FC2ブログ

(書評)虫とりのうた

著者:赤星香一郎

虫とりのうた (講談社ノベルス)虫とりのうた (講談社ノベルス)
(2009/08/07)
赤星 香一郎

商品詳細を見る


作家志望の赤井は、ある日、自分が見捨てた、助けを求める少女が、その父を名乗った男に殺害されたことを知る。そのことが心に引っかかる赤井は、その少女が、「虫とりのうた」という唄に纏わる都市伝説を広めていた一人ということを知るのだが…
第41回メフィスト賞受賞作。
うーん…ちょっと完成度で劣るかな、これは。
地元の作詞家が作詞したという「虫とりのうた」。表面上だけ見れば、虫取りに興じる姿に見えなくもないが、しかし、それにしては過激な文言の並ぶそれ。その歌詞が示すように、次々と死んでいく関係者。そして、その歌の元となったものと、誰がそれを引き起こしているのか…
という謎が提示される形で物語が展開される。本当に、「歌詞」そのものが気持ち悪いし、終盤の、元凶ともいえる存在の姿なども気持ち悪い。そういう部分については評価したい。
ただ、全体的な完成度がどうにも…。
まず、序盤。物語の入りとしてすごく唐突で、「あれ?」と感じる部分がある。冒頭に書いた導入部だと、見逃したシーンと子供が殺害されたことを知るシーンがすぐに来るように感じるかも知れないが、その間に、赤井が妻の実家へ帰省するとかそういうのが挟まり、まず「どこへ行くの?」という感じがした。そして、調査を開始して、人が次々と亡くなっていく、にしても、確かに「解釈すれば出来る」けど、しかし、かなり無理があるような感じがするし、元凶などは多分そうだろうな、と想像出来る範囲内。
何よりも感じたのは、主人公の心変わりの速さ。お人好し過ぎて、すぐに他人を信じる、というわけではないのだが、何かちょっと言葉を聞くとすぐにそれに影響されて見方が簡単に反転してしまうのは、正直…う~ん…と感じる。ある意味、それが気持ち悪い、とは言えるのだが。
著者の言葉として、「解明されていない秘密が隠されている」というのがあるのだけど、言わせてもらえば…候補がありすぎて困ります!
登場人物、都市伝説などに纏わるディテールについても甘い部分が多く、それが全体的な説得力そのものの弱さにも繋がってしまったように思う。全体的に、厳しい評価になってしまう。

No.1901

にほんブログ村 本ブログへ




スポンサーサイト



COMMENT 0