fc2ブログ

(書評)サクリファイス

著者:近藤史恵

サクリファイスサクリファイス
(2007/08)
近藤 史恵

商品詳細を見る


ロードレースチーム・オッジの若手・白石誓。陸上の有力選手として、周囲に振り回された彼が選んだのは、ロードレースのアシストとしての日々。ベテランの石尾、同じ若手の伊庭。彼らと共に始まったシーズン…
第10回大藪春彦賞受賞作。
いや~…面白かった。
作中に、「競輪ならともかく、ロードレースを知る人は殆どいない」と言う言葉があるのだけど、実際、私の頭の中ではどうしても、競輪のイメージがついて仕方が無かった(詳しい友人に聞くところによれば、競輪でも、アシスト、エースのような役割があり、予想の重要なファクターになっているらしい)
個人競技のように見えて、チームプレイが重視されるロードレース。アシストは、展開を作り、エースの勝利を作るための風除けになる。自らが勝利を得ることは殆どない。まさしくエースのための「生贄」。しかし、それをすることに誇りを見出す日々。
こういっては何だけど、主人公・誓は、「良い人」過ぎるのではないか? と思うくらいに良い人。目立つことが好き、と言うわけではないし、周囲に気を使ってばかり。ただ、だからと言って情熱がないわけではない。ひょんなことから入った欧州のチームへ入れるチャンス。そして、チームのエース・石尾に纏わる黒い噂。そして、起こった惨劇…。
タイトルの「サクリファイス」が意味するのは、アシストと言う役割。そして、最後に示されるもう一つの意味。最後の最後まで、主人公の、人々の情熱と、二転三転するミステリとしての真相。作品として、決して長いわけではないが、十分な読み応えを感じる作品。

通算1313冊目

にほんブログ村 本ブログへ



http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/blog-entry-690.html
http://blog.livedoor.jp/naepon0808/archives/51198766.html
http://roko3.cocolog-nifty.com/tuiteru/2007/11/post_75a0.html
http://blog.livedoor.jp/higeru/archives/51168020.html
http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-317.html
http://blog.livedoor.jp/bestbooks/archives/50915783.html
http://blog.livedoor.jp/ebinote/archives/51205033.html
http://blog.livedoor.jp/sintamanegi/archives/51184802.html
スポンサーサイト



COMMENT 2

そら  2008, 07. 14 [Mon] 15:18

たこやきさん♪

おっ!私の感情的な感想文と違い,何と冷静な書評でしょう♪
素晴らしい\(^o^)/

たこやきさんは,ミステリとして好印象…だったのね♪
うん,確かに二転三転する人物像や,まぁ真相とまではいえないかもしれないけれど,それらしきものに辿り着き,主人公が一皮むける(?)という構成は,ミステリとしてよくできているのかも…と今さらながら思いました(*^_^*)

Edit | Reply | 

たこやき  2008, 07. 14 [Mon] 23:30

そらさんへ

こんばんは~。
主人公・誓の成長を基盤にして、それが本当に真相かどうかはともかくとしても、二転三転と言う構成の上手さが何よりも面白かったです。勿論、その中でレースに賭ける想いとかも印象的でしたが。
確かに、その中での感情の揺れ動きとか、苦さ、とか、そういうところで割り切れない部分もありますけど、そういうのも含めて、「残る」作品じゃないかな、と想いました。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 8

この記事へのトラックバック
  •  サクリファイス 近藤史恵
  • サクリファイス かつて陸上のエースだった白石誓は、その座を捨てロードレースの選手となる。 チームメートには、エースとなる才能を持った伊庭がいる。 伊庭が勝てるよう、アシストするのが、自分の役割だと思っていた。 出場したレースで、誓は海外チームが日本人選...
  • 2008.07.12 (Sat) 19:14 | 苗坊の読書日記
この記事へのトラックバック
  •  サクリファイス  近藤史恵
  • これは面白い。薦めます。自転車をテーマにしたミステリです。自転車というと日本では競輪がメジャーなんたけど、この作品はロードレースのお話になります。 スポーツものって専門用語やらルールがいまいち…と嫌う人もいるかもしれない。でもこの本はとてもスッキリした...
  • 2008.07.12 (Sat) 21:28 | 今更なんですがの本の話
この記事へのトラックバック
  •  サクリファイス 〔近藤 史恵〕
  • サクリファイス近藤 史恵新潮社 2007-08売り上げランキング : 1480おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。 勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷...
  • 2008.07.12 (Sat) 23:35 | まったり読書日記
この記事へのトラックバック
  •  サクリファイス 近藤史恵
  • カバー写真はPanoramic Images。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。 語り手の白石誓(チカ)は、オリンピックも狙えると言われた陸上の中距離走か...
  • 2008.07.13 (Sun) 01:20 | 粋な提案
この記事へのトラックバック
  •  「サクリファイス」近藤史恵
  • 一気に読みました。 だけど。。。。 これもミステリー。 本気でどんどん「ミステリー」が分からなくなる私。 ★★★★☆ ただ、あの人を...
  • 2008.07.14 (Mon) 15:20 | 日だまりで読書
この記事へのトラックバック
  •  【近藤史恵】サクリファイス
  •  『モップの魔女は呪文を知ってる』――ぶっちゃけこれは積極的に読みたいと思うシリーズではなかったが――を読んだ直後に読売新聞の書評で見かけ、面白そうだと思って予約を入れようとした時には、既に長蛇の待ち行列。いったんは諦めたのだが、しばらく後に思い出して...
  • 2008.07.14 (Mon) 22:53 | higeruの大活字読書録
この記事へのトラックバック
  •  サクリファイス 近藤史恵
  • サクリファイス ■やぎっちょ書評 あちらこちらのブログでほんと評判のいいこの本ですが、やっと、やっと読みました。 気がついたのだけど、近藤さんの書く物語の男子主人公はみんな弱キャラじゃないですか?よく言えば優しいキャラ。悪く言えば優柔不断。 今回もね。...
  • 2008.07.17 (Thu) 11:23 | \"やぎっちょ\"のベストブックde幸せ読書!!
この記事へのトラックバック
  •  近藤史恵『サクリファイス』
  • サクリファイス (新潮文庫)近藤 史恵新潮社このアイテムの詳細を見る 「心に残る本」の牛くんの母様推薦→記事はこちら 今回は、近藤史恵『サクリファイス』を紹介します。ツール・ド・フランスなどの自動車ロードレースを舞台にした話です。自転車ロードレースにおいて...
  • 2010.02.12 (Fri) 21:24 | itchy1976の日記