FC2ブログ

(書評)きのうの世界

著者:恩田陸

きのうの世界きのうの世界
(2008/09/04)
恩田 陸

商品詳細を見る


3つの塔と、水路の広がる田舎町。その奥地にある丘陵地を目指し、あなたは歩く。丘陵地へと続く水無月橋で死んだ男のことを調べるために。男はなぜ死んだのか? 男は何をしていたのか? 町の秘密とは?
なんか、これは「ミステリ」として売るべきものなのだろうか? いや、自分でも、冒頭に、こんな感じで物語が始まります、ということで書くと、ミステリ小説のようになってしまうし、作中もそんな形ではある。でも、終わってみると、ミステリとか、そういう既存のジャンルを超えた作品のように感じる。
他の作品にも通じることだけど、とにかく恩田さんの作品は、世界観の構築が上手い。3つの塔がたち(しかし、一本は焼失している)、水路に囲まれた町。男が殺された丘陵地は隣の市の飛び地…なんていう町の立地条件。そこを決まった時間に散歩する双子の老婆に、瞬間記憶能力を持っていた殺された男。焚き火が趣味の少年が、しばしば出会う「焚き火の神様」…と、舞台設定も、人間も決して現実離れしていない範囲だけど、限りなく現実離れしている、そんな設定にするすると惹かれた。
そして、その作品の世界観を上手く物語に昇華している、というのも感じる。恩田さんの作品の場合、しばしば、「それで終わり?」みたいな、そんなオチになることも多いのだけど、それぞれの中の設定で作り上げた物語を積み重ね、そして、壮大なる町の秘密へとつなげ、一つの結末へと結びつける。3本の塔も、水路も、男が探したものも、猫も…それぞれに回収され、でも、回収されないいくつかについて、こういう解釈が出来るのではないか? という余韻を残す。しっかりとした回収部分と回収されないところの組み合わせ方がかなり好き。
と、同時に面白いなと思ったのは、主人公の一人とも言うべき「あなた」の存在。冒頭にも書いたように、当初は「あなた」と表記された主人公が、展開に従い「個人」としての人格が生まれてくる。その一方で、世界そのものへと変化していくもう一つの物語。収束する物語と拡散する物語、というものの対比がされていく辺りにも面白さを感じた。
ただ、純粋にミステリとしてみれば、かなりのトンデモミステリとも言える。でも、そういう風に見るべき作品ではないのだろう。
少なくとも、私はかなり好き。

No.1875

にほんブログ村 本ブログへ




http://blog.livedoor.jp/naepon0808/archives/51309484.html
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/blog-entry-787.html
http://red.ap.teacup.com/applet/jyublog/4305/trackback
スポンサーサイト



COMMENT 6

苗坊  2009, 11. 03 [Tue] 21:13

こんばんわ。TBさせていただきました。
面白かったですね。私も好きです。
ミステリなんですけど、その言葉よりももっと深い気がします。
いろんな出来事が交錯してひとつに繋がるあのストーリー展開は流石恩田さんですよね。
この世界観に引き込まれました。
この作品は、最後まで満足でした。

Edit | Reply | 

そら  2009, 11. 03 [Tue] 22:29

おっ!やった♪
珍しく(!)私のほうが先にコメント書ける\(^o^)/

この作品、

>純粋にミステリとしてみれば、かなりのトンデモミステリとも言える。でも、そういう風に見るべき作品ではないのだろう。

私もそう思います。
そして、私もかなり好き♪

たこやきさんおっしゃるとおり、
「するすると惹かれ」ました(*^_^*)

Edit | Reply | 

きりり  2009, 11. 04 [Wed] 02:25

あ~かなり好きですか~ まさに恩田陸ですよね 私はユージにアを読んでた時のような薄気味悪さを感じて、沸々と読んでしまいました
最後の謎解きは反則です(笑)でも恩田陸だし

Edit | Reply | 

たこやき  2009, 11. 04 [Wed] 21:31

苗坊さんへ

こんばんは。
形としては、ミステリなんでしょうけど、世界観の構築だとか、そういうところに恩田さんの発想力がすごく発揮されているように思いました。
まぁ、謎解きはともかく(笑)、町の壮大な仕掛けとか、そういうのも世界観にピッタリと合っているように感じました。

Edit | Reply | 

たこやき  2009, 11. 04 [Wed] 21:39

そらさんへ

あ、先を越された(ぉぃ)
苗坊さんへのコメントとも重なるんですけど、導入としてミステリの形を取っているだけではないか、という風に感じました。
多分、導入でそういう世界観へ入り込ませてしまえば、その時点で恩田さんの勝ち(勝ち負け、という話じゃないですが)じゃないかと思います。
世界観に、完全に持って行かれました。

Edit | Reply | 

たこやき  2009, 11. 04 [Wed] 21:44

きりりさんへ

まぁ、ある意味、トンデモな謎解きは恩田さんらしいですよね(笑)
ただ、世界観へとしっかりと引きずり込んで、かつ、その世界観が「恩田さんだ」と思わせるのは、実績とかそういうのも含めて武器だと思いますね。いくら、反則だ、と思っても、それで納得出来ますし(笑)

…いや、ミステリとしてはトンデモだと思いますよ(笑)

Edit | Reply | 

TRACKBACK 5

この記事へのトラックバック
  •  きのうの世界 恩田陸
  • きのうの世界 塔と水路がある町のはずれ、「水無月橋」で見つかった死体。 一年前に失踪したはずの男は、なぜここで殺されたのか?誰も予想できない結末が待っている!!恩田陸が紡ぐ、静かで驚きに満ちた世界。 久しぶりの恩田さん。こういう恩田さんのミステリ小説...
  • 2009.11.03 (Tue) 21:10 | 苗坊の徒然日記
この記事へのトラックバック
  •  「きのうの世界」 恩田陸
  • 恩田さんの世界,堪能させていただきました\(^o^)/ 満足♪ ★★★★☆ 塔と水路がある町のはずれ、「水無月橋」で見つかった死体。一年...
  • 2009.11.03 (Tue) 22:31 | 日だまりで読書
この記事へのトラックバック
  •  恩田陸「きのうの世界」
  • コドモの頃、よく夢に出てくる街があった 夢のなかでは隣の駅の周辺だと認識してるのだが 何かが微妙に違い街はくすんだように灰色がかっている いつも私は、何かから逃げ命からがら廃墟のようなビルの中を彷徨っているのだ.... 本書に出てくる街も、何か懐かしいよ...
  • 2009.11.04 (Wed) 02:27 | 聞いてあげるよ君の話を
この記事へのトラックバック
  •  きのうの世界 〔恩田 陸〕
  • きのうの世界恩田 陸講談社 2008-09-04売り上げランキング : 5750おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ファン切望の最新長編!! 誰も予想できない結末が待っている!!恩田陸が紡ぐ、静かで驚きに満ちた世界。 塔と水路がある町のはずれ、「水?...
  • 2009.11.05 (Thu) 21:32 | まったり読書日記
この記事へのトラックバック
  •  『きのうの世界〈上〉〈下〉』 恩田陸
  • 「恩田陸」の長篇作品『きのうの世界』を読みました。 [きのうの世界] 先日、『蜜蜂と遠雷』で第156回の直木賞を受賞した「恩田陸」の10年くらい前の作品です。 -----story------------- 塔と水路がある町のはずれ、「水無月橋」で見つかった死体。 一年前に失踪したはずの男は、なぜここで殺されたのか? 誰も予想できない結末が待っている!! 「恩田陸」が紡ぐ、静かで驚きに満...
  • 2017.02.01 (Wed) 22:08 | じゅうのblog