FC2ブログ

うみものがたり・第3話

「近づく心」

「嫌な一日だった」 そう言いながらも、マリンたちと出会った前日のことを思い出してしまう夏音。そんな気持ちで起きると、なぜか、家にマリン、ウリンたちが…。「巫女になんかならない」という夏音の、これまでの話を聞いてマリンは…

「鈴木。魚じゃない」
なんか、微妙にマリンたちの考え方とかを学習している夏音にちょっと笑った。
というか、スズキとか、カレイとか、和名で通じるんだね、海の世界(笑) かつて、陸の世界と海の世界で、やりとりがあったとか、そういう歴史があるから、だろうか?(海と空、両方の巫女でセドナを封じた、とか、そういうのがあるのは確からしいし)
…そこまで考えているのか? とかいうツッコミ禁止(阿呆)
そういや、もう、マリンたちが、普段は海のなかで暮らしている、っていうことは納得しているの?

とか言うところで書いたわけだけど、前回、バトルメインの割に、説明口調がダラダラと…という感じでちょっと微妙な印象も受けたのだけど、今回は素直に楽しめた。
やっぱり、バトル展開そのものは、そこまで強調せず、マリン&ウリン、夏音のキャラクター中心に描いていった方が楽しめるかな、と…。

とにかく、幼い頃から「邪悪オーラ」を出していた夏音。
そのため、周囲からは怖がられ、友達づきあいについても上手くいかない。そして、その一方で、自分で何かを言い出すようなこともせず、損な役回りばかりを引き受けてきた。
それは、悔しくもあり、でも、ある意味では、周囲が争うのを嫌うから、とも言える。
まぁ、邪悪オーラ云々はともかくとしても、何となく夏音の性格とか、そういうのはわかるな…。ある程度、そういうのを引き受ける性格に周囲が頼っている、とか、断れないことの自己嫌悪とか、そういう部分もあるんだろうけど。だからこそ、そういう人間関係をリセットしたい…というのもあるんだろうし(田舎の狭い人間関係の中だと、特に、そういうのが一生つきまとう、っていう恐怖もあるし…自分の経験談からして)
松本&母が、都会に出て大学生になりたい、っていうのを「ありきたり」と一刀両断してたけど、なんか、夏音のそういう気持ちは地方出身者として、すっげー理解出来た(笑) 

何だかんだ言いつつも、やっぱり「損」な役回りかも知れない巫女を引き受ける夏音。
でも、今度は、そういうのをちゃんと評価してくれるマリンたちがいる。そういう点では、これまでと違う、っていうことなんだろう。
襲ってきた相手を浄化し、改心させて、っていうところと、色々と言いながらも、夏音の周囲の人間もしっかりと夏音を評価していた、とか、そういうところは「甘い」とか、「緩い」とか、そういう言い方もできそうだけど、こういう雰囲気は、監督の作品作りとかの方向性としてもあっているんじゃないか、という風に思う。

…しかし…海の人たち、今のところ、全く出番がないような…。

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第1巻【Amazon.co.jp限定リバーシブルジャケット仕様】 [DVD]うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第1巻【Amazon.co.jp限定リバーシブルジャケット仕様】 [DVD]
(2009/10/28)
阿澄佳奈寿美菜子

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ



http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-5270.html
http://gameprogramer2ch.livedoor.biz/archives/1137944.html
http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51245451.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-910.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2009-07-12
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51270605.html
http://coffeemonster1224.blog47.fc2.com/blog-entry-3.html
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-722.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-3300.html
http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/blog-entry-302.html
スポンサーサイト



COMMENT 4

ピッコロ  2009, 07. 11 [Sat] 05:16

こんばんは、いつもラジオやTB等でお世話になっております。
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。
記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。


最初に、「今期終了アニメ評価をしてみないかい?4」の企画に参加して頂きありがとうございました。現在、当ブログでは最終集計結果の発表を行っておりますので、一度見て頂けると嬉しいです。


そして今回も、「今期終了アニメの評価をしてみないかい?5」と題しましてアニメ評価企画を立ち上げました。また、この企画に賛同して頂けるのであれば是非ご参加くださいませ。


詳しい投票方法等については以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51269734.html


宣伝大変失礼いたしました。どうか今後ともよろしくお願いいたします。

Edit | Reply | 

たこやき  2009, 07. 12 [Sun] 21:31

ピッコロさんへ

こんばんは。
こちらこそ、いつもお世話になっております。第4回の集計、お疲れ様でした。

今回も、参加させていただこうと思っています。
また、よろしくお願いいたします。

Edit | Reply | 

みとみーfrom高崎  2009, 07. 15 [Wed] 01:19

正直、ちょっと脚本がイマイチだったかな。
夏音の性格を台詞で殆ど語らせてしまうトコに引っかかった。
駆け足気味の展開の所為でしょうけど、今回の見せ場でしたので、もうちょっと丁寧に描写して欲しかったです。

あと、朝のアニメよろしく本編にリンクしない取って付けた終盤の戦闘シーンが浮いていた気がします。
パチンコ原作でなければ朝にやった方が良いアニメですね。

でも、やっぱりマイナー臭が感じられる作りだなぁ・・・・。

Edit | Reply | 

たこやき  2009, 07. 16 [Thu] 22:25

みとみーさんへ

確かに、キャラクターの心理描写とかが、台詞だけっていうのはありますね。
考えてみると、第2話も設定が会話によるもので、そういう部分でちょっと、というところはありますね。

>でも、やっぱりマイナー臭が感じられる作りだなぁ・・・・。
確かに(笑)
というか、朝アニメにすべきものを深夜にして、かつ、駆け足展開にすると、ある意味じゃ、そうなって当然、という感じもします(^^;)

Edit | Reply | 

TRACKBACK 11

この記事へのトラックバック
  •  うみものがたり #3
  • 視聴を打ち切ったはずだったのですが、録画予約を取り消すのを忘れていて^^;、録画しちゃったので第3話も視聴してしまいました。(^^;前回で魔法少女ものということはわかったのです...
  • 2009.07.11 (Sat) 03:43 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
  •  うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第3話「近づく心」
  • 何故か夏音の家に厄介になっているマリン、ウリン、松本。 都は亀が喋ってることに何も思わないのかな。 都会に、大学に、新しい世界に行きたい夏音。 新世界へ!! マリン、夏音、ウリンの入浴シーン。 DVDでは…。 万が一の時は甲羅譲ってくださいね~ 松本?...
  • 2009.07.11 (Sat) 03:45 | ♪風の~吹くまま~気の向くまま~♪
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  うみものがたり 第3話「近づく心」
  • うみものがたり 第3話の感想記事です。 ↓妄想詩人の手記(本館) http://coffeemonster.at.webry.info/200907/article_30.html ※この記事は、FC2へのT...
  • 2009.07.11 (Sat) 14:15 | 妄想詩人の手記<別館>
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  (アニメ感想) うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第3話 「近づく心」
  • うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第1巻【Amazon.co.jp限定リバーシブルジャケット仕様】 [DVD]クチコミを見る 海の巫女マリンと共に、空の巫女としてセドナに立ち向かうことになった夏音。宮守家に居候する事になり、初めて入るお風呂や初めて着る洋服等、空の世?...
  • 2009.07.15 (Wed) 02:56 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
この記事へのトラックバック