FC2ブログ

太平洋食堂

著者:柳広司



「目の前で苦しんでいる人から目を背けることは、どうしてもできん」 1904年、紀州・新宮に王冠のような看板を掲げた「太平洋食堂」が開店した。主人は、「ひげのドクトル」と地元の人々に愛される大石誠之助。アメリカやインド、シンガポールに留学をした経験を持つ大石は、やがて、幸徳秋水らとの交流を持ち……
大逆事件によって処刑された大石誠之助を描いた歴史小説。
……と書いておいて何だが、私自身は大石についてほとんど知らなかった。勿論、大逆事件そのものは知っているけど、「幸徳秋水らが天皇暗殺を企てた」として逮捕され、処刑された事件、という程度。高校時代は世界史だったし……
で、本作、歴史小説ということにはなっているのだが、大石を描きつつも、作中、著者による解説が入ったりするなど、その当時の情勢にタイムスリップする、というよりも、現代からの評価などを加えた形で描かれている。著者が以前に書いた『風神雷神』と物語の形としては同じであると言えよう。
てな感じで、物語の概要について綴ってみたのだけど、本書を読んでいて何よりも思うのは、大石という人物が実に魅力的な人物である、ということだろう。
海外に留学経験があり、社会主義を掲げていた人物、というと何か、頭でっかちのエリートとか、そういう印象になるのだが、本作の大石はさにあらず。医師として、地元の貧しい人々を無料で診察しつつ、その差別などに苛立ちを覚える。かといって、暴力的な革命などを目指すわけではなく、あくまでも目の前の問題の延長で社会の変革を訴える。同時に、人々に西洋料理の作り方を紹介する文章を書いたり、太平洋食堂で料理を振るったりもする(ただし、マナーなどにうるさくて閑古鳥が鳴く) とか、何か、思想家とか言いつつも、小うるさいとか、そういう印象とは異なって感じる。
ただ、その一方で、作中でも何度も言われるように、大石は徹底的なリアリストでもある。社会主義を掲げ、幸徳秋水ら、当時の知識人らと交流を持ちながら、その行動や言動、そして社会情勢を的確に見抜いていく。故に、その思想に賛同しつつも、危うさを感じたりもする。例えば、幸徳秋水の文章。名文家と言われる秋水の文章の巧みさに驚嘆しつつも、しかし、名文故に、それに心酔する若者に危うさを感じたりもする。そんな大石だからこそ、国から監視されても、決して大きな事件を起こそう、というような行動はとらなかったのだが……
勿論、大石の物語だから、という面もあるだろうし、読んでいて贔屓になっていくから、というのもあるだろうが、そんな大石が処刑された、ということについて当時の政府の恐ろしさ、というのを感じる。どう考えても、無理筋での強引なものだし、何よりも何もしていない彼が……と言う感じになる。
社会主義とは何か? そういう話も出てくるし、実際、暴力でとかは論外ともいえる。しかし、その一方で、何も表明できない、表明することで政府などにマークされてしまう、ということの恐ろしさ。それを感じさせる作品だった。

No.5438

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



七丁目まで空が象色

著者:似鳥鶏



マレーバク舎を新設することになった楓ヶ丘動物園。桃本らは、飼育方法などを学ぶため、山西市動物園へと研修に訪れる。そこで、桃本は従弟の誠一郎と再会したり、と思わぬことが起こるのだが、そんな中、動物園に異変が。鳴り響く爆竹の音。そして、その騒ぎの中、飼育している象が脱走してしまい……
シリーズ第5作。
前作から約2年ぶりか……というのがちょっと意外だった。
今回は、冒頭に書いたように、動物園から象が脱走してしまう、というところから。象、というと温厚な動物、という印象が浮かぶが、体重は5トン以上にもなり、何かの拍子に暴れたりすれば文字通り、人間には手のつけようもない巨大な生物。そんな象が街中へと脱走してしまった。しかも、麻酔銃について敏感で、それを察知して抵抗をする。そして、何か、目的をもって歩き回っているようにも思われる。その中でどうするのか……
中盤まではとにかく、脱走した象をどうするのか? ということメインにした展開が続く。何とか、飼育員である誠一郎が暴れないようになだめすかすことには成功するが、麻酔銃はダメで、動物園の方に戻すことも出来ない。その中で、本来の飼育員の一人が行方不明になっている、ということは明らかになったが、しかし、それらはとりあえず先のこと。このままいけば、警察らによって殺処分も……そんな緊迫感のある展開が続いていく。そんな中、アジアゾウであると思われていたについて、おかしなことに気づき……
ここからが急展開。アジアゾウであるはずの脱走した象。しかし、それが? いつの間にかすり替えられた? しかし、脱走した象をすり替えるなんてことが出来るのか? そもそも、象をすり替えてどうするのか? そんな疑問から始まり、物語の真相が思わぬ所へと行く様は圧巻。
今回は国家的な策謀とか、そういうものも関わってくるので、その点は流石に……と思える部分がないではない(ただし……と思う部分もあるのも事実だが) でも、そのきっかけとなった研究であるとか、そういうのは考えさせられる。確かに、そういう研究などが色々と世間を騒がせたこともあるし、そこで得られるものも多いのだろうけど、施設のプライドとか、そういうのが関わってくるとこれほど面倒くさいことはない、っていうのは強く思う。まして、そこで生み出された動物は……
序盤は、緊迫感のある展開でエンタメ性を高め、その上で、ちょっとだけ、ではあるが問題提起も。過去作品との共通点もありつつ、新たな切り口を見せてくれたな、と言う風に感じた。
ところで、あとがきの、物凄い方向で明後日の方向に行くドライブ館もすげぇ(笑)

No.5437

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:渡風夕



人体改造による異能力が跋扈し、犯罪こそが大衆のエンターテインメントとなった23世紀の日本。人々を熱狂させる「王」の称号を持つ「殺人王」フォルックは、敬愛する師の死体の行方を捜していた。そんな彼の前に、コールドスリープから目覚めた新米捜査官にして、21世紀人のヒナコが現れ……
なんか、物語に入り込みづらかったなぁ……
物語の鍵となるのは、21世紀の常識を持つヒナコと、殺人王・フォルックのやりとり。21世紀の常識である「人を殺してはいけない」というようなことで、フォルックを止めようとするヒナコだけど、殺人王として常に狙われる存在であるフォルックにとってはそれは自分、さらに周囲を危機に陥れるだけの行為。そんな中で対立しながら、「罠師」と呼ばれる犯罪者を追う。しかし、その中でも色々な勢力の思惑があって……というような感じで、バトルシーンを中心に綴られていく。
なのだけど、イマイチ、世界観に入り込めないというか……。人体改造によって異能力を持つ存在がいる、とか、天然は強い、とか、そういう情報は色々と出てくるのだけど、パッと世界観がこういうものだ、というのが出てこず、ヒナコの疑問とか、そういうところが出て1つ、また1つと明かされていくために読んでいるこちらもヒナコ同様、あ、これはこうなのだ……とだんだんと理解するような格好になっていく。しかも、「犯罪者」と「警察」の関係性とかそういうのも複雑であるがゆえにわかりづらい。ぶっちゃけ、そんな存在を取り締まる警察などがあるなら、まず取り締まれよ、って感じだし、なぜに英雄視される? とも思ってしまう(まぁ、人間はある程度の幸せが担保されているなら自分の意思を捨てて、システムの中で生きる方が楽だから、多くの人々は……っていうのがあるし、それは真理だとは思うけど)
世界観の要素とか、1つ1つのアイデアなどは面白かったがゆえに、ちょっと料理の仕方が……というような印象が残る。

No.5436

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:二宮敦人





「流されるままに生きればいい」 小さな診療所を開設した医師・桐子は患者の想いを受け入れ、治療をしない、という道があることを主張する。一方、大病院の副院長ながら、院長である父と対立し、閑職に追い込まれた福原は患者の「延命」を目指す。そんな二人の元へ、HIV感染者の恋人がそれぞれ訪れて……
というところからの連作長編。
上下2巻という構成ではあるのだけど、分量としては500頁くらい。そして、各章『とある〇〇の死』というタイトルで3編(2編目は上下巻にまたがる)という形なので、1冊でもよさそうな感じではあるのだが……
何と言うか……物語の核は、桐子と福原の2人。特に、福原の物語、という印象かな?
第1章『とあるチャラ男の死』は、HIVに感染してしまった恋人の物語。感染し、そのことを受け入れて病院へ行った美穂は福原により、適切な治療を受け、普通の社会生活を送れるようになっていく。一方、駿太はそれを受け入れらず、病院へ行くこともしない。その中で、感染している、という噂が広がり追い詰められていく。そんな中で、別に……と言いつつ、桐子の元を訪れるのだが……
この1編目で福原、桐子という両者の立ち位置が示される。そして、2編目、3編目は、福原の両親の話が描かれていき……。
癌に侵され、命の危機にある福原の母。重度のアレルギーを持ち、全てに絶望している桐子は、そんな彼女の姿に生きる、というのは何なのか、ということを学ぶ。その中で、福原の母が見せた一つの本音。それの意味するものは……。一方の3編目。福原の父が脳梗塞に倒れ、その影響で認知症になってしまう。父を憎んできた福原は、病院の実権を握るべく動き始める。そんな中、桐子を父の主治医に任命するが、父は、桐子に、自分の若かったころ、母との思い出を語って……
若い日に母を失い、父は仕事だけにかまけていた。そんな憎しみの対象であった父の本音。それを認められない福原。そんな中で、桐子が「救いたい」と言ったのは……。医師として限界とか、そういうものを知っている。しかも、父は憎き相手。そんな中でがんじがらめにされていく福原と、「患者の意思を」という桐子の真の意味。その対称性が上手く昇華された結末は非常に綺麗なものだった。
まぁ、その福原がなぜ、病院で閑職に追いやられたのか、とか、そういうところが序盤はよくわからないのでちょっと戸惑ったところはあったのだのだけど、読み終わっての読後感は良かった。

No.5434、5435

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

コープス・ハント

著者:下村敦史



「俺は“思い出の場所”に真犯人の遺体を隠してきた」 連続殺人犯として逮捕され、取り調べ、裁判でも沈黙を保ってきた浅沼聖悟は、死刑判決後に宣言する。浅沼の事件とされる主婦殺害事件を追い、浅沼の事件なのか、と疑念を抱いていた女性刑事・望美は一人、その事件を洗いなおすことに。一方、不登校の中学生・宗太は、動画配信仲間のにしやんに「遺体探しの旅」に誘われる……
ということで、物語としては、事件を追う望美。そして、遺体探しの旅に出る宗太の視点で綴られていく。
両者の視点での物語は大分、カラーが異なっている。
そもそも、自分の担当していた事件が浅沼の犯行とは思えなかった望美。彼女がマークしていたのは、素行の悪い大学生グループ。しかし、浅沼の逮捕で、それも彼の仕業とされてしまう。そんなときの浅沼の一言で、やはり……と確信した望美は一人で洗い直しを開始する。その中で、その学生グループの一人が失踪していることを知る。だが、浅沼の言う「約束の地」とは? 周囲の冷ややかな目をよそに、という態度。彼女が犯人と見る学生グループを挑発しながらの捜査。さらに、彼女に襲い掛かる存在……とハードボイルド作品的なカラーが強く出ている。
一方の宗太。家に引きこもり、動画配信をする中で、同じ配信者仲間のにしやんからの誘い。実は、引きこもりだ、ということが言えないままそこに参加するが、もう一人、不思議な雰囲気を持つ配信者・セイが加わる。人気配信者のにしやん。漫画やテレビすらロクにみていない、という堅物のセイとの旅に緊張感を抱くものの、目的地で出会った少女・花穂も加わることに。当初は緊張をしていたものの、次第に打ち解けいき、互いに自分の秘密を告白するような関係に。この辺り、作中でも名前が出てくる『スタンド・バイ・ミー』的な印象。ところが……
YouTubeとかでの配信などに関するアレコレ。現在、ユーチューバーとかで注目されている人もいるけど、その中での「炎上」とか、そういうのもある。そもそも、テレビとか以上に何でもアリなため、その行動などが……っていうのもある。でも、その裏に、とにかく注目され、金を、っていう人もいるかもしれない。誰だって、自分を大きく見せたい。秘密は隠したい、という気持ちを持っている。その辺の心理描写とかに共感が出来た。
正直なところ、最後までイマイチ、物語のキーパーソンたる浅沼については「よくわからなかった」っていう部分はあるのだけど、リーダビリティの高さとか、そういうのも含めて楽しめた作品であったのは確か。

No.5433

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:陸道烈夏



砂漠の国・チオウの最下層で暮らす少女・フウ。母を失った彼女は、ジャンク屋で買ったラジオから流れる音声を楽しみに日々を過ごす。そんなとき、いつも腹ペコで、フウを「お兄ちゃん」と慕う少女・カザクラと出会い……
第26回電撃小説大賞・銀賞受賞作。
最貧の場所で生まれ育ち、母は水が飲めずに死去。学校などで学ぶ、なんていうのは遠い世界の話。配給される金で、日々、必要な物資を買うだけで精いっぱい。それは確かに、ディストピアではある。あるんだけど、まず読んでいて思ったのは、そんな世界でも、カザクラや、拾った小鳥のピィとの生活。ラジオから得られる知識を楽しみに、という決して不幸とは言えない逞しさ、というのをフウたちに感じる花時だな。そして、フウは、そのラジオで得た知識を生かし、生きる術を見つけていく。
読み終えて、こうやって粗筋を書くと、結構、スラスラとネタバレ状態の文章になってしまうなぁ(苦笑)
ただ、この作品の世界観。そして、ラジオという小道具が良いアクセントになっている、というのを感じる。ラジオから流れてくる放送。世界にはチオウしか国は残っておらず、その電波の中の声は、遥か昔のもの。だから、その声の主に会うことは出来ない。けれども、そこで学ぶことは沢山ある。そんな関係性って、何かわかる気がする。ところが、カザクラの危機が訪れ、彼女を治すために東奔西走する中で、ラジオについての新たな事実を知り……
自分も昔、ラジオ番組に投稿とかしていたときがあった。勿論、そのラジオのパーソナリティは放送局のスタジオにいて、現在、生活をしていて……なんていうことはわかっている。でも、田舎にいた自分にとって、やっぱり住む世界が違う印象。そして、ラジオ投稿とかをしても、なかなか採用されたりすることもなくて、ハガキ、届いているのかな? なんていうのも思ったこともあった。けれども、それが初めて採用されたとき、なんか、その世界を繋がったように感じたのを思い出した。なんか、この終盤の展開って、そのときの感覚に近いものがある様に思う。
でも、この雰囲気、好きだな。

No.5432

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

Iの悲劇

著者:米澤穂信



町村合併によって生まれた広大な土地を持つ南はかま市。6年前に住民が誰もいなくなった蓑石地区を復活させるべくIターン支援プロジェクトが開始された。そのプロジェクトを担当する「甦り課」に配属された万願寺は、さばけた後輩の観山、課長の西野と共に仕事に取り組むのだが、そこでは一癖のある移住者と、そこで起こる「謎」と対峙することとなって……
物語は、連作短編形式で進んでいく。
一言でいうと、よくもまぁ、こんな面倒な連中ばかり揃ったものだ、と言う感じだろうか?
例えば1編目『軽い雨』。移住の最初のケースとなった二世帯。その片方の家から、大音量で音楽を流していて困る、というクレームが。そんなクレームに対処する中、小火騒ぎが起こって……。火の不始末ということで片づけられたが、しかし、どうしてその小火が起きたのか? 謎自体は小粒だけど、田舎だからと趣味に没頭できる、ということの落とし穴が出ている。
また、第2勝『浅い池』では、鯉の養殖を始めた家で、その鯉の稚魚が消えてしまう、という事件が。家人は誰かに盗まれたのでは? と疑っているが……。これについては、正直、なぜそんなこともわからない? という感じが……。ただ、これも、田舎に夢を見て、現実を顧みることが出来ない、というようなありがちな事例を(極端に)描いた話なのかもしれない。
その後も、次々とトラブルが発生しては減っていく蓑石地区の移住者たち。実は、その背景に……
人のいなくなった地域を再生させる。確かに、言葉としては非常に美しいし、成功させたい、という気持ちもあるはず。けれども、実際には……。それこそ、昨年(2019年)秋の、台風15号で千葉県の特に南部は大きな被害を被ったわけだけど、その原因の一つが、山間部に小さな集落が多数ある、というような状況で、道路とか電気と言ったようなインフラの復旧がなかなか進まなかったことにある。まして、本作の舞台である南はかま市は、東北地方という設定。冬場になれば、降雪がありその除雪などをどうするのか? 就学児がいた場合、その通学の足はどうするのか? 限られた予算の中でそこだけに手を広げるわけにも……。そんな地方都市の現実、というのを突き付けられる。
各編は、短編のミステリなのだけど、それを総合することで、そんな社会派ミステリへと昇華した作品であるように感じた。

No.5431

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

オカシナ記念病院

著者:久坂部羊



離島での医療を学ぶため、意気込んで「岡品記念病院」へとやってきた研修医の新見一良。最新鋭の設備が揃った病院での研修を期待していた一良だったが、医師や看護師はやる気がなく、薬の処方は患者の言いなり、大きな疾患が疑われても、本人が望むこと以上はしようとはせずに……
著者の最近の作品って、「医療には限界があるのだ」というメッセージを主にしたような作品か、医療現場のアレコレを題材にしたブラックジョークのような作品。本作は、タイトル、さらに登場人物の名前などから(例えば、宇勝なるみ(うかつなるみ))後者と思っていたのだけど、どちらかと言うと前者の印象が強い。
物語としては、一良が、病院の面々に苛立ち、ちゃんとした医療を、と様々な方策を取るけれども……という形で進んでいく。
ある意味では、著者の作品を追っている身としては既にお馴染みのテーマであるのだけど、「最も良い医療とは何か?」ということについての問題提起であると思う。
例えば、高血圧とか、糖尿病であるとかと言った生活習慣病ともいえる疾患。健康診断とかをしていれば、「これは問題です!」と医師に叱られ、その原因となるような行動と慎むように指導をされる。けれども、その患者にとって、それは必要とされているのだろうか? 勿論、それを聞いて、もっと長生きをしたいから、と改めるというのも一つの手ではある。でも、そんなに長生きをしたいわけでもないし、そういう習慣を生きがい、としている人にとっては? まぁ、生活習慣病ならそうだけど、例えば、それが癌などのときは? 手術をすれば。抗がん剤治療をすれば。そういう風に言う。しかし、著者の作品で何度も綴られるように医療には限界がある。徹底的な治療を……とした結果、一命は取り止めたかもしれない。けれども、ただ自分の意思で何かをすることも出来ず、ただ、機械頼みで「生かされているだけ」という状況になることだってある。それは果たして、正しいことなのだろうか?
そんな問いかけがあるわけだけど、この作品の特徴として顕著なのは「受け入れる側の覚悟」とでもいうべき部分じゃないかと思う。
作品の舞台となる島の人々。彼らに共通するのは、リスクは承知していて、その上で、それで死ぬなら仕方がない、という一種の覚悟。QOL(クオリティオブライフ)を下げたくない、でも、死にたくない。そういう存在ではない、ということ。その覚悟があってこその、この病院というのを思うわけである。作中では、当たり前のように、その覚悟(?)を持った人々が出てくるのだけどそれ自体が大きな問題である、というのも言えるだろう。そういう意味では、医療を提供する側だけでなく、受ける側の問題も提起しているのではないか、と思う。
まぁ、そうは言っても……っていうのもある。また、確かに、この病院でのアレコレは「おかしな」モノでもある。そういう意味では、タイトルは間違っていないと思うし、それがベストとも思えない。そういうのも含めて、著者のメッセージ性をメインにした作品だな、と言うのを思う。

No.5430

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

豚のレバーは加熱しろ

著者:逆井卓馬



豚のレバーを生で食べ、意識を失った俺は異世界に転生した……豚として。豚小屋で俺を助けてくれたのは、人の心を読み取ることが出来る、という少女・ジェス。豚の目線なら……そんな欲望ダダ洩れながら、そんな俺を受け入れてくれるジェス。イェスマという彼女は、16歳になると、王都へと向かわねばならない、という。俺は、ジェスに同行することにするのだが……
第26回電撃小説大賞・金賞受賞作。
これ、面白いわ。
冒頭に書いたように、異世界に豚として転生した主人公ってのは、いかにも、「なろう」系的な展開。ただ、チート能力があるのか、と言えばそうではなく、ジェスと会話……というか、意思疎通が出来る、というわけでただの豚。でも、そのジェスは、(多少、引き気味ながらも)主人公に優しく接し、受け入れてくれる天使のような存在。だからこそ、ジェスの旅に同行することにするのだが……
主人公とジェスのやりとり自体は、心地よいものではある。あるんだけど、その旅やら、イェスマの存在に関しては常に不穏な空気が漂う。旅立ちの前から、主人公が感じるのはイェスマに対する差別などの世相。そして、旅を続ける中で明らかになっていく、イェスマの過酷な運命。何しろ、16歳になったら、王都へと旅立たねばならない。しかし、旅立ったら、それを狩り、殺すことも構わない、という。というか、むしろ奨励されていたりもする。また、王都へ旅立とうとしない者への制裁もあるらしい。そんな過酷な旅に出ることになって……
主人公、ジェス、さらにジェスを守ろうとするノット……。実際、バトルとかもあるけど、それぞれの面々は心強く、好感の持てる面々。だからこそ、背景となる世界観の陰惨さとのギャップが気になって、次へ……と言う感じになった。
ちゃんと、その辺りの伏線などもしっかりと回収され、でも、これで終わりなのか? という旅の終着点。一応、これで完結したしなぁ……と思ったら、のエピローグ。色々な意味で笑わせてもらった。もし、これで続くのなら……その後、どうなるんだろう? それはそれで気になる。

No.5429

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

#柚莉愛とかくれんぼ

著者;真下みこと



アイドルグループ「となりの☆Sister」。そのセンター・青山柚莉亜が動画の中で血を吐いて倒れた。そして、UPされる「#柚莉愛とかくれんぼ」というハッシュタグ。SNSでは、その動画が話題になって……
第61回メフィスト賞受賞作。
物語は、その事件の当事者である柚莉亜と、そんな彼女を「推し」にする「僕」の視点で展開する。
個人的に、アイドルとか特に興味がない人間で、せいぜい、アニメなどのアイドルモノとかの話しくらいしか知らないのだけど、それでも、売れないアイドルの過酷さ、みたいなものは耳にしたことがある。一応、大手プロダクションには所属しているものの、プロデューサーら運営のやる気は皆無。しかも、その運営のやり方に口をはさむことは出来ない柚莉愛。だからこそ、「こうすれば!」というプロデューサーの方針に従い、動画を撮影するのだが、それはファン達の怒りを買ってしまう。そんな中での針の筵状態での苦悩はよく伝わる。
一方の「僕」。柚莉愛を推し、と言っているが、じゃあ、素直に応援しているのか? と言えばそうではなく、SNS上での賞賛も批判も、常に一歩引いた目で見ている。そして、例の動画を目の当たりにし、柚莉愛を貶めるような形の行動へと動いていく。はっきり言って、かなりひねくれた存在(笑) まぁ、でも、自分自身も、そこまで入れ込まないにせよ、なんだかなぁ……という感情はあるだろう。積極的に動くかどうかは別にして。そして、そんな両者の行動が行きついた先は……
終盤でのひっくり返しとか、そういうのはあるんだけど……どうにも物語として中途半端な印象は否めないかな?
というのも、そもそも、柚莉愛たちが、売れないアイドルである、というのはわかるにせよ、これまでの活動とか、そういうのがよくわからない形で始まって、しかも、その事件が……となるので何か置いてけぼり感を感じるし、何よりもラストシーンが……。後味が悪い、っていうよりも、ここで終わっちゃうの? という感じで……
SNSでの、情報の拡散。その中での、様々な人物の、様々なエゴとか、そういうものを切り取った、という点でのリアリティは確かにあるのだけど、単純に物語としては何か消化不良、という感じがどうしても残った。

No.5428

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。