FC2ブログ

(書評)リッターあたりの致死率は THANATOS

著者:汀こるもの

リッターあたりの致死率は―THANATOS (講談社ノベルス)リッターあたりの致死率は―THANATOS (講談社ノベルス)
(2009/04)
汀 こるもの

商品詳細を見る


周囲で次々と人が死んでいく「死神」立花美樹。向かった観賞魚展示会でも、「案の定」、事件が起こる。会場に来ていたヤクザが毒殺され、おつきの高槻刑事にも…。そして、そのドサクサで美樹自身が誘拐さて姉妹…
シリーズ第4弾。
前作も「ミステリ色が薄い」というような感想を書いたけど、それについては、今回も同様。一応のどんでん返しはあるものの、さらに薄くなったような印象を受ける(内容紹介には、「高校生探偵の真樹が掟破りの手段で事件に迫る!」とか書かれているけど、それもちょっと違うような…)
なんか、今作は、これまで以上に、「ネタ」としての会話が増えたような感じがする。誘拐犯と被害者である美樹のやりとりとか、捜査の側の途中で出て来るものとか、そういうところにやたらと…。そして、相変わらず、観賞魚とかについての蘊蓄が多いのだけど、流石に、ここまで来ると、大分、飽きてきた部分もある。
シリーズを読んでいる身とすれば、結構、このやり方については予想出来るところだと思う。どう考えても、これまでの奴らと違うし、そうなると…と…いう感じで。まぁ、相変わらず黒いよなあ、とか、そういう感じで読めば良いのかな? これは。決して後味の良い結末ではないのだけど、なんか、それも含めてネタになっているのは間違いないだろう。
正直言って、警察小説的な部分(刑事VS公安とか)などは、かなり中途半端だし、結局、事件の背後関係とかについても投げ捨てられた印象。そこに主眼がないのは確かだけど、それなりに引っ張っただけに肩透かし感は残る。
とりあえず…湊さんが意外と難儀な人だというのはわかった(そこかよ)

No.1721

にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト



COMMENT 0