fc2ブログ

(書評)鬼切り夜鳥子5

著者:桝田省治

鬼切り夜鳥子5 禍★星に願いを (ファミ通文庫)鬼切り夜鳥子5 禍★星に願いを (ファミ通文庫)
(2009/01/30)
桝田 省治

商品詳細を見る


禍星ノ神子を宿したまま逃亡した三ツ橋と虚空坊。消えてしまった夜鳥子。よみがえった胡蝶。そして、求道とQが一体化しつつある…。問題山積なまま、神子復活まで時間がない。そして…
シリーズ完結編。
いや~…第4巻の感想でも、「めまぐるしい展開」という言葉を使ったんだけど、今回も同様。前巻からの問題山積の状況から、さらにどん底にたたき落とされ、それでも這い上がっての決戦。そこでも、それぞれの魂が入れかわったり何なりと、今巻も次々と展開していく物語に一気に飲み込まれた、という印象。
勿論、物語は最終決戦…ということで、その戦いのスピード感ある描写も良いのだけど、前回から続いていた「身体は1つ、心は2つ」っていう、厄介な四角関係から、そこが崩れて消滅へ…という方向への展開。駒子の絶望、何でもない風に言いながらも、自分と夜鳥子の絆を心の底から信頼しきっている求道の提案。そして、決戦の最後に見せたQの側の、自分と駒子の絆…。なんか、駒子視点での物語が多いから、夜鳥子と求道に「ごちそうさま」ってところなんだろうけど、多分、端から見てたら「お前らもだよ…」って感じになるか、もしくは、「ええい、じれったい!」って感じになるんだろうな。
前巻のあとがきで、「ハッピーエンドをお約束します」ということだったけど、普通に落ち着くかな、というところをひっくり返して本当に、ハッピーエンド。なんか、ノーマルエンドから、トゥルーエンドになった、って感じ?(余計にわかりづらい) 無理矢理に、っていうのだと「うーん」と思っていただろうけど、それまでのめまぐるしい転生とか、はたまた貴人の言葉とかが、しっかりと伏線になっていて、納得のできるハッピーエンドなのも良かった。
これで完結ということなんだけど、後日談でも、三ツ橋さんや荒木といった辺りのサイドストーリーとか、スピンオフ作品を出して欲しいな、と期待してしまう。
ともかく、大満足な完結編でした。

No.1682

にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト



COMMENT 2

-  2009, 05. 27 [Wed] 17:56

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

-  2010, 03. 09 [Tue] 18:21

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply |