FC2ブログ

(書評)ガリレオの苦悩

著者:東野圭吾

ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る


探偵ガリレオシリーズの第4作だか、第5作だか。『聖女の救済』と、同時に刊行された、こちらは短編集。
と言いながら、時系列としては、こちらの方が、『聖女の救済』よりも、前に当たるのかな? と思ったりする。ドラマ化された際に登場した内海刑事が、湯川と初めて会う『落下る』などを見ると…。
形式としては、『探偵ガリレオ』などと同じように、奇妙な事件が起こり、それを物理学者である湯川が解明するという、従来のシリーズらしい作品。
ただ、最初の『落下る』から、警察への協力に否定的、というように、『容疑者Xの献身』あたりの因縁が感じられ、以降も、湯川本人と何らかの関わりのあるエピソードが多いように思う。湯川の恩師が登場し、その学生時代が語られる『操縦る』、同じく学生時代の友人から依頼を受ける『密室る』、学者としての行動で恨まれる『攪乱す』…と4編が関連するエピソード。正直、タイトルにある「苦悩」をしている様子は、読んでいる限り感じられなかったのだが、それでも湯川自身にとって大きな事件とは言えるのだろう。そして、『操縦る』の最後に言われる言葉ではないが、湯川自身が、他者の心だとかをかなり考慮する人物になっている、というのも感じる。
ただ、物理ミステリ、という点ではやや弱いような気もする。『落下る』などは、完全に肩すかしの部分があるし、『密室る』もそれが使われると…というのがある。『指標す』は、物理トリックとは別の世界。その意味で、物理学者・湯川という点があまりクローズアップはされていないように思う。
そんな中で、一番好きなのは、『操縦る』。先にも書いた、湯川の学生時代、恩師とのエピソード。そして、物理トリックと、湯川自身の人間性の変化…。分量的にも、収録された作品の中で最も多いのだが、それに見合うだけの読み応えがあったと思う。
しかし、私自身は毎回見るどころか、まともに1回もドラマを見ていないのだが(CMとか、チャンネルを変えている際にチラッと見ることはあった)、頭の中のイメージで、湯川=福山雅治、薫=柴咲コウ、で固まってしまった…。映像化のインパクト、恐るべし…。

通算1573冊目

にほんブログ村 本ブログへ



http://www.mypress.jp/v2_writers/firstsnow/story/?story_id=1872304
http://blog.livedoor.jp/outside_hill/archives/51829597.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 3

この記事へのトラックバック
  •  東野圭\吾 「ガリレオの苦悩」
  • 冒頭の「落下る」は、TVドラマ「ガリレオФ」の元となったストーリーですね。TVドラマと設定は、相違していますが原作のほうが、面白かったです。
  • 2009.11.03 (Tue) 12:52 | ゼロから
この記事へのトラックバック
  •  東野圭吾『ガリレオの苦悩』
  • ガリレオの苦悩東野 圭吾文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は東野圭吾『ガリレオの苦悩』を紹介します。この作品でドラマ版で柴咲コウが演じていた内海薫が初めて出てきます。内海薫は女性独特の視点で勘が鋭い女性という感じがします。今回は湯川がターゲットにな?...
  • 2009.11.03 (Tue) 15:04 | itchy1976の日記
この記事へのトラックバック
  •  『ガリレオの苦悩』東野圭吾
  • ガリレオシリーズの短編集。 ドラマオリジナルキャラだったはずが、いつの間にか内海薫が原作に進出。 まぁ出自がドラマであっても、原作者がリファインしてるんだからしっくり ...
  • 2011.12.12 (Mon) 12:33 | 時間の無駄と言わないで