FC2ブログ

(書評)ロードムービー

著者:辻村深月

ロードムービーロードムービー
(2008/10/24)
辻村 深月

商品詳細を見る


家出をしたトシとワタル。皆から、嫌われているワタルと仲良くしたことから、成績優秀なトシまでも標的になった。二人が家出する理由は…(『ロードムービー』) 他2編を収録した短編集。
辻村さん、初の短編集…ではあるのだけれども、本作はデビュー作『冷たい校舎の時は止まる』のスピンオフ作品…らしい。何となく、人名は覚えているけど、細かいところがあやふやになっている私にとって(多くの人物がいて、それぞれがそれぞれの物語があるだけに…)、ちょっと…というところはあったのだが。ただ、最初の2編に関しては、それが無くとも、譚締めると思う。
物語として印象的なのは、やはり表題作『ロードムービー』。
成績優秀の人気者。児童会長になるだろう、と言うトシが、ワタルと仲良くしたために虐めにあう。そんな描写と、二人の家出。両者を織り交ぜながら展開する。優等生からの転落。いじめ、というよりも、それにより、目標だった児童会長が難しくなっていく悔しさ。でも、ワタルを突き放したくない…。小学生が主人公、ということもあって、一つ一つは幼い感じがするものの、故に残酷な様子だとかが、かなり生々しい。そして、その結末…。
物語の仕掛けそのものは、かなりわかりやすいので、衝撃は無かったものの、それでも、結末部分の閉め方は凄く印象的。スピンオフ作品、としてではなくて、1つの独立した話として良かった。
やはり、何だかんだで、『冷たい校舎の時は止まる』を読んでから、が良いと思う。
…物語の記憶があやふやになりつつあるお前が言うな、とか言われそうだけど(^^;)

通算1477冊目

にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト



COMMENT 0