FC2ブログ

(書評)有川夕菜の抵抗値

著者:時田唯

有川夕菜の抵抗値 (電撃文庫)有川夕菜の抵抗値 (電撃文庫)
(2009/06/10)
時田 唯

商品詳細を見る


「私は貴様らのような連中が大嫌いだ!」 転校の挨拶でそう言い放った有川夕菜。彼女は、感情が高ぶると身体から電気を発してしまう特異体質。それにより、過去、大切な人を傷つけた経験があった。虚勢を張り続ける夕菜だが、そんな彼女に…
一言で言えば、シンプルイズベスト。
過去に、初恋の人を傷つけた経験を持ち、それで家族にも迷惑をかけてしまった経験を持つ少女・夕菜。それ故に、他者を怖がり、孤独であろうとする。一方で、そんな彼女の体質だとかを知り、それでも、自分たちの側へと引き入れようとする生徒会の面々。そして、そんな彼らにも、過去の苦い思い出があって、と…。
はっきり言って、滅茶苦茶、青臭い話(笑) でも、それはそれで良いと思う。夕菜は夕菜で、色々と言いながらも、結構、自分勝手なことを言っている、ということになるし、反対にそれを引き入れようとする生徒会長・末永辺りも、やっぱり同じようなところがある。そして、双方、それを指摘されて悩んだり…とか…。実際に、こういう連中がいたら、滅茶苦茶鬱陶しい、以外の何者でもないとは思うのだけど、小説であれば、このくらいで良いのだと思うし、また、それがあるからこそ、(良い意味での)青臭さを引き出せているのではないか、という風に感じる。
話としては、夕菜、末永ほか、主だった面々、という多視点から展開し、それぞれで過去にあったこととかが最初から明らかにされる。だから、パズルで言えば、最初からすべてのピースがそろっていて、最初から殆どの部分が完成した状態からのスタート。それだけに、意外性とかは一切ないし、もう少し、ピースを隠してやっても面白かったかな? と思うところもある。でも、このストレートなところが良いのかな? という気もするから複雑なところではあるけど(笑) 細かい描写のところで、いくつか、「あれ?」と思うところはあったけど、それはあまり気にしなくて良いだろうか。
こういうストレートで青臭い話。たまには、こういう話も良いな、というのを読んでいて感じた。

No.1722

にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト



COMMENT 0