FC2ブログ

流星の下で、君は二度死ぬ

著者:藤石波矢



幼いころ、火事で父を亡くしたみちる。そのショックなのか、彼女は、しばしば、「人が死ぬ」予知夢を見るようになってしまった。そんな彼女のことを唯一知るのは、従兄弟の一美。そんなある日、みちるは再び予知夢を見る。そこで見えたのは……丁度、みちるの学校で用務員の仕事をしている一美で!?
著者らしく、テンポよく進んでいく物語が何よりも楽しかった。
物語の入りとしては冒頭に書いた通り。予知夢を見ると、人が死ぬ。そんな体質を持ったみちるは、ある日、その夢を見た。しかし、その夢で誰が死ぬのかよくわからなかった。だが、なぜか2回目を見て、そこには一美が……。幸い、何時に起きるのか? そして、一美が、というのが判明。ならば……と、夢の実現の阻止へ。それは成功した、に思えたが……なぜか、クラスメイトの渡辺くんが……
施錠された密室状態の屋上。そこへ渡辺くんが入っていくのを見た、という証言はたくさん集まる。しかし、なぜ、彼は殺されたのか? そんな渡辺くんは、みちるのクラスで、不登校状態が続いている穂花と頻繁にやりとりをしていた。では、なぜ穂花は不登校になってしまったのか?
被害者である渡辺くん一体、何をしていたのか? から、彼とやりとりを重ねていた穂花がなぜ、不登校になったのか? そこにあったのは、彼女が、サッカー部の主将と付き合っていたが、暴力を振るわれた、と触れ回った、というが……、と文字通りに次々と物語が展開していくため、次々と現れる新事実に「次はどう転がる?」という気持ちが続き、どんどん読み進めることが出来た。
そして、その中であるのは、ある意味で「それぞれの正義」と言ったところだろうか? 穂花が付き合っていたサッカー部主将は、周囲から「公正明大で、暴力など振るわない人」と言われる存在。だからこそ、穂花を虚言壁がある、と攻め立てた。しかし、穂花と主将では「普通」の基準が違っていた。さらに、渡辺の行動もまた……。そして、犯人のそれも……。勿論、ちょっとした悪意はある。あるのだけど、でも、その悪意云々も、元をただせば正義感から……。そういう部分の印象が強く残った。
その上で、物語全体としては、過去の予知夢のエピソードとか、そういうものを含めて、予知夢のあり方についてのトリックとか、はたまた、ちょっとしたエピソードがしっかりと意味を為していた、という伏線の作りも上手い。色々な角度から見て、しっかりと作りこまれた作品だな、というのを思う。

No.5153

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト
著者:新八角



夏も盛りの終末都市・東京。ある晩、巨大なオーロラがアラカワ周辺に発生。その結果、電磁災害が引き起こされ、町は大混乱に。そんな中でも伽藍堂は元気に営業中……と思いきや……
スライム料理やら、蟻酸による酸味抽出やら……やっぱり、この作品の料理は、色々と想像すると……。でも、考えてみれば、今、普通に食っている海老とかだって、色々とグロテスクだし、そういう意味では偏見の賜物、ってことになるよなぁ……なんていうのを思わずいられない。
と、そんな料理云々の話はあるのだけど、物語の中心となるのは、ウカとリコの出会い。そして、ウカと同じく古代の自律人形遺産であるヤシギを巡る物語。
本来、人類に奉仕するために作られた自律人形遺産。しかし、肝心の人類が、実質的に滅んでしまい、少なくとも文明は壊滅。その中で、長きにわたる孤独を味わっており、そんな中で、地上へと降り立つこととなったウカ。そんなところで、リコと出会う。自律人形遺産であるウカの存在は、色々な抗争の種になっており、カクタスにとってもおいそれと手を触れることが出来ない存在。けれども、長年、孤独を味わってきたウカが、自分の料理を「美味しい」と言ってくれたリコの存在は特別で……。それが、伽藍堂を作るきっかけとなった……
その一方で、その自律人形遺産として、「マスターのもの」という意識に囚われているヤジギ。しかし、その心を溶かしたのは……
1巻のときは、その世界観故の料理のアレコレとか、そういうものの目新しさで引っ張られたわけだけど、今回は世界観とか、そういうものを掘り下げてきたな、というのを強く思う。勿論、料理の「美味しそう」というのを含めて。

No.5152

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

第四の暴力

著者:深水黎一郎



金策のために訪れた伯父の家。流れで、その家で一泊することになった樫原は、翌朝、昨日からの雨が続く中、家族の待つ自宅へと向かった。だが、家族の住む集落は土石流に巻き込まれ、家族もまた行方不明となっていた。そんなところにやってきたのは、マスコミの取材陣……(『生存者一名あるいは神の手』)
からの連作短編……なのかな?
なのかな? なんて書いたのは、ちょっと不思議な構成になっているため。
冒頭で粗筋を書いた1編目は、物語としては素直に作られている、といえよう。災害にあった村。家族の安否もわからない人々でごった返す避難所。そこにやってきた取材陣。救出活動の邪魔になるような形でヘリを飛ばし、さらに、家族の安否が気になる樫原にも容赦なくマイクを向ける。そして、その家族が発見されたときに放たれた一言は……
まぁ、実際問題として被災地で……とか、そういうのはよく言われていることであるし、また、何か事件があった際、そこを取り囲む取材陣の態度が……とか、そういうのはよく指摘されること。その意味では、ある意味での問題提起になっているのだろうし、その事件の数年後。彼が再会した当時のレポーターが語ったこと。それは……ここもまた……。被害者と加害者とは? そういう部分で上手くまとまった作品と言える。……が、その結末にある二択が用意され、残りの2編は、それぞれのその後、という形で綴られていく。
ちょっとネタバレにもなってしまうので、残りの2編については書かないのだけど、どちらもかなり皮肉の聞いた話であり、同時に、メディア関係者の傲慢とでも言えるような形で話が進む。進むのだけど……流石にちょっとぶっ飛びすぎかな? なんて思いも抱いたりする。特に3編目辺りは……
というか、色々と傲慢だ、とか、そういうのは言うけど、ある意味で、メディアと視聴者って共犯関係ではあるんだよね。メディアが取材の中で「こういうことをしていた!」なんていうのがネットなどで盛り上がる。でも、それはそれで、我々、見ている側がそれを見て「マスコミこそ悪だ!」とか言って楽しんでいる、という側面というのは見逃せないわけだし。
正直なところ、そういう部分とかも描いてほしかったな、というのも思ったりはする。

No.5151

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Blue

著者:葉真中顕



平成15年に青梅で起きた一家惨殺事件。引きこもりであった次女が、両親、そして姉と甥を殺害。その後、薬物を摂取した状態で入浴して、事故死した、という表向きは言われている。だが、事件から半年、その事件の裏付けを担当することになった藤崎は、加害者とされる次女が引きこもりではなく、家出をし、政治家なども関与している、と言われた「プチ・ハニィ事件」の舞台であるデートクラブに在籍、しかも、ブルーと呼ばれる子供がいたらしい、という情報を得て……
というところから始まる平成時代を振り返りながらの物語。
何と言うか、著者のデビュー作である『ロストケア』、2作目の『絶叫』、特に2作目の『絶叫』に近い印象。
冒頭に書かれているのでネタバレではないだろう、という判断で、物語の中心にいるのはブルーと呼ばれている人物。バブルの余韻が残る平成元年に、青梅事件の加害者とされている次女の息子として生まれた存在。そして、平成最後の日に死亡した、とも明言されている存在でもある。そんな彼の人生を、時代の、どちらかと言えば「負の側面」と言われるようなものと共に綴られていく。ただ、時々、ブルーの人生を俯瞰したような物言いの話が挿入されつつ、基本は犯罪の捜査をする藤崎(第1部)、綺乃(第2部)の捜査過程に合わせてなので、読みやすかった。
とにかく、平成の間に起きた事件、社会問題などを上手く物語へと落とし込んだ、というのを思う。バブルの残り香。不況の始まり。デートクラブやら、援助交際なんていうようなアレコレ。さらに、貧困、無戸籍、外国人実習生などなど……。そういう報道などで言われつつも、しかし、じゃあ、それが解消されたのか、と言えば「NO」と言わざるを得ないままに置き去りにされたもの。その中で、最底辺の状況で育つこととなるブルー。平成16年を舞台にした第1部では、その過酷な幼少期とそこで至ってしまった悲劇について。そして、平成31年を舞台にした第2部ではそんな幼少期を過ごしたブルーに訪れたものが……それぞれ深く印象に残る。
こういうと何だけど、ブルーは確かに、数多くの犯罪行為をしているのだけど、でも、何か同情というか、そういうものを覚えてしまう。それは、育った環境もそうだし、第2部に関しては、褒められることではないけど、一応、人助けのようなこともしているため。そして、捜査する側の刑事。家庭を顧みずに仕事に打ち込んだ結果、家庭を失うこととなった藤崎。結婚をし、子供を授かったものの、その子供にどうしても愛することが出来なかった綾乃。その綾乃とコンビを組むこととなったのは、藤崎の娘・司。綾乃や藤崎は、一線を越えることはなかったわけだけど、でも、一歩違っていたら……。そういう部分も大きいのだと思う。そして、何よりも、ブルーが(曲がりなりにも)安定を得たのは……と考えると……
そういうのを考えると、平成という時代のアレコレを入れつつも、デビュー当初の著者の作品にあった貧困とか、そういうものが主なテーマなのだろう、というのを感じる。言い換えれば、そういった貧困とか、そういうものが蔓延しやすくなってしまった時代だった、ともいえるのかもしれないが。

No.5150

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

道化か毒カ錬金術2

著者:水城正太郎



天才錬金術師『アナーキスト・アルケミスト』ことアルトと、その相棒役となった赤毛の美人スパイ・イングリド。ある日、ウェストマール皇国の皇帝・ジャンに呼び出された二人。ジャンの依頼は、宗教紛争に関与が疑われる悪魔の調査。純正教会からの推薦だという学生・エイヴリーを加えるのだが、エイヴリーには「悪を感じる」という力を持っていて……
何か、1巻に比べてすごく「シリアス」という感じがする。1巻のときは、お気楽で快楽主義者のアルトにイングリドが振り回されて……というシーンの印象が強かったのだけど、今回は、相変わらずアルトにイングリドが、というのはありつつも、エイヴリーという青年の物語が印象的で、そこまで強く感じなかった。というか、アルトが『アナーキスト・アルケミスト』としてふるまうシーンがほとんどなかったのも大きかったのかな?
で、その物語の中心となるエイヴリー。スパイ養成学校に事実上、ただ一人入学した学生。しかし、堅物で、融通が利かず、教師からも「こいつはダメ」と言われるような存在。しかし、そんな彼がなぜか、推薦されたのはなぜか? そして、「悪を感じる」というのは何か? 冒頭に書いた堅物状態で参加するミッションから始まり、思わぬ存在であると判明し、その中で「正義とは?」に悩むことに。そして……。彼自身の生い立ちから、周囲に振り回され続けながら……というエイヴリーの苦悩、生き様というのがすごく印象に残った。
そして、そういう諸々の背景にあったもの……
一国の皇帝で、アルトをして「万能」と言わしめるジャンの抱えていたもの。拗らせている、と言えばそうなのだろうけど、いくら周囲がもてはやしても、劣等感というのは常にあるものだし、それにしても……。
なんか、シリアスというのと同時に、1巻以上に、登場人物たちが、それぞれクセモノぞろい、だというのが実感できる。

No.5149

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

BUG 広域警察極秘捜査班

著者:福田和代



乗客乗員合わせて560名が死亡した航空機墜落事故。その事故を引き起こしたとして、16歳の少年・水城陸は逮捕され、死刑判決を受けた。冤罪であるにも関わらず。それから10年。陸は、その高いハッキング能力を買われ、命と引き換えに国家を超えて捜査をする広域警察の極秘捜査班、通称「BUG」に加わることになる。ところが、最初に命じられたのは老数学者の身辺調査。その老数学者は、陸が犯人とされる墜落事故で死亡した、とされる人物で……
冒頭の通りに物語は始まるわけだけど、最初に言えるのは、陸自身は決して、自由の身になったわけではない、ということ。水城陸は、死刑が執行された、とされ、本人は、別の身分を手に入れてBUGに。だが、身の自由はなく、常に監視された状態。監視をする警察官・蛯名、永瀬は厳しい視線を浴びせている。そして、同じくBUGのメンバーもまた、同じような境遇にいるようで……
スリリングさ、という意味では文句なし!
ターゲットとなった老数学者は、自分が起こした、とされる事故で死亡したとされる人物。そのことで、数学者を調べ始めるのだが、個人的な接触の中で、その数学者は、事故は自分を殺害する目的で起こされたものであること。そして、陸の逮捕に絶望して自殺した、とされる陸の父は、長瀬に殺害された、ということを告げる。父と学生来の友人である長瀬は敵なのか?
実際問題として、自分の置かれた状況は最悪と言える。長瀬自身も陰で蛯名と共に、自分に対して酷い物言いをしている。そもそも、老教授の言葉には惹かれるが、それは正しいのか? そもそも、どちらが敵で、どちらが味方なのか? しかも、BUGの中にスパイもいるようだ。何が正しくて、何が嘘なのか? そして、誰が味方で、誰が敵なのか? という中で右往左往していくスリリングさは間違いなく面白い。
ただ、何と言うか……終わってみると、何だったのだろう? というところもあるのは確か。
老教授、世界的なIT業界の大物、さらには陸の父。そういった面々が目指しているもの。そして、それに対する長瀬らの行動の理由というのがイマイチよくわからない。なぜに、陸が生かされていたのか? とか、そういう部分については一応の説明はあるのだけど、そもそもの部分は……という感じなので。
そういう意味では「あれ?」という感じかな?

No.5148

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:吹井賢



ある怪事件とともに、国家機密ファイルも消えた。唯一の手掛かりは、事件現場で目撃した大学生・戻橋トウヤだけ。内閣情報操作室に設置された「特務捜査」部門の新米捜査官の球子はトウヤに接触をする。そして、彼の協力を得て、ファイルの捜査に当たることになるのだが……
第25回電撃小説大賞・メディアワークス文庫賞受賞作。
物語としては、特殊能力が使える存在が世の中におり、その特殊能力による事件を捜査する部署に配属された珠子が、トウヤと共に……という形。そして、どうやら、トウヤ自身も何らかの特殊能力を持っているらしい、ということがわかるのだが……
物語の最後にひっくり返しはあるし、また、そこに至るまでの中には帯にも書かれたトリックというのも存在はしている。しているのだけど、どちらかというと、トウヤというキャラクターの強烈さ、というのが印象に残ったかな?
敵となるのは、犯罪者組織であるフォウォレ。そのボスであり、「悪しき眼の王」と呼ばれるウィリアム・ブラックという男。その情報を手に入れるために、違法賭博組織のリーダーだったりと、勝負を繰り広げていくことになる。しかし、そのたびにトウヤは……。
とにかく、トウヤのやることなすことが無茶苦茶。しかも、その無茶苦茶っていうのは、例えば、笑いに走る、とか、そういうことではなくて、文字通りに「無茶」をする。自分の命などどうでもよい、とばかりに命を危険にさらす行為を取るし、命とはいかなくとも、指を落す、とか、そういうレベルでの無茶は日常茶飯事。そのことについて、珠子はやめるように言うのだけど全く取り合わない。そして、そんなトウヤだからこそ、どうしても放っておけなくて……という関係性になっていく。正直なところ、ブラックとの対決を終えたあとの珠子とトウヤのやりとりは、そんな関係のある意味では究極形といえるんじゃないだろうか?
そして、そこからのひっくり返し……。まぁ、確かに、トウヤの言う通り、なんだよね。その中での珠子の決断というのも考えると、「正義」という言葉で自分を奮い立たせていた珠子の成長物語だった、ということになるのかな?

No.5147

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

14歳とイラストレーター7

著者:むらさきゆきや



「せんせ、あたしとVチューバーやろ? 返事はYESだけ」 イラストレーターを目指す乃ノ香のライバルとなると思われた水織だったが、悠斗に対して思わぬ行動に出る。一方、錦は、会社が倒産? 白砂は、音信不通のマリィを訪ねることにして……
今回は、水織関連でのVチューバー話が多め?
乃ノ香が悠斗の元に通っている、ということもあって、悠斗の元へと接近。そして、そこで要求したのが、Vチューバーとしての活動の会い方になること。ただし、その活動は、悠斗が女性キャラをやる、というバ美肉? 自分自身は、Vチューバー……というか、生身で配信をするユーチューバーも含めて全く詳しくないのだけど、結構、作家さんとかが、っていうのを聞いているだけに、そういう情報とかを踏襲して、ことなんだろうな。
勿論、その水織と乃ノ香の、イラストレーターとしての切磋琢磨、というのも継続中。合同誌を作れ、という話になり、しかも、その表紙は二人がそれぞれイラストを描いての対決へ……。しかも、審査員は悠斗ということになって……? ちゃんとイラストを見る目は、ということになるけど、ナチュラルに鬼畜仕様っていうのが(笑) その他に、事務所とか、そういう辺りのアレコレもあったり……これは、Vチューバーに限った話ではないと思うけど。
その他にも色々とあるわけだけど……その中で笑ったのはナスさんかな? 以前、男性関係でトラブルがあったので……と条件を付けたのに……。そして、そんな危機を救ったのが、まさかのハラミ(笑) そりゃ……いきなりそんな恰好で現れたらねぇ。というか、『妹さえいればいい。』もそうなんだけど、この業界は、裸族とか多いのか?
今回は、純粋なイラストに関する話はちょっと少なめだったかな? という気がする。ただ、そこに一種の流行とか、そういうのを取り入れてきた巻、という感じなのかな? と。

No.5146

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

予言の島

著者:澤村伊智



ブラック企業勤めで心を病んだ宗作を励ますため、友人らと共に旅に出た淳。行き先は、瀬戸内海に浮かぶ島・霧久井島。そこは、20年前、当時、一世を風靡していた霊能力者・宇津井幽子が最後の予言を残した場所だった。しかも、旅に出たその時期は、彼女の予言により、「霊魂六つが冥府へ堕つる」時だという。島へ降り立って早々、宿泊予定の旅館から、「怨霊が下りるから」という理由で宿泊を拒否。かろうじて宿を見つけることには成功したが、翌朝、旅をしていた友人の一人が遺体となって発見され……
なるほどね~……
著者は、日本ホラー小説大賞の大賞を受賞してデビューした人。そして、これまでの作品というのは、社会問題などを取り入れつつ、しかし、超常現象が起こる、という形での話だったのだけど、今回は大分、毛色を変えてきた、という印象。
物語そのものは、冒頭に書いたような形で始まる。かつて、一時代を築いた霊能者が最後に訪れ、予言を残した島。島には、そんな霊能者に心酔するもの。否定的に思う者もいる。さらに、島の人びとは不思議な因習を守りつつも、何かを隠していて……
この作品のテーマとしては、「呪い」とは何か? というところだろうか。
「呪い」で、著者がホラー作品を書いている、というと、文字通りに禍々しい印象を抱くのだけど、そういうことではない。そうではなくて、ある言葉が存在しているからこそ、肯定にしろ、否定にしろ、何らかの形で意識してしまう。「呪い」というか、「言霊」というか、そういうものの力って、そういうものなのだろう、と感じてしまう。しかも、霊能力とかとは関係なく、ある意味、先天的な直観力などで、心理学的な方法で人を引き付けるだけの力を持っている人であれば余計に。不穏な空気と、その中の合理的な考察というもののバランスが絶妙で面白かった。そして、そんな「呪い」についての考察がされた中で……
これについては何も書かない(笑) 多分、びっくりするはず。
……これでもネタバレになっちゃうかな?

No.5145

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:七色春日



河川敷で生活する平助。転移した異世界で、たこ焼き屋を開業し、一山を当てたものの、「タコが嫌い」という王女の一言により、その事業は破綻してしまった。ホームレス生活のある日、かつて拾った奴隷であり、現在はバーガー屋を経営するサーファイアと再会し……
何となくタイトルに惹かれて手に取った書。おいらのHNは……(阿呆)
とりあえず、サーファイアさん、とりあえず、窮地に陥ったら犯罪方面の計画を立てるのはいかがなものかと……
物語としては、かつて奴隷として拾ったサーファイアと再会した平助。そこで知ったのはサーファイアの経営するバーガーショップが窮地に立たされている、ということ。貴族の経営するバーガーショップが、その資金力にモノを言わせて攻勢をかけ、売り上げは激減。このままでは……。さらに、そのショップについて調べると、貧民を無茶苦茶な形で働かせていることを知る。そのため、店の存続をかけたイベントでの対決をすることになって……
異世界転生とか、そういう作品って、主人公が圧倒的な力を持っていて、その力で無双していく、というような話が多いのだけど、この作品の場合、現代日本の知識、というのはあるけど、じゃあ、それで圧倒的になるわけじゃない、っていうのがポイントなのだと思う。そもそものスタート地点からして、「たこ焼き」という新たな料理で一山当てたけど、王族という権力者の逆鱗に触れておじゃん。しかも、本編が始まってのバーガーショップの話にしても、資金力では当然に負けるし、そこまで奇抜なアイデアがあるわけではなくて……という部分で、設定の印象に反して、地に足のついたやり方になっている、というのが好印象。さらに言えば、その中で、王位継承権争いなどにも巻き込まれていくわけだし。そういう部分を含めて「世知辛い」という帯の言葉はその通りだと思う。
基本的には、ギャグ多めではある。あるんだけど、決して一流とは言えない平助の(時には外道な場合も含めた)ちょっとした策などもありつつ、でも、基本的には、相手に料理を楽しんでもらいたい、という想いというのも一貫している。そういう意味では、凄く気持ちの良い読後感を得られた。これも長所と言えるだろう。
派手さはないけど、しっかりと読ませる作品だと思う。

No.5144

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。