FC2ブログ

(書評)終末のフール

著者:伊坂幸太郎

終末のフール (集英社文庫)終末のフール (集英社文庫)
(2009/06/26)
伊坂幸太郎

商品詳細を見る


8年後、地球に小惑星が激突し、人類は滅びる。宣言から5年。当初の混乱も小康状態に…。残り3年を生きる人々を描いた連作短編集。
時間設定が絶妙。まず、読んでいて感じるのは、そこ。「世界は8年後に滅びます」 宣言のその瞬間を描いたわけでもないなら、「あと数日後、数時間後に滅びます」という瞬間でもない。滅びることの宣言から、パニックが一段落し、一方で、いざ滅びるときまで無為に過ごすには長すぎる、そんな時間軸を持ってくるところにまず巧さを感じる。
そして、その中での物語。ある者は、「平穏だった時代」の過ちから戻るきっかけを手に入れ、ある者は喪われた者の残したものを探す。また、ある者は、平時のままで過ごし、またある者は、その中でも新たな命と向き合う。そして、その中で、それぞれが滅びを前にしながらも、前向きさを手に入れる。「人間は、死を避けられないから、その命を大事にする」みたいな問答をどこかで耳にしたことがあるのだが、この世界の人々に共通するのは、そんなしたたかさ、しぶとさ、そして、(良い意味での)楽天的な才能というものだろうか。決して、斬新な物語とは言えないのだけど、その中での人々の姿がすごく心地よかった。
ただ、これは、すごくあら探しのような感じなのだけど、伊坂さんの作品と身構えて読んだ割に「あれ、意外と普通」という感想を持ったのも確か。それぞれ、読んでいて心地よいし、しっかりとまとまっているのだけど、これまで結構、大胆な展開であるとか、そういうものがあっただけに、ここまで素直な作品に拍子抜けした、というのは否めない。作品そのものに文句はないのだけど、それ以上を、と思うのは、伊坂さんに対する期待がもの凄く高いからなのだろう。
点数を付けるのならば、「佳作」「良作」という評価は当然に付けられる作品だと思う。

No.1745

にほんブログ村 本ブログへ



http://blog.livedoor.jp/outside_hill/archives/51541377.html
http://blog.livedoor.jp/dekodekoman/archives/51989264.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 2

この記事へのトラックバック
  •  『終末のフール』伊坂幸太郎
  • 世界の終わりが間近に迫った仙台を舞台にした連作短編集。 伊坂作品にお馴染みの他作品とのリンクは殆ど無いけれど、この作品内の短編間のリンクがイイ感じ。 話の本筋よりも、リンクの方に心躍ったり。 お気に入りの短編もあるし、全体的に見ても粒揃いだとは思うけ...
  • 2009.07.21 (Tue) 10:10 | 時間の無駄と言わないで
この記事へのトラックバック
  •  週末のフール<伊坂幸太郎>-(本:2009年)-
  • 終末のフール (集英社文庫)クチコミを見る 出版社: 集英社 (2009/6/26) ISBN-10: 4087464431 評価:90点 大阪に向かう新幹線の中で読もうと、東京駅構内の本屋で購入。 伊坂幸太郎という名前と、55万部突破というオビについ釣られてしまったが、55万部売れただ...
  • 2009.08.31 (Mon) 01:30 | デコ親父はいつも減量中