fc2ブログ

(書評)悪党

著者:薬丸岳

悪党悪党
(2009/07/31)
薬丸 岳

商品詳細を見る


「息子を殺した男を捜して欲しい。社会復帰したその男の暮らしぶりを見て、赦すべきか、赦さざるべきか、判断して欲しい」 自らも犯罪被害者遺族である佐伯が勤める探偵事務所に入った老夫婦の依頼。所長の依頼で、渋々、調査を開始する…
というところからの、連作短編集…という感じで良いのかな。
薬丸さん、デビュー作から、ずっと、こういう方向の作品を続けて発表しており、今回は被害者(遺族を含む)の被害者感情。これまでの、『虚夢』における刑法39条の問題、『天使のナイフ』における少年法の問題。それらは、罪を犯したにも関わらず、それぞれによって刑が不当に軽いのでは? という部分があった。今作は全く関連していない、というわけではないのだけど(少年犯罪で軽すぎる、というようなケースもあるし)、ちゃんと裁判を受け、その刑期を過ごして出所してきた相手を探す、というのがメイン。法律上の罪はしっかりと償っている、けれども、それでも晴れない感情。
ただ、一方で、加害者であった者は、では何をすれば赦されるのか? 出所し、真面目に働いて幸せな生活をすれば、被害者の憎しみは燃え上がる。しかし、再びロクでもない日々を送っていれば、やはり憎しみが出てしまう。作中で、加害者であった男の言う「何をすれば赦されるんだ?」というのは、その通りのように思う。
個人的なところで言うと、例えば、山本譲司氏の『獄窓記』など、犯罪を犯した者が、故に社会復帰を拒まれ、結果、刑務所にしか居場所がない、刑務所が福祉施設となっている、なんていう書を読んでいるだけに、ただ被害者感情を優先することの危険性も頭にあり、余計に色々と考えさせられた。そして、そんなテーマを綴りながらも、しっかりとエンターテインメント作品としてさらっと読める作品に仕上げているのは流石、という風にも思う。
正直、主人公・佐伯をはじめとして、周囲が犯罪被害者だらけで、しかも、結構、関係があったり…なんていう思いっきり人工的な人間関係にはツッコミを入れたくなるんだけど、それは野暮かな? とも思う。
作品としてのクオリティは非常に高いと思う。
でも…このタイトルは、ちょっとなぁ…。作中の1編目のタイトルなのだけど、あまりシリーズ全体のイメージには合致していないと思う。

No.1817

にほんブログ村 本ブログへ




http://tmxxb1973.blog82.fc2.com/blog-entry-1308.html
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/blog-entry-962.html
http://blog.livedoor.jp/ebinote/archives/51431990.html
http://blog.livedoor.jp/tg-wco4be2/archives/51400081.html
スポンサーサイト



COMMENT 2

きりり  2009, 10. 26 [Mon] 00:16

ん~たしかにタイトルが.... なんでこれなんだろうって感じですね
逆によんでる時は、タイトルが気にならないほど印象的でない

Edit | Reply | 

たこやき  2009, 10. 26 [Mon] 22:13

きりりさんへ

タイトルはちょっと「?」が残りますよね。
でも、仰るように、読んでいる最中には、あまり気にはならなかったのですが、読後に感想を書いていて気になりました(笑)

Edit | Reply | 

TRACKBACK 5

この記事へのトラックバック
  •  「悪党」薬丸岳
  • 悪党(2009/07/31)薬丸 岳商品詳細を見る 細谷夫婦が佐伯修一の勤める探偵事務所を訪ねてきたのは十日前のことだった。依頼は、坂上洋一という男...
  • 2009.09.18 (Fri) 18:20 | しんちゃんの買い物帳
この記事へのトラックバック
  •  悪党 〔薬丸 岳〕
  • 悪党角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-07-31売り上げランキング : 9576おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 自らが犯した不祥事で職を追われた元警官の佐伯修一は、今は埼玉の探偵事務所に籍を置いている。決して繁盛しているとはいえない...
  • 2009.10.05 (Mon) 21:39 | まったり読書日記
この記事へのトラックバック
  •  薬丸岳「悪党」
  • 探偵事務所に勤める佐伯は、子供の頃に姉を殺害されていた ある費、事務所を訪ねてきた夫婦から昔、自分の息子を殺害した犯人を探して欲しいと依頼を受ける そして今その犯人を今もう赦すべきか、赦さざるべきかの判断をして欲しいと頼まれる いったい何をもって赦す、...
  • 2009.10.27 (Tue) 03:06 | 聞いてあげるよ君の話を
この記事へのトラックバック
  •  悪党 (薬丸 岳)
  • 不祥事が原因で、 警官を懲戒免職になり、 今は探偵事務所に勤めている、 佐伯修一が主人公。 佐伯は被害者家族。 その加害者に対しての、 おさまることのない復讐心。 佐伯の勤務する探偵事務所にも 佐伯と同じ心を持った、 被害者の依頼がくる。 人を探し出すことに?...
  • 2010.01.27 (Wed) 18:59 | 花ごよみ
この記事へのトラックバック
  •  「悪党」 薬丸岳
  • とってもテーマ性がある連作短編小説です。 つまりは。 「被害者遺族は加害者を赦すことができるのか」 自らが犯した不祥事で職を追われた元警官の佐伯修一は、今は埼玉の探偵事務所に籍を置いている。決...
  • 2011.03.27 (Sun) 18:17 | 日だまりで読書