fc2ブログ

(書評)少年少女飛行倶楽部

著者:加納朋子

少年少女飛行倶楽部少年少女飛行倶楽部
(2009/04)
加納 朋子

商品詳細を見る


飛行クラブの活動内容。空を飛ぶことを目的とする。 中学に入ったばかりの海月が、幼なじみというか、腐れ縁というかの、樹絵里に付き合わされて言ったのは、傲岸不遜な神様先輩のいる珍妙なクラブ。しかも、部活となるには、まだ部員が足りなくて…
久しぶりの加納さんの作品は、ミステリ色の一切ない作品。青春小説、という風にジャンル分けをすれば出来るのだろうが、非常に軽いタッチの綴り方、一癖もふたクセもあるメンバーたち…と、なんか、ライトノベルっぽい印象も感じる作品。
とにかく、副部長に一目惚れした、という樹絵里に連れ去れて、学校内でも何だかよく分からないクラブとして有名な「飛行クラブ」に入ることになった海月。とりあえず、部活として認めてもらうために部員を集め、そして、目標である「空を飛ぶこと」は、どうすれば良いのか? そして、それを実現するために…という形で物語が展開していく。
「底抜けに明るい、青春物語が画きたくなりました」 というあとがき1行目の言葉が、すべてを表しているのではないかと思う。登場人物たちは、みんな、変人ばかり。でも、決して悪人ではなく、それぞれに、良いところは沢山あるし、それを活かした活躍の場も与えられる。それを引っ張ることになる海月の苦労は並大抵のことじゃないけど(笑) それぞれ、決してポジティヴな状況で入った人ばかりではないけど、それでもまとまっていく様、というのは、青春モノというか、スポーツモノ的なノリで、ベタなのだけど、心地よい。勿論、そんな中で、なんだかんだで、海月と神様先輩が…なんていうお約束も(笑) 「うまくいきすぎ」と言えば、そうなのだけど、それはそれで良いじゃないか、という気分になるのが不思議。
途中、突如、るなるなが刺々しくなったところとか、いくつかは「あれ?」と思うところはあったのだけど、でも、全体を通してみると明るく、楽しく読むことが出来た。

No.1687

にほんブログ村 本ブログへ




スポンサーサイト



COMMENT 0