FC2ブログ

左遷捜査 法の壁

著者:翔田寛



警視庁捜査一課に配属されたばかりの目崎。そんな彼の指導役として任命されたのはベテラン刑事の棟方。過去に、棟方の下について、刑事をやめた者がいる、という状況の中、石神井公園で一人の男が殺害される。被害者は、少年時代に、強姦殺人を犯した過去を持つ男で……
正直なところ、タイトルの『左遷捜査』というのがピンと来なかった。
冒頭でも書いたように、主人公である目崎の指導係になったのは、過去、自分の下に配属された若手が刑事をやめた(一人は、別への配属先へ異動願を、もう一人は警察官そのものを辞職)という実績(?)を持つ棟方。「自分で考えろ」が口癖で、しかも、上司の指示などを無視して独断専行の形で捜査をする、という存在。
まぁ、確かに、指導役としては色々と問題があるだろうし、それで、というのはあるかも知れない。ただ……
ミステリ小説を読み慣れている身としては、ぶっちゃけ、「ごくごく普通」くらいにしか感じないんだよな。独断専行、というか、一匹狼というか、ある意味、自分勝手なベテラン刑事とコンビを組むことになって、その行動に振り回されながらも、そのノウハウを学び……、っていうのは、バディものの警察小説、ミステリ小説の定番中の定番だろう、という風に感じるため。作中で、棟方はかつては、優秀な刑事だったが、最愛の息子を喪って以降……みたいなものとかがあるのだけど、過去、彼の下についた刑事がどういう経緯で、とか、そういうのがないため、タイトルにある「左遷」云々があまり感じられなかった。粗筋によると、シリーズ化前提のようなので、今後、そういうところが掘り下げられるのかもしれないが。
と、長々と前置きのような文言を書き連ねてしまったのだけど、物語そのものはなかなか面白い。事件のあらましは冒頭に書いた通り。被害者は、かつて、強姦殺人事件を起こし少年院に長らく入っていた人物。少年院を出た後、就職はしたものの、長続きせずに仕事をやめ、縁もゆかりもない石神井公園付近に住み着いた。仕事をしている様子はない。しかし、毎日のようにお気に入りの店員の要る居酒屋へ通いつめ、腕には高級な腕時計を……。一方、その男に娘を殺された父は、ネット上で、過激な発言を繰り返していた。その父には、当日のアリバイはなく、彼が犯人だという見方が強まるのだが……
被害者にあった2つの傷。殺しのプロというわけではない(であろう)犯人が、そんなに簡単に殺人を出来るだろうか? そして、そもそも、仕事をしている様子のない被害者の金回りはなぜ良かったのか? そんな疑問にこたえるべく、丹念に聞き込みを続けていく、という流れながら、テンポよく進んでいく物語に引き込まれた。そして、一つの事件に関わったことで、人生がくるってしまった人々……。
一つ一つの要素は決して目新しいものではないのだけど、地味な捜査を、テンポよく、引き込むような形で描いたのは著者の腕、だろう。

No.5026

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト
著者:山本巧次



連続する蔵破りに翻弄される南町奉行所の伝三郎たち。おゆうは、事件解決のため、現代の宇田川に協力を求めるものの、折しも、彼の所属する会社に税務調査が入り、ラボが使えない状態に。そんな中、宇田川は、自ら江戸時代に乗り込むと言い出して……
シリーズ第5作。
いよいよ宇田川が江戸時代に! 伝三郎が、おゆうについて疑惑などを感じつつ、っていうところから、だったから、当然、宇田川にも……。そういうところでは、進展、なのかな? ただ、タイトルにあるドローン云々は、確かに捜査に関わっているのだけど、そこがメインではない感じ。
物語の中心にあるのは、立て続けに起こる蔵破り。下手人は、異常なまでの身体能力を持ち、待ち伏せする伝三郎たちを翻弄していく。そんな中で、浮かび上がるのは、被害者たちのつながり。互いに面識はない、と言いながらも同じ店に集まっている。そして、その経歴を探っていくと、それぞれが同じ時期に江戸にやってきていた……。彼らの過去には、何か隠したいことがあるのでは? さらに、そんな被害者たちの元に見え隠れする将軍側近の影……
相次ぐ蔵破りからのミッシングリンク。そこから見えてくる下手人候補。しかし、その候補は……。そんなミステリらしい話の運び方に、当時の歴史的な事件が関わてくる。その辺りは、江戸時代を舞台にした作品らしい作りと言える。しかも、おゆうを巡っての伝三郎、宇田川という三角関係があるだけでなく、伝三郎を巡って、おゆう、お多津という三角関係まで出来ているなど、一種のラブコメ的な部分で楽しめたのも良かった。重厚、という感じではないけどこれはこれで良し。少なくとも、今回、宇田川に対しておゆうがやっていること、勘違いをさせそうだよな……
……まぁ、盗賊の正体について、ある程度、消去法で想像が出来たし、そもそも、作中で出てくるほど身体能力が優れている場合、見た目でわかっちゃうんじゃないか? とか思ったのは秘密(笑)

No.5025

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:冬月いろり



空間が意志を持ち、様々な魔物が息づく世界・パライナ。その北端には、誰も訪れることのない「最果て図書館」があった。いつから、自分がいるのかもわからない館長・ウォレスは、ある日、鏡を通して「はじまりの町」に住む少女・ルチアと出会う。中立を貫く図書館にありながらも、ウォレスは、勇者の魔王討伐を助けたい、というルチアの相談に乗ることになり……
第25回電撃小説大賞・銀賞受賞作。
結構、前後半で雰囲気が異なる作品だな、という印象を受けた。
RPGなどの、村人とか、そういうところを主人公にした物語という感じかな? 粗筋に書いたように、物語の始まりは、鏡を通じてウォレスとルチアが出会い、ルチアの住む「はじまりの町」にいる勇者の旅立ちを手伝ってほしい、という相談に乗るところから。魔法使いの師匠に怒られながらも、常に笑顔を絶やさずにウォレスの前に現れるルチアがまず可愛い。そして、ウォレスの世話をする感情を表に出さないメイド・リィリの情操教育だったり、はたまた、人が滅多に訪れることにない図書館に訪れた客とのやり取り……。この辺りは日常の物語、というような感じの、のんびりとした印象を受ける。
ところが、後半になるにつれ、物語の主題は主人公・ウォレスの正体は? そして、リィリとは何者なのか? というところへ……
作中で重要な意味を持っている『光の勇者の物語』。そこに隠された秘密。そして、ウォレス自身の心の中に会ったもの。正直、終盤の怒涛の展開はもうちょっとじっくりと過程を重ねていっても良かったんじゃないか、と思うところはある。ただ、「世界がこういうものだから」というウォレスの諦観が実は根拠のないものだった、という部分。そして、何よりも世界設定などの諸々がすべて回収されていく、という快感は何物にも代えがたいものがあった。物語としての完成度は、なかなかのものじゃなかろうか。

No.5024

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

罪の余白

著者:芦沢央



どうしよう、お父さん、わたし、死んでしまう――。安藤の娘・加奈が学校で転落死した。「全然、悩んでいるようには見えなかった」。クラスメイトからの手紙、教師の言葉。しかし、それを聞いた安藤は、なぜ娘が死を選んだ理由への疑問が強く芽生える。安藤の元へ弔問に訪れた少女。娘の日記を探す安藤。二人が出会い……
第3回野生時代フロンティア文学賞受賞作。
私が手に取った本書の帯には、「この女子高生……超かわいいけど、中身はモンスター!」という言葉が載っているのだけど……モンスターっちゃあモンスターなんだけど、ある意味、年相応の、というような印象が強いかな? という風に感じた。
物語は、安藤。安藤の娘を死に追いやった少女・咲。安藤の同僚で、安藤に思いを寄せる早苗の視点で綴られる。
物語の中心となるのは、所謂スクールカーストとか、そういうものなのかな? 学校の中でのグループ。その中で出来上がる上下関係。ちょっとしたことから始まる加奈へ対するイジメ。それも、周囲にはわからないような形で……。そのような状況になっても加奈にとっては、そこから逃げることすら出来ない息苦しさ。そして、いざ、加奈を死に至らしめた後、咲にあったのは、保身の想い。そして、そのために最も効率的だと考えたのは……
確かに、咲という人間の歪んだ自尊心というか、そういうものは悪女そのもの。ただ、じゃあ、何かしでかしたとき、それを上手くごまかそう、という気持ちを抱かないのか? と言えば、そんなことはないだろう。そして、悪女ではある。策略も仕掛けている。でも、その策略は、文字通り、「子供だまし」レベルな稚拙さを持ち合わせている。そのアンバランスさ、というものが逆に、「こういう奴、いる!」というリアリティに繋がっているのではないかと思う。娘の死に衝撃を受け、そして、その感情を咲によって誘導される安藤、という部分でのスリリングさ、というのも見どころの一つだろう。
物語の内容としては、シンプルだ、と言うことは出来るだろう。しかし、シンプルであるがゆえに、それぞれの人間性がじっくりと描かれ、読みごたえとなっている作品といえよう。

No.5023

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

刀と傘 明治京洛推理帖

著者:伊吹亜門



慶応3年。新政府と旧政府の対立に揺れる京都で、尾張藩士の鹿野師光は、一人の男と邂逅する。男の名は、江藤新平。後に司法卿となり、日本の司法制度の礎となる男だった……
というような形で始まる連作短編集。
こういう風に来たのか! 正直なところ、私はあまり幕末とかについて詳しく知らない人間で(大学受験は、世界史で、日本史は江戸時代くらいまでしか授業をやっていないし)、江藤新平については名前を知っているくらいの状態。そういうのをもっと知っていれば、より楽しめたのかな? という気がする。
物語としては、師光と新平の前で事件が発生し、その事件の真相を、という形での短編集。1編目、2編目と言ったあたりは、不可能状況からの謎解き、という感じの本格モノ。勿論、それぞれの事件の真相解明などは論理的なのだけど、この時点では、「普通」という印象。ところが、後半に入っていって……
そもそもが、立場の違う存在であった師光と新平。上下の立場が変わったとしても、当初は友好的な関係を築いていた二人。しかし、とある事件を巡り、その関係にヒビが……。優秀であり、野心家でもある新平。一方で、一藩士として藩に仕え、そのまま朽ちるつもりであった師光。誠実であろうとする師光にとって、新平の生き方というのは、文字通り「住む世界」が違っていた。故に、両者は離れるしかなかった。そして、佐賀の乱がおころうか、というとき、両者は「敵」として相まみえ……
佐賀の乱が起こることを防ぐため、新平を足止めしたい師光。その中で起きた事件。そこで、師光が取ったのは……
そもそもの考えの違いから食い違ってしまった二人。しかし、師光の最後のやり方は、文字通り、新平がかつて行ったことと同じこと。しっかりと相手のことを理解し、そこから学んだからこその結末。その終わり方が何とも切ない。
それぞれの事件において、本格ミステリとしての味わいもあるのだけど、それ以上に、師光と新平の関係性の変遷が印象に残った。

No.5022

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

ネクスト・ギグ

著者:鵜林伸也



逆行を浴び、ステージへ上がったボーカルは、悲痛な叫びをあげると、その場に崩れ落ちた。彼の胸には、千枚通しが。衆人環視の状況で起きた事件により、ロックバンド「赤い青」は活動休止に。「赤い青」の活動拠点であり、事件現場となったライブハウスのスタッフ・梨佳は、事件について調べ始めるのだが……
最初に物語の設定を説明しておくと、かつて、短い期間だけ活動をし、ヒットも飛ばしたものの、ボーカルの死により解散した伝説のバンド・サウザンドリバー。そのメンバーは、音楽をやめる中、そのギタリスト・クスミを誘い入れて発足したバンド。それが、「赤い青」。
冒頭の事件だけ見ると、不可能状況での事件の謎を、という感じに見えるけど、それよりも作中で被害者のボーカル・ヨースケが語っていた「ロックとは?」という部分に重きを置いた話になっている、と感じた。
1980年代、90年代といういわゆる「バンドブーム」の時代。それが、終わったあと、バンド、ライブハウスを巡る状況は決して明るいとは言えない。その中で、関係者それぞれが「ロックとは?」について語っていく。サウンドだ。心だ。もっと現実的に金だ。そんな「ロックとは?」というというかけ。それと同時進行に進んでいく、ライブハウスの経営などを巡るアレコレ。一種の定義論と、その一方で、現実的なロック音楽を巡る経営とか、そういう部分の語り、というのが読ませる内容になっている。
私自身は、正直なところ、あまり音楽に造詣がない人間ではある。ただ、著者と同世代の人間で、やはり、90年代くらいの音楽シーンとかはある程度知っているし、また、その時代と比べてCDの売り上げであるとか、そういうものが減っていることは知っている。そんな自分の経験談などと合わせることで、何となく、作中で語られていることについて「そうだよな」なんて思う部分が多かった。
そのため、事件の動機についても、その面が強く押し出されている。
こういうと何だけど、衆人環視の中の事件、という点での部分はちょっと霞んでしまっている部分があるのは否めない。けれども、ひたすらにロックとは? という問いかけがされ、その中でのそれぞれの回答。音楽への想い、ということがあるからこそ、その事件の状況という謎についての肩透かし感は殆ど感じなかった。それよりも、事件直前のある出来事が意味していたものが深く感じられてくる。
形の上ではミステリ作品であることは間違いない。けれども、それ以上に、音楽論、というように思える部分が多かった。
もっとも、私が音楽などについて疎い「ニワカだから」と言われれば、反論のしようがない(笑)

No,5021

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

罪の巨人と銀時計のアイア

著者:石川湊



天災とも称される伝説の巨神『シン』。心臓部にある『時の巨神将』を目指す勇者は、一瞬のスキから、その中に取り込まれてしまう。記憶を失った状態で、精霊の加護も失った状態で目覚めた勇者は、杭が胸を貫き、銀時計を持った少女・アイア。二人は、勇者の記憶と出口を見つけるため、巨人の心臓部へと向かう……
なかなかトリッキーな作風で楽しかった。勇者(レッドと名付けられる)は、圧倒的に強い才能を持ち、同時に、ただまっすぐに突き進み、師の言葉を胸に突き進む。そして、そんな彼と出会う少女・アイア。罪の印だ、という杭が撃ち込まれた存在。そして、当初は、巨人を守るため、レッドを陥れるために罠へ誘い込むが、その超人的な能力でそれを果たせず……という呉越同舟な谷に。ところが……
タイトルに「罪の巨人」とあるように、そこで出会う人々は、何らかの罪を背負った存在。文字通り、「七つの大罪」を背負った存在たち。だが、そんな中で、アイアの存在とは何なのか? そして、強力な力を持ったレッドすら叶わない、しかし、何かを思い出させるようなガルムという存在はいったい誰なのか? というところへと物語が進んでいく。
先にトリッキーと書いたのだけど、この作品の特徴は、レッドも、はたまたアイアもまた、記憶を失っている、というところ。ただし、アイアについては、巨人の中に長らくおり、その場所でのありかたにある意味で染まっている。自分が何をすべきなのかもわからない。しかし、レッドと旅をして、巨人の中での人々と出会い、だんだんと、自分は何をするのか、ということに目覚めていく。
料理でいうなら、材料とかは決して珍しいものではない。大雑把な形で言ってもそう。でも、ちょっとした料理の仕方を変えることで、斬新と感じさせる。そういう作品じゃないかな? という風に感じた。
あまり書くと、思い切りネタバレになりそうで曖昧な内容で申し訳ない。

No.5020

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

探偵は教室にいない

著者:川澄浩平



札幌の中学校に通う少女・海砂真史。バスケ部でも活躍する彼女の机にある日、ラブレターが入っていた。しかし、それはワープロ書きで、しかも、署名もなし。一体、この手紙をくれたのは誰なのか? そんなことに疑問を覚えた真史は、幼馴染であり、現在は中学に行っていない、という歩に相談することにする……(『Love letter from...』)
など、全4編を収録した連作短編集。
第28回鮎川哲也賞受賞作。
ここ数年の鮎川賞受賞作は、長編で、しかも独特の世界観だったり、という作品が多かったのだが、本作は日常の謎タイプの短編集。そういう意味で、小粒な作風である、という風には言える。
ただ、主人公が中学生、ということもあり、その身の丈にあった謎という意味ではバランスが保たれているのかな? と。某にも書いた1編目。ラブレターの差出人は誰なのか? ラブレターが置かれたのは、真史の机の中。タイミングは、体育の前の着替えの時。男子は教室で、女子は更衣室で。そして、文章の中身は……。この可能性そのものは、メタ的に見てあるんじゃないか、と思っていたのだけど、「多分、この人。でも……?」というちょっともやもやの残る結末が印象的。
中学生らしさ、というのが一番活きているのは3編目の『バースデイ』かな? 別の学校に彼女がいて、いつものろけている総士。今日も真史らといつもと変わらない日常を送っていたのだが、真史の前に現れたその「彼女」は、総士があってくれない、という。それは? これも、謎そのものはちょっとしたことではある。でも、大人であれば、簡単にできることが、中学生には……。そんな中学生という立場だからこその、真相というのが好き。
最終章はちょっと作品のカラーが異なり、主人公であるはずの真史が家出の末に行方不明に。そして、歩が、それを探すことに……、という変則的な形。そこまで出てきた真史の友人たちが、半ば、強引に歩を動かしたりすると辺りにはちょっと笑ってしまった。そして、その結末……。ここで何かあるのかな? と思ったら、え、それで終わり? という感じ。何というか、この人間関係って、先が色々とありそう。それだけに、続編とかにも期待して良いのかな? と思わせてくれるのだが……
全体的にライトな作風。それだけに、肩肘張らずに楽しめる、という風にも言えるのだろう。

No.5019

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

介護士K

著者:久坂部羊



介護施設「アミカル蒲田」で入居者の転落死亡事故が発生。以前、介護士による虐待が発覚し、その事件について取材したことのあるジャーナリストの美和は、第一発見者がそのときに取材した小柳であることを知る。「長生きで苦しんでいる人は早く死なせてあげた方がいい」という想いを抱く小柳について調べる中、小柳について様々な噂があることを知り……
結局、小柳とはいったい、何者だったのか? そんな思いが読了後に出てくる。
物語は、美和、小柳の視点を中心に展開。テーマとしては、介護問題。長生きをしたい、とは言う。でも、年を取って、身体が動かなくなっていく。回復の見込みはなく、苦しみが続くのみ。それでも? 一方で、どんどん増えていく高齢者。その中で、介護をする側は人手不足になり、金にも限りがある中、報酬は安くならざるを得ない。まぁ、この部分については、著者の過去の作品でも散々出てきた話なので、その点についてはいつも通り、という感じ。
その中でクローズアップされるのは、先にも書いたように、小柳とはいったい、何だったのか? という部分。
高校を中退したものの、高卒認定を取得。現在は、介護施設で働きながら、大学の医学部を目指している真面目な青年。そんな印象で語られるが、その一方で、「死なせてあげるべき」という思想を持っていたり、はたまた、周囲に意味もない嘘をつく虚言壁の持ち主だ、とも言われる。さらに、高校時代にも色々と噂があって……。第一発見者で、と、怪しい部分はあるが、しかし、彼は本当に老人を殺害したのか? それとも? 次々と起こる高齢者の不審死。その中で、美和は、小柳に話を聞き、介護についての意識も変わっていき……
この小柳がどちらなのか? そして、怪しいとは思いつつも、しかし、考え方に一理あると美和が考えるようになっていく過程は読者の意識とリンクしていると思うし、その中で振り回される、というのも。小柳に騙されているのではないか? でも……。小柳の存在を巡って、揺れ動かされていくスリリングさというのが何よりも面白い。そして、一応の決着がついた、と思いきや……のオチ。
介護についての問題提起について、私自身は著者の過去の作品を読んだことがあるので、今回も、という感じではあるが、初めて読む方には「確かに」と思わせる部分はきっとある。その上で、小柳について、どちらに転がるかわからないモヤモヤ感に引きずられる。読み終わっても、モヤモヤ感は収まることがないのだけど、それは、介護の問題、という部分もまた、同じだからではないか、という気がする。

No.5018

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:桐刻



無気力な日々を送るフリーターの克樹は、「拾ってください」という札を掲げて佇んでいる少女・麻友を拾う。面倒と思いつつも、犯罪に巻き込まれることを危惧し、1週間限定で寝泊りを許可することに。家出の経緯などを一切語らない彼女だったが……
元々、電子書籍の官能小説レーベルであるオシリス文庫で発表されていた作品らしい。
なるほど、妙に行為のシーンが詳細に描写されているわけだ!
まぁ、もっとも、ジュブナイルポルノなどの作品のように、行為ありきで物語が進むのはなく、ちゃんと物語的に意味がある、という点ではストーリーメインであるのは確か。まぁ、露出プレイとかしているけどな!
ともかく、物語としては、前半が麻友についての物語。そして、後半が克樹について、ということだろうか。
冒頭に書いたように、自分がなぜ、家出をしたのか、という点については口をつぐむ麻友。しかし、家事などをしてくれる麻友と流されるように関係を結ぶことになる。そして、その日常の中で見え隠れする麻友の抱えているものが判明し……。そこからが、この物語のメインなのかな?
どうしようもない家庭環境にいた麻友。そして、思い出すのが自分自身のこと。受験のため。そんな言い訳をして、自分の家庭における危機的状況について、見て見ぬ振りをしてきた。そして……。それまで、身体を重ねていた麻友。再び、それをしてしまうのは、同じような状況にある者同士が傷をなめ合っているだけ。そう思い、距離を置いていくのだが……
この辺りの関係性。ある意味の潔癖性とでもいうか(その前は、どーなんだ、というツッコミは禁止)、そういうものは色々と考えさせるものがある。そして、そんな克樹が気づくもの……
純粋に一般向け、とするのであれば、性描写などを薄くして、その分、克樹、麻友と、その家庭環境などに分量を入れるなどした方が、という感じがないではない。そういう意味で、元々が……と思う部分があったのは確か。ただ、それでも、ストーリー性として読ませる部分が十分にあるのは確かだ。

No.5017

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。