FC2ブログ

(書評)素行調査官

著者:笹本稜平

素行調査官素行調査官
(2008/10/22)
笹本稜平

商品詳細を見る


学生時代の友人・入江の伝手で、警視庁に入り、その下で監察官となった元探偵・本郷。初の仕事として、公安刑事と中国人女性の不倫をベテラン警官・北本と探るが、その女性の妹の死から、思わぬ方向へ疑惑が広がり出す。一方、その中国人女性殺害事件の現場に立ち会った機動捜査隊隊員の小松は、あるものを見つけ、その持ち主へと接近する…
うん、面白かった。
監察官。警察の中の警察。警察官の不正などをチェックする機関。ただし、それは、犯罪として表に出すためではなく、組織防衛をするため、陰で処理をする部署とも言えるもの。裁判をするわけではないので、犯罪の捜査と違い、法律ギリギリのことも可能。不正をするものを、とにかく、ひっそりと処分できれば、それで良い…。そんな仕事を、元探偵という経験を買われてすることになった本郷と、定年間近で、何か思うところのある北本、そして、理想に燃え、本郷を採用したキャリアの入江のトリオで調べて…という話。
物語の構図としては本郷らの視点と、現場で見つけた品を材料に、入江と同じくキャリアの本田に迫り、その下で出世の道を造ろうとする小松の視点で展開する。殺害された中国人女性と、その姉に対してぬぐいきれない蛇頭との関係への疑惑。その周囲で起こる事件。本郷らの視点での疑惑と、小松の視点での疑惑。それぞれにズレがあるのを読者は知りながら、両者が両者の思惑を知らずにずるずるとはまり込んでいく、というのは非常にスリリング。
また、本郷らのキャラクターもなかなか良い。本郷とコンビを組む北本は、さえないベテラン警官…のはずが、何だかんだで頼りになり、本郷らの父親のような姿を出すし、また、キャリア官僚の入江は、出世競争を繰り広げているにも関わらず、キャリア官僚とは思えないほどの青臭さ、理想主義を示す。そんな3人を中心としたやりとりが、重苦しくなりそうな作品に軽さを与えていて非常に読みやすい。
ただ、正直、物語のまとめ方には大いに不満が残る。残り10頁くらいで、真相が明らかにされるのだが、非常に性急かつ強引な印象が残る。それは、色々と無理がある、というところもそうだし、また、この真相だと、序盤~中盤まで語られていたものの意味が全くと言って良いほどなくなってしまう。もう少し、そういう部分についてはフォローが欲しく、「それはないだろう」というものが残ってしまった。それが非常に残念。
ただ、そのまとめ方を除けば、テンポだとかも良いし、面白い作品であった、とは言える。
…どうでも良いが、08年出版の作品で、現代を舞台にしていて「ゲームソフト」のことを「ファミコンソフト」はないべ、と思った(笑)

No.1707

にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト



COMMENT 0