま、小学校、中学、高校、社会人……となって……
正直なところ、この『フラット』の内容。そのまま読むと、何か「煮え切らない話」っつーか感じなんだよな(笑)ちょっと変わった少女である徹子を守っているつもりの護。でも、よくよく考えると……。自分自身が徹子によって助けられたことが何度もあることを知る。そんな中、自分の想いを自覚した、その時に……。ある意味、えっ!? という感じで、終わる。そして、徹子視点の『レリーフ』に……
勿論、『フラット』での取り残された謎とか、そういうものが回収されていくのだけど、その背景にあるのは、徹子のある特殊な能力。ある意味で、ファンタジー的というか、ライトノベル的というか、そういう印象は受ける。ただ、その中の、ある意味では独りよがりな想い、っていうのは結構、苦しい。一見、そうなるのならば、ならないように……とも思う。思うのだけど、それをやったことで、護が……という経験をしていた。それがトラウマとなって……。この辺り、ちょっとしたことなのだけど、うまく工夫されているな、というのを感じる。
良くも悪くも、昨今の著者の作品の中ではライトな印象。がちがちの謎解き、というよりも、青春SFとか、そういうものが好きな人向けなのかな? という感じがする。

No.5285

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:午後12時の男



エロ漫画家である姉に振り回され、エロいことが苦手な高校生・浩一。兄弟のような関係の幼馴染・美亜、無防備な後輩・凛らに振り回されながらも、平穏な日々。だが、夏休み、美亜から恋人の振りをしてほしい、と言われたことから、その生活は一変する。美亜らが実はサキュバス。しかも、エッチなことを苦手とする「落ちこぼれ」であり、その「調教」をするよう要請されるのだが……
え~っと……あとがきでも触れられているのだけど……
これ、刊行レーベル間違ってませんか?
確かに、最後の一線は超えていない……と言えば、超えていないかもしれない。ただ、基本的にエロ行為メイン。イラストもカラーを含めて、その殆どがエロ。しかも、謎の光とか、物理法則を無視して大事なところを隠す髪の毛とか、そういうものも一切なく、思いっきり出てます。
で、物語なのだけど、基本的なところは、粗筋に書いた通り。サキュバスは、人間(男)の精を糧にして生きる存在。しかし、美亜、凛、凛のお目付けである冴香は、そんな「落ちこぼれ」サキュバス。そして、サキュバスは、糧である精を吸入しないと生きていけない。そして、あまりにもそれが足りなくなると、サキュバスは暴走してしまう。そして、暴走してしまうと、相手となる男は命の危機に陥ってしまう。
てなところで、凛のメイドで、ツンツンだけど、実は……という冴香の性癖を暴いて……。そんな落ちこぼれサキュバスたちの指南役である真由美の「研修」。それを見て、思わず……となってしまった美亜と……と話が続いていく。ある性行為が、次へ、っていう話のつなげ方とかがあるから、そういう意味では長編という感じなのだけど、構成の仕方とかって、美少女文庫とか、ああいう系のもののそれに近いように感じる。
本当、なぜ、これを一般向けレーベルで刊行することになったんだろう?

No.5284

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:梶永正史



都内で発生した連続殺人事件。双方の現場には、同じキャラクターのグッズが残されていた。そのグッズについて、田島は、相棒の女性刑事・毛利恵美と共に捜査を開始するのだが、そんな矢先に女子大生が襲撃される、という事件が発生し、そこにも同じキャラクターグッズが……。その女子大生は、パパ活をしていた、ということが判明するが、しかし、襲撃者について覚えがない、と言い……
『パトリオットの引き金』に続く、シリーズ第2作。
前作の感想で、社会問題なども孕んだ作品だけど、キャラクターが立っていて、そちらでも楽しめた、ということを書いた。今回も、そのキャラクターは健在。……なのだけど、周囲の空気を読まない恵美、そして、嫌味な自衛官・松井と二人が揃っていた前作と違い、今作は田島と恵美のやりとりが主になるので、ちょっと恵美の暴走っぷりにイラっとする部分があったかな? というのは引っかかった。何でもないところで、いきなり大声を発したり、他の捜査官に食って掛かったり……みたいなものを繰り返されるとなぁ……
ただ、その中の謎自体はなかなか惹かれるものがあった。物語は、キャラクターグッズが置かれた連続殺人。その事件は、相手の行動を完全にマークして、というもの。つまり、ストーカーによるものでは? という疑念が浮かび上がる。だが、ストーカーが複数の女性を? さらに、第3の被害者は、襲撃者は知らない人物だという。となると……? そんな中、さらに第4の事件が起こり、事件の方向性が大きく変化していき……
物語が始まったときに浮かびあがっていた事件の筋。しかし、それが新たな事件の発生により印象が異なっていく。そして、じゃあ、こうだろう、となったときに、田島が感じる違和感。そこを突き詰めていくことで……。2段組、とはいえ、212頁あまりの分量の中で、事件の全体図についての認識がどんどんと変わっていって、そして、実は……という真相へ。
先に書いたように、ちょっと恵美のキャラクターが強烈すぎて、ってところはあったのだけど面白かった。
あと、郷間シリーズに出てくる秋山もちょっとだけ出てくる(笑)

No.5283

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

ヴェールドマン仮説

著者:西尾維新



祖父が推理作家で、祖母は法医学者。父が検事で母は弁護士。兄は刑事で、姉はニュースキャスター。弟は探偵役者で、妹はVR探偵。そんな一家のサポート役である僕は、ある日、ロープ代わりにスカーフで首を吊った少女を発見する。幸い、一命を取り止めたものの意識不明。そんな僕に、キャスターである姉は、布を使った連続殺人犯・ヴェールドマンがいるのでは? と伝えてきて……
これは、単発の話、なのかな? 一応、著者の100作品目、ということらしいのだが(もっとも、巻末の一覧だと、コラボ作品とかが抜けているので、実際の100作目は既に、って気がするのだけど……)
ということで、粗筋に書いたように、布を使った連続殺人鬼がいるのでは? と伝えられた主人公の真雲。そんな姉のヒントを頼りに、調べてみると、顔を布で覆われて撲殺された女性。さらに、顔に布をかぶせられ、鼻血によって窒息させられた老女、という共通点を持った未解決事件があったことを知る。首をつっていた少女も、顔がナップザックで覆われていた。顔を布で覆い、しかも、布を凶器に使った殺人というのが何の為なのか? 「ヴェールドマン」がいる、という中で、真雲はその行為などを考察していくことになる。
ネタバレ気味になると思うけど、終わってみると多少、肩透かし的なところはある。あるんだけど、このまさしく仮説が成り立っていく様。その中で、色々と考えてしまう様。これって、人間の心理作用とか、そういう部分を表しているよな、というのを思う。様々な事象から、都合の良い部分を見て話を組み立てる。そして、そこから……。作中、幕間と称して、殺人をした、という人物の独白が入ることで、読者の側も存在を意識していくわけだけど、そういう意味では読者もまた、そこへと取り込まれていたのだろう。
最も、一家が探偵とか、それに近い職業にあって……とか、そういう設定が十全に活かされているか? と言えば、疑問も多い。色々と出てくるけど、姉と妹くらいしか活躍していないような感じがする(間接的には、弟も活躍している気がするが) その辺はちょっと残念。

No.5282

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


黙秘犯

著者:翔田寛



船橋市の住宅街で大学生が殺害された。目撃証言、そして、凶器に残された指紋から浮かびあがったのは、傷害事件により執行猶予中の男・倉田。だが、被害者である大学生と倉田が、現在、住み込みで働いている旅館が、同じ千葉県館山市という共通点があった。船橋署の捜査員が、倉田について捜査を開始するが、そこで見えてきたのは、禁欲的な倉田の生活。さらに、倉田が働いている旅館の息子の不可解な死と、館山、船橋で起きた連続婦女暴行事件が浮かび上がってきて……
『冤罪犯』のメンバーが再登場する作品。ただ、前作を読んでいなくても、物語としては全く問題なし。
まず言えるのは、面白い! ってこと。
冒頭に書いたように、物語は、船橋市で起きた大学生の殺害事件から。様々な証拠から、容疑者とて浮かび上がって来たのは、傷害で執行猶予中の倉田。しかし、倉田を知る者は、皆、口をそろえて「真面目で、禁欲的」との声。その一方で、過去の事件もあるし、という不安。そして、勤務先の、不可解な死を遂げた旅館の息子と争っていた、という証言。だからこそ、何かを隠しているのでは? という声が上がる一方で、倉田が、そんな事件を起こすのか? という疑問も積み重なっていく。
その一方、被害者を知る人は、明るくてお調子者、と口をそろえるが、その一方で、調子に乗ってのトラブルも、という。そんな中、被害者と、その友人が旅館の息子へ酷い苛めをしていた、という話も交じり始める。そして、睡眠導入剤を悪用した婦女暴行事件があり、旅館の息子がマークされており、しかも、その息子の死から止んだ、という事実。さらに、死んだ息子の姉が婚約中という話。さらに、倉田自身が過去に起こした事件にも不可解な点があって……
登場人物たちの生活圏やら何やらが近く、関連しているものも多い。しかし、一見、それらがどう繋がっているのかが良くわからない。そんな中での、捜査員たちの地道な聞き込みで見えてくる僅かなヒント。それらがしっかりと結びついていく過程は読んでいてどんどんひきこまれた。
そして、何よりも、中心人物である倉田。生い立ちから、過去の事件。そして、今回。極端と言えば、極端である。でも、それでも、納得できるように掘り下げられているのは見事の一言。さらに言えば、作中では、ある人物への「想い」というある種、陳腐な言葉で言われているのだけど……。その部分もあったとは思う。でも、自身の後悔とか、そういうものも入り混じっていて、その言葉だけ、ではないんじゃないか、という気分になった。そう思わせること自体が、引き込まれた、ということの証拠である、と言えるだろう。

No.5281

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。


著者:川瀬七緒



杉並区で男性の腐乱死体が発見された。司法解剖に立ち会うこととなった岩楯たちだったが、その瞬間、立会人たちが発疹、出血、激しい痒みに襲われる。感染症か、とパニックになったのだが、赤堀はその症状の正体に心当たりが……。まもなく、その正体は、台湾にいる虫であると判明するのだが、なぜ、日本にいないはずの虫が?
シリーズ第7作。
なんか、キャラクターが強化されてきたな、というのがまず第一。従来からの岩楯、赤堀はそうなのだけど、今回は、赤堀のお目付け役(?)の波多野が上手く、赤堀をコントロールしてみたり、はたまた、チャラ男なのだけど実は熱いものを抱えている(?)と思わせる深水と言った面々が強く押し出されているな、と感じる。
今回の謎は、何よりも日本にいないはずの虫がなぜ、日本にいたのか? そして、被害者の元で、局地的に大量発生したのは何故なのか? それと同時に浮かぶ謎が、なぜ被害者は殺されたのか? 近隣では窃盗事件が多発。そこで発見された指紋、さらに、複数名の毛髪も発見。窃盗犯グループが強盗の末? しかし、被害者は決して裕福な存在ではない。そんな彼が狙われた理由は? そんな中、その窃盗犯を確保。だが、窃盗犯は単独犯で、しかも、被害者と鉢合わせになって攻撃はしたが、殺してはいない、と言い出して……
昆虫の謎を追う赤堀&波多野と、ひょんなことで出会う少年の、虫がどのように? と経路を探るパートと、岩楯と深水の、一応は解決したと思われる事件に遺された謎を追うパートで綴られていく。それぞれ、先に書いたようにキャラクターが立っていて楽しく読むことが出来た。正直、赤堀のパートがなくても、犯人を絞り込めた気もするのだけど、それは良いか。

No.5280

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

俺、ツインテールになります。18

著者:水沢夢



ついに終結した4体の神のエレメリアン。ツインテイルズは宣戦布告として、アルティメギル基地への転送ゲートディスクを手渡される。それぞれが、最終決戦への想いを胸に、決戦の日を待つことに。そんな中、愛香は……
なんか、最近は最終決戦、最終決戦と言いながらも、なかなか最終決戦へと入らなかったような感じがあるんだけど、今回は一気に話が進んだ印象。
最終決戦を前に、総二への想いを告げたい、と考える愛香。そんな中、総二は、ブルー=蛮族、という印象を何とか消し去りたい、という名誉挽回を考えている。そんな中でも、「基地へ来い」という言葉と裏腹に、次々と出現してくるエレメリアンたち。相変わらずの戦いっぷりを披露するブルー。けれども、そんな中に、「何だかんだと言いながらも、レッドたんを守っているじゃないか」なんていう言葉もちらほら……。そんな中、一応、愛香も想いを告げ、いよいよ……
てっきり、それで終わり。もしくは、基地に入って、最初の敵と……くらいかと思ったら……
首領との戦いを前に、ツインテイルズの面々が、それぞれ敵となるエレメリアンを前に、こいつは自分が相手をするから、という形で進んでいき、そして、レッドはいよいよ首領との対決へ……そこで、遂に、レッドの秘密が……
なぜにツインテールで? っていう部分はあるんだけど、普通の人間では、その姿になっているうちに情熱を失ってしまう。にもかかわらず、レッドは、高い情熱を常に保ち続けている。それはなぜか? 本来、ツインテールを持っていないからではないか? 相変わらず、対象はアレだけど、理屈がとっている推論ってすげーな(笑)
まぁ、首領との対決開始。レッドの正体がバレてしまって、とかで、いよいよ最終決戦。どうまとめる?

No.5279

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。
著者:十三湊



卒業文集や招待状などの宛名などを毛筆で書く仕事をする筆耕士の相原文緒。内気で、真面目な文緒は憧れの先生・都築から請け負った仕事などを丁寧にこなしていた。そんな中、彼女の前には、しばしば、文字に纏わる不思議な話に遭遇して……
ということで、一応、連作短編形式で綴られる物語。
粗筋では、不思議な話、とあるのだけど、どちらかというと、日常の謎形式。そして、何かトラブルが起きて、それを解決して……というよりも、「あぁ、こうだったのか」くらいの話が多い印象。そして、文字(書道などに関する)などの蘊蓄が多く綴られている。
第1章。地元の和菓子屋から頼まれたお品書きについて。亡き先代が、書いていた、というお品書き。書道などを習った形跡のある美しい字。そして、先代の後を継いだ、という娘の、正直なところ下手な文字。だが、その中に、先代と似てはいるが、しかし、違う文字があって……
ある意味、物語としての方向性をしっかりと示した話なのかな? と。文緒からも「下手」と言われてしまう現在の女将さん。その女将さんが、下手という自分の娘。しかし……。硬筆と毛筆の違い。母娘三代の中にある人間関係。謎そのものは明らかに。でも、全てがハッピーエンドか? と言えば……。そういう色々なものが詰め込まれている。
素直に話としてすっきりとしたのは、第4章。学生時代の親友が結婚することになった。そのあて名書きを頼まれた文緒。しかし、話を聞いていても、何か感じる違和感。しかも、お相手は、過去、何度も結婚歴がある年上の男性。親友は大丈夫なのか? 明らかになる真相は、決して明るい話とは言えない。でも、優しさに溢れたが故の結末。これはこれで、一つの幸せの形、なのかも……
そんな中で、文緒と、都築のアレコレなども描かれ、その中で文緒が都築に対して持っているかくしごとなども……。そんな中、かつて、都築を大学教員から追いやった存在からのアクセスがあり……。
ストーカー、怖っ!!
っていうか、筆耕士自体が狭い世界。その中で、書道などを、という形で調べれば簡単に割り出せる。というのは確かだと思う。その中で、相手のことも心情として理解できないではない。でも……という心苦しさも。ただ、随分とあっさりと引き下がったなぁ、という感じもしたり。
文字を巡ってのアレコレとか、興味深く読むことは出来た。ただ、まとめはちょっとアッサリとしていたかな? と。

No.5278

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。