FC2ブログ

(書評)球体の蛇

著者:道尾秀介

球体の蛇球体の蛇
(2009/11/19)
道尾 秀介

商品詳細を見る


1992年、秋。隣人の橋塚家の仕事を手伝いながら、そこでお世話になっている友彦。彼は、その橋塚家の長女・サヨの命を奪ったのは自分である、という負い目を持っていた。そんなある日、彼は、営業先の家で、そんなサヨに似た雰囲気を持つ女性・智子と出会う。そして、彼女の情事の声を聞くため、その家へと潜り込む……
道尾さんの作品というと、ミステリという印象なのだが、本作の場合、ミステリとしての形はなく、とにかく、歪んだ人間関係、主人公・友彦の過去への想いと、しかし、歪んだ行動というものを描いていく物語。
自らが殺した、と思っているサヨに似ている女性・智子を、変態的な形で覗く友彦。しかし、事件が起こり、さらには、智子の抱えるものに、やはり、過去の自分と同じような行動を取ってしまう。そして、そんな友彦を見る幼馴染のナオ……。
雰囲気としても、ある意味、常に背徳感としかし、友彦の身勝手さが強調される文体で描かれる。確かに、友彦の行動は身勝手なもの。しかし、その友彦の世話をする乙太郎、さらには友彦の親もまた、決して聖人君子とは言えない。そして、それとは対照に見えるようなナオ……
ただ、ナオも決して、聖女でも何でもない、というのは冷静に見ればわかる。しかし、そこまで、友彦の行動の身勝手さ、けれども、そこに人間の弱さというか、そんなものだよね、というようなものを感じるのも確か。そういう人間の姿を非常に生々しく描いた作品のように思うのだ。
ミステリとしてのひっくり返しとは違い、ストレートに、人間の醜さ、弱さ、しかし、そんな本性を描いた作品。そんなものを感じる。

No.2233

にほんブログ村 本ブログへ




http://red.ap.teacup.com/jyublog/4312.html
スポンサーサイト



COMMENT 2

そら  2010, 09. 08 [Wed] 19:49

>人間の醜さ、弱さ、しかし、そんな本性

うん。
それが悪いと糾弾するわけでもなく,
そんなもんだよと開き直るわけでもなく,
…というところが,
よかったんじゃないかなぁと思います(*^_^*)

Edit | Reply | 

たこやき  2010, 09. 16 [Thu] 01:38

そらさんへ

良い悪い、じゃなくて、ただただ淡々と描いている。
その描き方が、逆に印象を強くしたかな、という風に思います。

ミステリではなく、ただ、淡々と描く。
そういう意味では、これまでの作品をより純化させたのかな? というように思います。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 3

この記事へのトラックバック
  •  「球体の蛇」 道尾秀介
  • 今期のキムタクドラマ, 道尾さんの書き下ろし原作だということで, 2度ほどトライしたのですが, どうにもこうにも見ちゃいられなくなっ...
  • 2010.09.08 (Wed) 19:53 | 日だまりで読書
この記事へのトラックバック
  •  新たな道尾作品
  • 小説「球体の蛇」を読みました。 著書は 道尾 秀介 今回のはミステリーとは また違う 人間ドラマの趣が強くて 恋、火事、過去が大きく関係していき・・・ 全編を通し 重く 哀しみが 読みごたえのある作品 文学作品...
  • 2010.12.16 (Thu) 18:30 | 笑う学生の生活
この記事へのトラックバック
  •  『球体の蛇』 道尾秀介
  • 「道尾秀介」の長篇作品『球体の蛇』を読みました。 [球体の蛇] 『鬼の跫音』、『龍神の雨』に続き「道尾秀介」作品です。 -----story------------- あの頃、幼なじみの死の秘密を抱えた17歳の私は、ある女性に夢中だった……。 狡い嘘、幼い偽善、決して取り返すことのできないあやまち。 矛盾と葛藤を抱えて生きる人間の悔恨と痛みを描く、人生の真実の物語。 1992年秋。 1...
  • 2017.02.21 (Tue) 21:34 | じゅうのblog