fc2ブログ

(書評)2円で刑務所、5億で執行猶予

著者:浜井浩一

2円で刑務所、5億で執行猶予 (光文社新書)2円で刑務所、5億で執行猶予 (光文社新書)
(2009/10/16)
浜井浩一

商品詳細を見る


日本における凶悪犯罪は、減少傾向にある。しかしながら、その一方で、刑罰は厳罰化という逆の状況を示している。
本書は、まず、日本の犯罪状況を統計などから検証し、その上で現在行われている「防犯対策」などの問題点を明らかにする。後半では、日本の司法システムとその背後にあるポピュリズムなどを考察し、その問題点と、どうすべきか、ということを考察する。
前半の犯罪傾向についての考察。この内容としては、『犯罪不安社会』などと重なるし、また、後半の刑務所における人々の姿などは『刑務所の風景』などで綴られたものと重なる。ポピュリズムなどについても、同様のテーマで綴られた書が発表されており(私は読んでいないのだが)、そういう意味では、著者のこれまでの書籍を網羅的にまとめた書という事が出来るのだと思う。
なので、ちょっと感想を書きづらい、と感じたのは、これまでに著者の書籍について書いたものと同じような内容になってしまう、という点だろうか。ただ、それを含めて言えるのは、ちゃんとした検証を経た、根拠のある対策を施すべきである、というメッセージだろうか。
各地で防犯対策として叫ばれている「割れ窓理論」に対する疑問点。青い街頭への疑問。刑務所などで行われているブートキャンプや反面教師教育の効果の検証。さらに、そこから一歩進んで、実際には犯罪が増えていないにも関わらず、「治安悪化」というイメージの先行…と、すべて「実態と乖離した現象」と言える。さらに、終盤で述べられる刑務所での自己実現というのは、事実であるとしても、一種の皮肉に聞こえてしまうのは何とも…。
厳罰化、死刑の増加、不審者はすべて排除…というのは、威勢がよいが、目の前から排除しても、その対策をどこかでしなければならず、結局、どの程度の効果があるのかはわからない。また、そのように徹底的に排除する社会というのは極めて居心地の悪い社会になるというのも間違いない。その主張は、その通りであると思う。
ただ、著者自身が、「読みやすさのため、注釈やリファレンスを省略した、と述べているように多少、その論拠などはどこだろうと感じる箇所があった。二分論的なわかりやすさの問題点などを述べているだけに、その辺は減点材料になるかも知れない(個人的には、ポピュリズムなどについての部分で、それを感じた。その辺りについての著者の書を、今後読んでみようと思うが)
とは言え、これまでの著者の主張などを網羅的に記した書で、著者の書籍を読んでみよう、という人にはまずこの書を、というので良いのではないだろうか。

No.1877

にほんブログ村 本ブログへ




スポンサーサイト



COMMENT 2

嵐山  2010, 12. 03 [Fri] 09:17

メディアの問題は大きいですね――殺人事件減少をトップニュースで報じない――(治安悪化という傾向をずっと報じてきているので、今更方向転換できない?)。
まあ、それはともかく著者の浜井浩一氏の文章に対して少しイヤミを。〈そもそも厳罰化に犯罪を抑止する効果などあるのか〉…厳罰化に犯罪抑止効果が(まったく)ないなら、どんどん刑罰を軽くしていけばいいんじゃないかな(笑)。〈治安悪化に踊らされ、疑心暗鬼になって不審者を狩り出していたら刑務所は社会的弱者でいっぱいになってしまった〉…狩り出していたら? 現在の日本のどこにそんな事実があるというのだろうか!?

Edit | Reply | 

たこやき  2010, 12. 03 [Fri] 20:51

嵐山さんへ

コメント、ありがとうございます。

>メディアの問題は大きいですね――殺人事件減少をトップニュースで報じない――(治安悪化という傾向をずっと報じてきているので、今更方向転換できない?)。

別に方向転換できない、ということはないと思うんですけどね。
治安などに限らず、「悪いことは大々的に」「良いことはひっそりと」という傾向があるような気がします(あくまでも、気がするだけ、ですが)

確かに、文章の細かいところを見ていくと、ちょっと皮肉を入れすぎる、とか、極端な部分があるとは思います。厳罰による犯罪抑止などは、罪状などによるでしょうしね(その辺りをしっかりと考えるのは大事だと思います)

Edit | Reply |