FC2ブログ

(書評)パラドックス13

著者:東野圭吾

パラドックス13パラドックス13
(2009/04/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る


3月13日、13時13分。何かがある、と言われながら、事件捜査に当たっていた警察官の冬樹は、犯人との格闘中にその時を迎える。突如、消える人々。そして、引き起こされる事故と火災。その世界で、なぜか存在するわずかな人々と合流して…
うーん…なんか、「SF」「時間的矛盾」とか、色々と修辞が並んでいるんだけど、あんまり意味がない。そういうのは殆ど背景で、人々が消え、水も電気もこなくなった世界での生き残りを図るクライシスノベルというような趣だろうか。
読んでいる最中は、テンポとかも良いし、(評価は分かれると思うが)かなりわかりやすく色分けされたキャラクター設定などもあって、分量がある割にそれを感じずに読むことが出来る。その辺りは、流石、というべきなのだと思う。
また、ここで描かれているように、電気・水道などのインフラが停止した都市、東京というものがいかに脆弱な場所であるか、というのも間違いないだろう。『平成関東大震災』(福井晴敏著)などでも、同様であるが、そういうところに興味も引かれた。
ただ…なんか、色々と肩透かし、という感じはどうしても残る。物語のキーワードとして語られる「P-13現象」については、結局、殆ど意味があったと思えないし、また、作中の事件などにしても結構、同じような展開が多い。また、リーダー格となる誠哉が終盤に行う提案とかは、いくら「理性で」と言っても、それは無茶だと思うのだが…
つまらないわけではない。エンターテインメント作品としては、十分に及第点の出来とはいえるのだろう。ただ、東野圭吾という看板で期待してしまう分、普通、くらいの印象が残ってしまう。

No.1699

にほんブログ村 本ブログへ



http://catchhell.blog53.fc2.com/blog-entry-150.html
http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-910.html
http://xxyukicyanxx.blog99.fc2.com/blog-entry-572.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 4

この記事へのトラックバック
  •  東野圭吾「パラドックス13」を読んだ
  • 13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。その瞬間―目前に想像を絶する過酷な世...
  • 2009.07.22 (Wed) 23:24 | キャッチヘルブルース
この記事へのトラックバック
  •  パラドックス13 東野圭吾
  • 「世界が変われば善悪も変わる。 人殺しが善になることもある。 これはそういうお話です」東野圭吾 運命の13秒。人々はどこへ消えたの...
  • 2010.01.05 (Tue) 16:46 | カブシキ!
この記事へのトラックバック
  •  東野圭吾『パラドックス13』
  • パラドックス13東野 圭吾毎日新聞社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『パラドックス13』を紹介します。13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲われるという。その現象によって、破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。どうやって生き残ろうとす...
  • 2010.03.07 (Sun) 18:42 | itchy1976の日記
この記事へのトラックバック
  •  パラドックス13
  • ************************************************** 13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。 陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ちるビルディング。 破壊されていく東京に残されたのは...
  • 2010.11.10 (Wed) 17:53 | 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪