FC2ブログ

傲慢と善良

著者:辻村深月



婚約者の真実が失踪した。2か月前、ストーカーに追われている、という訴えから始まった同棲生活。警察にも、そのことを訴える架だったが、警察は相手にしてくれない。架は、自ら、真実を探すことにするのだが、そこで、真美の過去に向き合うことになり……
著者の作品って、友人関係、家族関係とか、そういうものに関する暗い面。逃れがたい作品、というのを題材にしたものが結構、多い印象なのだけど、本作もその系統に入る作品と言って良いと思う。そして、その中で描かれるは、親の支配。そして、「良い子」とは? と言ったところだろうか。
物語は、現在の架が、真実を探すにあたって、彼女について知る人々に話を聞く。そして、架自身が、それまでのことなどを思い出して……という形で展開していく。その中で描かれていく、真実のこれまでの日々。
親の言うことを聞く真面目な子。そんな印象で描かれる真実。しかし、それは言い換えれば、自分がなく、何もできない、ということ。親は、何でも先回りして、こうしろ、と指示。学生時代は、とにかく真面目に、恋愛だとか、そういうものはするな! というのに、社会人になれば途端に全く逆に……。さらに、その相手とか、そういうものについても、自分自身が……という以前に色々な雑音が……
これ、架自身もそう感じるように、そんなのは無理だ、という風にも思える。
これ、多分、刺さる人には無茶苦茶に刺さるんじゃないだろうか。親の干渉というか、何をするにしてもまず、周囲の評価というものがついてまわる。従えば従うほどに乖離していく、自身の望みとの違い。自分を侮る親の言葉。こちらからすれば、「そっちが望んだのではないか」という想い。そういうのを乗り越えてこそ、自立だ、と言えばそうなのかもしれない。でも、田舎育ちだったりすると、親だけじゃなく、社会そのものも、そういうプレッシャーをかけてくる、というのも事実で……。その追い込まれる状況って、自分には物凄く身近に感じられた。
まぁ、そういうキツい状況があるだけに、終盤の終わり方は、そんなにすぐに変われるものか? という部分があったりするので、ちょっと拍子抜け、という感じはするのだけど……

No.5260

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

スポンサーサイト



著者:有澤有



「勇者殺しはどこだぁ!」 ベルカ帝国が誇る無敵の異能兵士「帝国の勇者」が反乱軍に殺害された。事態を重視した帝国は、勇者カイムを報復のために派遣する。しかし、カイムの前に現れたのは、死んだはずの勇者で、カイムの想い人でもあるシオンそっくりで……
第11回GA文庫大賞・奨励賞受賞作。
正直なところ……読み始めてしばらくは、物凄く読みづらい、と感じた。いや、文章力が、とか、そういうことではなく、序盤、いきなり多くのキャラクターが登場し、入り乱れての戦いが開始。序盤に関しては、作品の世界情勢とか、そういうのがよくわからないままで始まったため、ちょっと混乱した部分がある。
ということで、そこを整理すると……。まず、帝国は、ハルダート王国という国と戦争をしていた。しかし、ハルダートは敗北。和議の為、王女エリーゼは、和平交渉へと向かっていた。その護衛と、勇者殺しの捜索を任されていたのが勇者カイム。そんなカイムたちの前に現れ、自分がいれば勝てる、とエリーゼ奪還を始めたのが、殺されたはずのシオンそっくりの「勇者殺し」レオン、という構図。
この構図がわかってから、一気に物語に入り込めたし、面白くなっていった。
エリーゼを守り、仲間たちと逸れてしまったカムイ。本来、エリーゼの護衛という任があるカイムだったが、レオンを追うことを優先しようとする。その一方で、エリーゼは、さらなる戦いを望んでおらず、ならば、カイムに自分をエサにすればよい、と持ち掛けて……と続いていく。
物語の見どころという点では、やはりカイムのシオンへの思いの強さ、だろう。
帝国の勇者として活動をしているカイム。しかし、彼の心に帝国への忠誠というのがあるわけではない。極貧の幼少期を過ごし、家族となったシオン。そのシオンと生活をする上で、給金が良かったから仕えているに過ぎない。その心にあるのは、シオンだけ。だかこそ、エリーゼの護衛など…….そんなカイムの前に立ちはだかるレオン。300年前、人々を守るために現れた「真の」勇者。しかし、人々の策略により葬られた存在でもある。だからこそ、人間の間での争いのために、その力を人為的に植え付けられた「まがいもの」の勇者を憎み……
異能バトルが主ではある。でも、その中に、世界観とか、そういうものをしっかりと落とし込んで、かつ、登場人物を絞り込んで、カイム、レオンのぶつかり合いに絞ったのは熱く、面白かった。先に書いたように、序盤が、ちょっと分かりづらいのだけど、読んでほしいな、と思う。

No.5259

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

ペンギンを愛した容疑者

著者:大倉崇裕



シリーズ第3作となる短編集。全4編を収録。
これまでの話は、容疑者=犯人、という構図で物語が進んでいたのだけど、今回は文字通りの「容疑者」、つまりクロとは思われているけれども……という話が多い。
例えば2編目の『ヤギを愛した容疑者』。中学校の教頭が殺害された。教頭は、学校で行われていたヤギとの交流授業を中止させようとしており、交流教室の主催者と対立していた。そして、その主催者は、現在、意識不明の状態にあって……
容疑者となった津浜は、ヤギの世話をしっかりとしており、その生態などにも詳しかった。その中で、交流教室も、しっかりとした形で行われていた。なのに、なぜ、教頭は、それを中止しようとしていたのか? アレルギーとか、小さな怪我をする事例も確かにあった。しかし、最大のきっかけとなったのは、ある事件……
須藤じゃないけど、ヤギと言えば……というある固定概念。そこから、ヤギを飼育していた津浜が見抜いたこと。そこから……。真犯人との決着の部分は、かなりの力技なのだけど、ヤギの世話の様子。交流教室の中止に至った経緯。そういうものを積み重ねていって、さらにヤギの生態などを鑑みて真相に至る過程が丁寧で、読み応えのある一編になっている。
物語の捻り方、という意味では、3編目の『サルを愛した容疑者』。キツネザルを飼っている青年の家で、その青年の元恋人が殺害された。警察は、青年を容疑者として逮捕した。そのサルの世話をするために訪れた須藤と薄が見たものは……
こちらも、最初は、青年が犯人? というところから、しかし、女性の遺体を巡ってのアレコレで話が二転三転。一旦は、一種の事故である、という形に落ち着いたと思ったら……。先の2編が、物語として一種のパターンとなっているからこその読者の思い込み、とか、そういうのもあり、各エピソードの順番というのも上手くハマっている話であると感じる。
1作目、2作目辺りでは、漢字の誤変換的なボケをかます薄とかに、結構、しつこいと感じた部分もあったのだけど、須藤の側も、その御し方とかを覚えたようで、今回は、その辺りの塩梅も丁度良くなってきたように感じる。また、薄も、すこしは自制心がでた、というか……(笑) 話的にも、短編の方がスピーディ感があって読みやすいし、これまでのシリーズの中で、3作目の本作が一番、素直に楽しめたように思う。

No.5258

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

伊勢佐木町探偵ブルース

著者:東川篤哉



横浜の老舗商店街・伊勢佐木町に事務所を構える探偵・葛城圭一。時代遅れなスカジャンをあいようする舎弟の真琴と共に活動をしている。そんな圭一の母が再婚したことで、伊勢佐木署のエリート刑事・脩が義弟になってしまって……
という連作短編集。全4編を収録。
一応、お約束なので、言わせて……
また、短編集か!
また、新シリーズ(?)か!
と書いてみたのだけど、今までの著者の作品と比べると、ギャグは薄目。舎弟である真琴の存在とかは、色々とツッコミどころはあるのだけど、あくまでも圭一はツッコミ役で、主人公も含めて奇行をしたり、というようなことはほぼない。そんな中で、事件が起こり、義弟となった脩と何だかんだとバッティング。その情報なども併せて、謎を解く、というのが本作のパターン。
今回の作品集については、最新のテクノロジー、っていのがテーマなのかな? と……
例えば1編目。女性から飼い猫の捜索を依頼されていた圭一。残念ながら、その猫は、交通事故で死亡してしまったようだ。そんな報告をしたが、その女性は直後に失踪。そんな依頼人の家の近所では、窃盗事件、殺人事件が起きていて、依頼人は、ある男を探していた。その男は、殺人の容疑者としてマークされていて……。なぜ、依頼人は男を探していたのか? 接点は? それをあるものが繋ぐのだけど、いかにも昨今だから、という感じがする。
話として好きなのは、3編目『家出の代償』。家出した少年を探していた圭一。ところが、少年が家出をした夜、その祖父が何者かに殺害された。しかも、少年は、その家で直後に祖父の家へと行っていた。自分は犯人ではない、という少年。少年を追う何者か? その理由は? こちらも、ある病と道具というのが鍵になっている。犯人の正体とかは、それがわかれば、ということで、そこの謎解き要素は薄いのだけど狙われる少年を守ろうとしての攻防とかの緊張感があり、十分に満足できた。
3編目の感想にも書いた通り、テクノロジーを題材にしても、それですべて解決はできない。けれども、最初から容疑者が絞られているとか、1つの突破口が見つかることで謎が解けるようにうまく設定されているし、強引さ、というようなものは感じない。上手く、設定が練りこまれた結果ではないかと思う。
もうちょっと圭一と脩の関係性とかに掘り下げがあっても良かった気はするが、読んでいて面白かった。

No.5257

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:冬月いろり



魔王を倒し、平和を取り戻したはずの最果て図書館。ところが、事件は突如起こった。館長・ウォレスが役目を終えたはずのケルベロスの間を訪れると、そこにいたのは剣で身体を貫かれ、磔状態にされた美女・ヒルデが……。彼女は、「湖底の博物館」から逃げてきた、と言い……
シリーズ第2作。
前作は、鏡を通して、遠く離れたところにいるルチアと、ウォレスがやりとりをして……というようなアレコレと、そこから翻ってのウォレス自身の問題へ……。緩い、というか、日常のエピソードからだんだんとシリアスへ、という感じだったのだけど、今回はいきなりシリアスな方向から開始。
何しろ、磔状態の女性が現れて……だからね。しかも、逃げて聞いた「湖底の博物館」の館長・マリーアンジュは心を病んでいて、全てを自分のものにしたい、という願望を描いている。ヒルデを助けたいが、しかし……。そんなときに図書館に訪れたトレジャーハンターのロットが訪れ、博物館へ向かうのだが、そのまま……
前作、魔王を倒し、ウォレス自身が自分の意思で、っていうのがテーマだったわけだけど、今回はその成果もあってかなり積極的に物語にあたっている印象。まぁ、勿論、博物館側が、図書館を自分のものに……なんていう危機もあるわけだけど。それでも、前作を見ていると、大分印象が変わる。
その中で、物語の主題となるのは、ヒルデとマリーアンジュの関係。全てを手に入れたい、というマリーと、元々、博物館を作ったヒルデ。そして、館長は幼いマリーアンジュへと移ったわけだが……。互いが胸に抱えているものがあり、それが錯綜する中でこじれに拗れて……。そんな悲劇的な関係性と、それを上手く解きほぐしての完結は、前作同様、ほっとする部分があって良かった。個人的に、バトルシーンとかは、そこまでいらないと思っているのだけど、前作同様、話自体が綺麗にまとまっていて、読後感は良い。

No.5256

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:小路幸也



一進一退を続けるボンの容態に落ち着かない日々を送る堀田家。そんな中、研人の後輩で、写真好きな少年・水上が、不審な男に尾行されていて……(『秋』) など、堀田家の四季折々の事件を描いた短編集。シリーズ第14作。
正直なところ、各編、ミステリ仕立てになっているんだけど、各エピソードの謎そのものは結構、有耶無耶の中で終わっている。例えば、1編目、水上くんが、何者かに尾行されている。その前には、年上の少年たちにカメラを奪われそうになったことも。それはいったい、何なのか? 一応、水上くんが尾行されていた理由。カメラを狙われていた理由、っていうのは明らかになっている。なっているのだけど……では、水上くんがしてしまったものの正体は……「お知らせできません」で終わってしまうので……
そういう意味では、わかってはいるんだけど、堀田家に関わる面々のアレコレ。生き死にも含めて、っていうのを楽しむべき、というのを思う。明言はしていないけれども、半ば、女優業を引退している池沢百合江の、芸能界への別れ。我南人のバンドのドラマー、ボンさんの死。現在は、堀田家で暮らしている元女医・かずみの異変……。そういうものが今回も積み重なっていく。
その中で、いちばん、印象的なのは、かずみの異変、だと思う。
戦後間もないころ、戦災孤児として堀田家で預かってもらっていたかずみ。年を取り、再び堀田家に住むようになった彼女だが、最近は、ぶつぶつと何かを呟いていたり、ちょっとしたことでのミスも。彼女はいったい、どうしてしまったのか? かずみ自身が言っているように、ある意味で、年齢を重ねれば仕方がないところがある。それは、医者であった自身が一番、よくわかっている。だから……。でも、そういう覚悟はできていても、どうしても捨てられないものも。それを堀田家の女性たちに、後始末を頼んで……
ある意味では、過去篇である『マイ・ブルー・ヘブン』の後始末的な部分でもあるんだけど、想っている人がいる。でも、その言葉を表に出すことは出来ない。だって、その相手も好きだから。それを50年以上も抱えて生きていたかずみの心情。その切なさ、というのが最後の最後にすごく記憶に残る。

No.5255

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:青柳碧人



事件と聞くと興奮する推理好き一家の猫河原家。そんなヘンテコな一家から離れたいと願う末っ子の友紀。彼女の元へ入ったのは、ハワイ留学の話。ベンチャー企業が留学支援会社と提携したその募集に合格すると、費用は全額、会社もちで留学できるという。無理だと思いつつ、説明会へと向かった友紀だったが……
から始まる連作長編。シリーズ第2作。
前作で、推理そのものというよりも、キャラクター小説として楽しむべき作品だろうな、ということを理解したので、そのつもりで読んだら、まさしくその通りという感じで、今回は前作よりも素直に楽しめたように思う。
冒頭の粗筋で書いたのが、第1話。友紀がベンチャー企業へと行ったところ、その企業の人びとは所謂「意識高い系」の人びとばかり。何でもかんでも横文字にしたがり、自分磨きだ、自分磨きだ、ばかり。うん、友紀じゃないけど、鬱陶しい!(笑) そんな会社で殺人事件が起こり、しかも、社員らが書いている匿名掲示板では……。最初から最後まで、「鬱陶しい」がネタの話に笑った。トリックとか、そういうのはちょっと無理があるけど。
で、そのキャラクター小説っぷりが大いに発揮されたのが、3話、4話のハワイの話かな? 短期間の留学とはいえ、ハワイへと来た友紀。しかし、授業には全くついていけない。そんな現地の学校で知り合ったのが、龍一。口は悪いが、何だかんだと面倒見がよく、家族との折り合いが悪い。そんな龍一と共に行動をすることになった中、殺人事件が発生。しかも、現場には龍一の使っている限定モデルのサングラスが落ちていて……。龍一は、犯人じゃない、と友紀は、龍一と共に逃亡しながら犯人を探ることになって……
謎解きがメインではあるんだけど、友紀の、龍一に対するほのかな想いとか、信頼とか、そういう部分が主になってのアレコレが楽しかった。結局、物語が終わる時には……であるとしても。
……と、ここまで書いてきて、ふと気づいたのは、前作よりもすんなりと楽しめたのは、キャラクター小説として読んだから、というのもあるのだけど、同時に、前作のような家族捜査会議とでも言うような推理合戦(?)が少なめなのも大きい気がした。なぜか家族も同行はしているのだけど、前作のように、事件が起こると全員が名推理(迷推理?)を披露しあって……っていうのが少ない分、冗長さみたいなのを感じなかった、というのも大きいような気がする。

No.5254

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:井中だちま



「私たちは、あなたたちに最終決戦を申し込むわ!」 冥母ハハーデスを破った真人たち。そんな真人に、リベーレ四天王は宣言をする。いよいよ最終決戦! ……かと思いきや、決戦方法を決めず真人パーティに馴染み始める始末。そんな中、クリスマスイベントが発動され……
あれ? 完結するのかな? と思いきやまだ続くのか……
冒頭に書いたように、今回はクリスマスイベント。そのイベントとして、なぜか四天王の三人と、真人が赤ん坊になって、真々子や、HAHAKOらに育てられる、という話。そんな中、魔神モーネが暴走を始めて……
赤ん坊になった、とはいえ、意識そのものは現在の状況で持っている(ただし、自分の意見とかを表明する手立てがない)っていうところで、ワイズら、女性陣の前で裸に向かれてみたり、はたまた食事と称して真々子から授乳プレイ(本当の胸で)だったりとか、どんな羞恥プレイだ! 意識も赤ん坊のそれになっていれば、まぁ、救いもあるんだろうけど、中身は高校生のままでって殆ど嫌がらせ……
で、真人は当然、真々子が育てるわけだけど、四天王の3人は、というと、真々子のコピー的存在であるHAHAKOが……
ハハーデスが、なぜ、世界の崩壊を企む側になったのか? そういうのは、前巻で描かれていたけど、四天王の中の3人については考えてみれば描かれていなかった。それが描かれた巻、ということになるわけだけど、四天王って、そもそもNPCだったの?(笑) まず、そこが衝撃。そして、その四天王が作られた目的と、ハハーデス自身の暴走の結果……。そういうのを鑑みると、何か納得できるところではある。まぁ、白瀬さんも言ってるけど、すっげー公私混同だけど。
そんな四天王だからこそ、必要なのは……。以前、天下一母道会のエピソードの中での、真々子とHAHAKOの対決にあったものを上手く回収してきた、っていうのも好印象ではある。そういう意味では、全てが丸く収まったわけで、これで完結、と思いきや……
続くのか……
……まあ、あとはラスボス倒して、ゲームをクリアさせないといけないのかな?

No.5253

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:早坂吝



人工知能探偵・相以の推理力に大敗を喫した以相。復讐に燃える彼女は、人間の知能を増幅させ、完璧な共犯者を作り、相以へと挑戦状をたたきつける。ゴムボートで漂着した死体。密室で殺された漁協長。首相公邸での密室殺人。それらは、以相の仕掛けたトリックの導火線で……
シリーズ第2作。
前作は、どちらかというと、AIについての解説本みたいな印象も残ったのだけど(例えば、フレーム問題とか、そういう部分の解説などの方が印象に残った)、本作は、長編と言うこともあり、そういう部分は薄れた印象。それだけ、AIである相以、以相が成長した、ということもあるのかな?
とにかく、物語の舞台は非常に広大。何しろ、韓国、対馬、壱岐、東京と、非常に広い範囲で起こる殺人。しかし、その関係者は、前作にも大いに関わった右龍総理と、その息子たち。そういう意味では、舞台は幅広いのに、なんか、凄く狭い範囲の事件という妙な設定。それが、この作品の特徴であり、著者の匙加減と言ったところなのかな?
ぶっちゃけ……
相以、以相の対決というよりも、右龍家の話の方が印象に残ったり。女性総理となった、右龍総理。その息子である三つ子には、それぞれ、行政、司法、立法という名が与えられ、それぞれが、その道に進むように競い合って育てられた。しかし、その中で……。ある意味ではスパルタ。でも、その中で培われた劣等感と、母に対する想い。作中でも色々と酷い言われようをしているのだけど、そういうのが絶対に出来るよね。そして、それを拗らせた結果の結末……。舞台を広げたことによるアリバイトリックは十分に考えられているのだけど、それよりも、その人物のキャラクターが前作より強化された結果という結末ばかりが印象に残った。

No.5252

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。

著者:浅岡旭



極貧の天真が始めた三姉妹との仮夫婦の仕事。変態的な性癖を持つ三人に振り回されながらも、何とかそれを隠してきたのだが、そんな4人の住む屋敷に、三姉妹の父から指令により、メイドの天園愛佳が派遣されてくる。その目的は、生活の様子を視察すること。しかし、三姉妹と来たら……
ということで、監視がついた中での生活が開始。せめて、監視役の愛佳がいる間は、おとなしく……と思う天真の願いもむなしく、何だ神田言って、その変態性癖でアレコレを起こしていく三姉妹。それは、何とか抑えよう、という天真の試みに反し、むしろ、悪化しているような状況。そんな中、三姉妹&天真&愛佳で旅行に行くことになって……
基本的には、三姉妹が、監視役である愛佳の目を掻い潜って変態行為をはじめ、それを天真が隠そうとする、というドタバタが続く、という形で、1巻と同じような形。一応、物語としては、三姉妹の末娘・花鈴の話ってことになるんだろうな。
三姉妹の中でも、一番、自分に自信がない存在。そんな劣等感を抱えている時に、ふと、裸になったときの解放感がたまらなくなった。そして、そんな妄想などを綴ったエロマンガをネットにUPしたら好評を博し、自分の存在意義を見出すことが出来た。しかし、その自分の描いた漫画を姉妹たちに見つかってしまって……。その場は、天真が取り繕ってくれたものの、そのショックは大きくて……
この辺りの流れとかは、ある意味、お約束とは言える。まぁ、性癖とかって、無理矢理抑えられるものじゃないからね。心理学じゃないけど、何かを抑圧をすると、他に影響が……。それはそれで問題になってしまう。それをわかっているからこそ天真は……。
……結局、何も解決していない気がしないでもない結末ではあるが……。ただ、ラブコメ方面でいえば、次女・月乃に続いて、って感じなのかな? そういう部分でも、定番のラブコメ色が強まってきた気はする。
ところで、愛佳さんは、変態性癖を持っていないんですか? かなりのヘッポコで、ちょっとSっ気は感じたけど、変態行為には走らなかったからなぁ。あくまでも、三姉妹だけ、に絞るのかな?

No.5251

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事は、「新・たこの感想文」に掲載するために作成したものです。
他のブログなどに、全文を転載することは許可しておりません。
「新・たこの感想文」以外で全文を転載したブログ等がありましたら、それは著作権を侵害した違法なものとなります。