FC2ブログ

鉄のラインバレル・第18話

「メメント・モリ」

矢島によって連れ去られた絵美。矢島に指定された、その場所はわかるものの、今、ラインバレルが町を去ると言うことは町を守る者がいなくなるということ。悩む彼を、JUDAの面々や道明寺は送り出し…

えっと…前回、出ていた石神の「最後のプロジェクト」ってまさか…
アバンの電波ジャック&テレビ漫才!? Σ( ̄□ ̄;;)
つーか、完全にシズナ&イズナ、こういう役回りだよな…。

ともかく、JUDAの面々に送り出された浩一。矢島から渡されたデータの島へとたどり着いたものの、そこに矢島の姿はなく、いたのは加藤。加藤は、浩一に語り出す。
一方、絵美をつれた矢島は、というと、こちらも、二人で話をする機会を作りたい、という。

「浩一のことが好きなのか?」
「浩一のことを想っている娘がいる」
やりとりを見ていると、結局、矢島の考えの中には、それしかない、と言えるんだろうな。矢島にとって、大切なのは理沙子のこと。理沙子が、浩一と幸せになって欲しい。だから、そのライバルのように見える絵美は邪魔。そして、「浩一が好きかどうか?」だけで、判断しようとする。無論、ここで言う好き、というのは、「恋愛感情」なのだろうけど…。

一方で、加藤が浩一に投げかけるもの。
浩一自身がファクターとなっても、全く別人になっていないのと同様、矢島も、拾ったとは言え、別人にしてはいない。矢島がああいう風に動くのも、矢島自身があってこそ。
そして、加藤の狙い、世界征服とは、常に恐怖に置くこと。その圧迫こそが、人々に抵抗を作らせ、想像力を生む。そうでなく、ただ、計画されたことしかしないのは、機械であるマキナと同じ。しかし、その言葉に、浩一は納得できない。

なんか、加藤の「マキナと同じ」という言葉が、そのまま、矢島のしようとしていることへの皮肉に思えていなかった。合流後、あっさりと絵美を返した加藤と、それに反発する矢島のやりとりとかも含めて。
結局、矢島は「人のため」と言いながら、それで満足感を得たい、ということになるんだろうし。そう言われて反発してしまう辺りに、今回はちょっと違和感(そういう部分を二人で、認め合って…というのがあったから、以前の矢島の最期が印象的だった、とも思うわけだし)

その一方で、加藤と絵美の関係が、随分とあっさりと言われて絶望した!!(違)

というか、そのシーンとか、今回の浩一と加藤のやりとり、「二段階飛ばして、次のステップに」という言葉、さらには、前に石神が言った「犠牲」云々とか、加藤の中の人がルルーシュの中の人で…とか、そういうを考えると、加藤自身が悪役になって…という計画なのかもと思えてきた。
…想像力を働かせすぎ?

鉄のラインバレル Vol.3 [DVD]鉄のラインバレル Vol.3 [DVD]
(2009/02/25)
柿原徹也能登麻美子

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ



http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-1725.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1362.html
http://appletea100.blog7.fc2.com/blog-entry-236.html
http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-1026.html
http://marushou.blog68.fc2.com/blog-entry-534.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1039.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/firstsnow/story/?story_id=1806003
http://rinoamary.blog97.fc2.com/blog-entry-87.html
http://hazimarinokeikoku.blog62.fc2.com/blog-entry-374.html
http://yfuji.moe-nifty.com/compass/2009/02/post-6297.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2773.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1669
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-833.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1051.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51192721.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-567.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-4778.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1341.html
http://rakusyasa.blog41.fc2.com/blog-entry-245.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-940.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-765.html
http://koremosuki.blog39.fc2.com/blog-entry-278.html
スポンサーサイト



COMMENT 2

みとみーfrom高崎  2009, 02. 10 [Tue] 01:58

>えっと…前回、出ていた石神の「最後のプロジェクト」ってまさか…
>アバンの電波ジャック&テレビ漫才!? Σ( ̄□ ̄;;)
とりあえず、JUDAが平和的な機関という事は分った・・・・。
かなりイタイ存在だが。。。
指揮官不在で迷走してるなー。実質、浩一がリーダー役だしー。

石神社長に、加藤、ココの世界のボスは食い物で相手を篭絡させるのが常套手段か?(笑)
>そして、加藤の狙い、世界征服とは、常に恐怖に置くこと。その圧迫こそが、人々に抵抗を作らせ、想像力を生む。
まぁSFでよく使われるテーマですが、圧制でも無気力を有無だけですがね。実際は。
寧ろ適当に刺激して競争心を煽った方が加藤の理想が実現出来ると思うのですがね。
そういう意味では、ちょっと古典的な動機ですかね。

矢島、完全に迷走してますな。その内、浩一に「周りが見えてない」と素で言われそうな気が・・・。

>そういうを考えると、加藤自身が悪役になって…という計画なのかもと思えてきた。
まぁテーマが「正義の味方」ですから、意外に力技で着地っていうのも想像してたりしますがー。

Edit | Reply | 

たこやき  2009, 02. 11 [Wed] 20:47

みとみーさんへ

>とりあえず、JUDAが平和的な機関という事は分った・・・・。
>かなりイタイ存在だが。。。
>指揮官不在で迷走してるなー。実質、浩一がリーダー役だしー。
というか、石神さん、森次さん以外の「大人」いないですよね、JUDAって。いや、いるにはいるけど、リーダー的な立場になれそうな、というべきか…。
浩一が、実働部隊のリーダーでも、とは思うものの、他はどうしたのか? と…。

>まぁSFでよく使われるテーマですが、圧制でも無気力を有無だけですがね。実際は。
ですよね。却って、逆らうだけ無駄、となる場合も多いでしょうし(ある意味、桐山さんのときの市民とかも、そういうところありましたし)
この辺りも、浩一に対するメッセージということが主なんでしょうけど。

矢島に関しては、以前もそれほど見えていたわけじゃない、というところは感じますけどね。あくまでも、浩一がひどすぎた、というだけで。
そこに、タイムラグで、となっていそうですね。

>まぁテーマが「正義の味方」ですから、意外に力技で着地っていうのも想像してたりしますがー。
それは、なるべく考えたくない…ということで(笑)

Edit | Reply | 

TRACKBACK 31

この記事へのトラックバック
  •  鉄のラインバレル 18話「メメント・モリ」
  • 『城崎が連れ去られた。今すぐにでも助けに行きたい浩一だが、状況を考えると安易に飛び出すわけにもいかない。浩一は逡巡するが、仲間たち...
  • 2009.02.07 (Sat) 11:08 | Spare Time
この記事へのトラックバック
  •  『鉄のラインバレル』#18「メメント・モリ」
  • 「今の俺には戦う力がある!」 JUDATVがちゃんと流されてた~(汗)効果は多少期待できるかも? 攫われた城崎を本当ならばすぐさま助け...
  • 2009.02.07 (Sat) 11:25 | ジャスタウェイの日記☆
この記事へのトラックバック
  •  (アニメ感想) 鉄のラインバレル 第18話 「メメント・モリ」
  • 『鉄のラインバレル』 DVD Vol.1 (初回限定版、特典ドラマCD付き)クチコミを見る 城崎が連れ去られた。今すぐにでも助けに行きたい浩一だが、状況を考えると安易に飛び出すわけにもいかない。浩一は逡巡するが、仲間たちに促され、指定された場所へと急行する。そこで?...
  • 2009.02.07 (Sat) 11:25 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
この記事へのトラックバック
  •  鉄のラインバレル #18「メメント・モリ」
  • 鉄のラインバレルの第18話を見ました。#18 メメント・モリ絵美が加藤機関の下にいる矢島に拉致されてしまい、浩一は助けにいきたかったが、今のJUDAで戦えるのは自分しかいないため自重していた。理沙子は矢島が変わってしまったことと、浩一が強くなったことに浩一...
  • 2009.02.07 (Sat) 11:59 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  鉄のラインバレル #18
  • 矢島が浩一に指定したポイント、そこに待っていたのは加藤久崇でした。アバンは、シズナとイズナのお笑いJUDA TVから。(^^;悪の総本山と思われているJUDAのイメージを払拭するために...
  • 2009.02.07 (Sat) 13:05 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  鉄のラインバレル #18 「メメント・モリ」
  • え?? 前回のシリアスは何処に???? Amazon.co.jp ウィジェット まさかのイズ・シズのある種のプロパガンダ放送で始まり です。前回に...
  • 2009.02.07 (Sat) 14:02 | ふぉーおーる@好きならなんでもいいじゃん
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  「鉄のラインバレル」第18話
  •   #18「メメント・モリ」絵美が加藤機関にさらわれてしまった。浩一は、助けにいきたいのはやまやまだが、今のJUDAで戦えるのは自分しかいないため自重していた。そんな彼の思いをくみ、とにかく救助に向かうべきだと促すJUDAの面々。浩一は仲間たちの配慮に感...
  • 2009.02.07 (Sat) 14:36 | 日々“是”精進!
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  鉄のラインバレル 第18話 「メメント・モリ」
  • 『鉄のラインバレル』 DVD Vol.1 (初回限定版、特典ドラマCD付き) ¥3,000 Amazon.co.jp 城崎が連れ去られた。今すぐにでも助けに行きたい浩一だが、状況を考えると安易に飛び出すわけにもいかない。浩一は逡巡するが、仲間た
  • 2009.02.07 (Sat) 17:05 | たどたどしい日々
この記事へのトラックバック
  •  鉄のラインバレル 18話「メメント・モリ」感想
  • 妹を、よろしく というわけで、ラインバレル。 今回は「本筋」が動きましたね。 ラインバレルのバトルは、ほぼなかったけどw。 鉄のラインバレル ラインバレル (1/144スケールプラスチックキット) ¥3,488 Amazon.co.jp <一応ダイジェスト> ・イ...
  • 2009.02.07 (Sat) 19:07 | 優しい世界~我が心に迷いあり(β)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  鉄のラインバレル 第18話「メメント・モリ」
  •       Y^´       ∨// /,∠ ,. \' /l/// /, \' , \'/ ! | l }´     〈  視     〉    変  〈/ , \' // ̄`>< /// ...
  • 2009.02.07 (Sat) 20:49 | はじまりの渓谷
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  鉄のラインバレル 第18話「メメント・モリ」感想
  • アニメ感想を書く前の一言が最近あまりにもひどいとこのブログを見てくれている知人に突っ込まれれた。そういや前は準備をしてアニメのOPを見つつここに文章をを書いていた記憶があるなぁ。鉄のラインバレル(4)早速感想。矢島と加藤機関のスタンスを改めて理解。加藤...
  • 2009.02.07 (Sat) 21:09 | 物書きチャリダー日記
この記事へのトラックバック
  •  鉄のラインバレル 第十七話
  •  理沙子の為に絵美を排除しようとしていた矢島。お為ごかしも甚だしいというか、こん
  • 2009.02.07 (Sat) 22:10 | ぶろーくん・こんぱす
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  [アニメ]鉄のラインバレル #18
  • 鉄のラインバレル 公式サイト 『メメント・モリ』 脚本:吉村清子 演出:西本由紀夫 絵コンテ:渡邊哲哉 作画監督:青野厚志 再び浩一(柿原徹也)の前に現われた、加藤(福山潤)の真意。矢島(四宮豪)からの問い掛けに、絵美(能登麻美子)の出した答えは。 いきなり遠藤
  • 2009.02.07 (Sat) 22:48 | Vanishing Point-バニシング・ポイント-
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  鉄のラインバレル第18話「メメント・モリ」
  •  死んだと思われた英明が、再び浩一達の前に現れた。しかも加藤機関に所属し、あのハグレマキナアパレシオンのファクターとなって。そして久嵩の命令に従い絵美を拉致。取り戻したい場合は、データの中にある場所に来るよう挑発して立ち去った。一方いつもなら猪突猛進で...
  • 2009.02.07 (Sat) 23:18 | アニメのストーリーと感想
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  鉄のラインバレル 第18話 感想
  • 「メメント・モリ」 なんとなく加藤の目的が語られたような気がするラインバレル18話。 加藤の言う所をそのまま額面どおりに受け取れば、自分のエゴで人類を篩いにかけるという極めて安直かつ身勝手な理論展開でしかありません。 しかし、果たして今回加藤が浩一に語った...
  • 2009.02.08 (Sun) 09:21 | 黒猫コミック館
この記事へのトラックバック
  •  鉄のラインバレル #18
  • 「メメント・モリ」 鉄のラインバレル Vol.3 [DVD](2009/02/25)柿原徹也能登麻美子商品詳細を見る
  • 2009.02.08 (Sun) 18:31 | 丸正の日々の思い。 version2
この記事へのトラックバック