FC2ブログ

(書評)裸者と裸者

著者:打海文三

裸者と裸者〈上〉孤児部隊の世界永久戦争 (角川文庫)裸者と裸者〈上〉孤児部隊の世界永久戦争 (角川文庫)
(2007/12)
打海 文三

商品詳細を見る
裸者と裸者〈下〉邪悪な許しがたい異端の (角川文庫)裸者と裸者〈下〉邪悪な許しがたい異端の (角川文庫)
(2007/12)
打海 文三

商品詳細を見る


金融破綻と、中国の革命。結果として、日本には、多くの外国人が流入し、国内でも反乱が起こる。日本各地で火の手が上がり、多くの人は、その中で貧困にあえぎ、孤児も生まれた。そんな世界で過ごす少年、少女たち…
打海氏の作品を読むのは、『ハルビン・カフェ』に続いて2作目。もっとも、こちらはシリーズ3部作で、かつ、3部作の最終作『覇者と覇者』の執筆中に著者が亡くなったので、永遠に未完ということになってしまったのだが…。
とにかく、『ハルビン・カフェ』同様に、描かれるのは混沌とした世界。混乱と、貧困と、暴力の渦巻く世界の中で暮らす人々…というところだろうか。ただ、本作は、上巻が、孤児部隊の英雄へと登っていく佐々木海人という少年を、下巻は、その海人によって救われた双子の姉妹・桜子と椿子を主役として描かれるのだが。
「三人が三人とも善人では生きていけない」
これは、上巻の中で、双子の姉妹が、海人へとかけた言葉であるのだが、まさしく、そんな世界。父を失い、母は行方不明。そんな状況の中、妹と弟を養っていく海人。そのために、軍に入り、そして、麻薬の売買を通じて資金を作り、軍の中を駆け上がっていく…。そんな海人に救われた姉妹。悲惨な光景はすでに知っている彼女らは、その中でしたたかに生き、やがて「パンプキン・ガールズ」という一大勢力を気づきあげていく…。兄弟を養うため、恋した女性のため、色々と行いながらも不思議と純粋さの見える海人と、現実を知りながらもしたたかに、けれども、なぜか不思議な純粋さを感じさせる双子姉妹。違ってはいるのに、悲惨な状況であるのに、どちらも不思議な純粋さを感じさせる主人公たちの印象が強く残る。
3部作の端緒、ということもあってか、物語そのものは、両方が地位を登るところまで、が中心に描かれる。各地の地域の軍、さらに、マフィアや宗教…諸勢力が入り乱れているため、ややその辺りの整理をするのが大変な感じはした。『ハルビン・カフェ』と比べれば、わかりやすいが、それでも読むのにパワーが必要だな、という風に思う。
そして、このラストシーン…何とも続きが気になる形で幕が下りる。これは、追いかけるしかないかな…。

通算1475冊目&1476冊目

にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト



COMMENT 0