FC2ブログ

(書評)ほおずき地獄 猿若町捕物帳

著者:近藤史恵

ほおずき地獄―猿若町捕物帳 (光文社時代小説文庫)ほおずき地獄―猿若町捕物帳 (光文社時代小説文庫)
(2009/06/11)
近藤 史恵

商品詳細を見る


吉原に幽霊が出る。そして、その幽霊の出たあとには、縮緬細工のほおずきが…。ふと耳にした噂に、同心・玉島千蔭は、それを調べる最中、その幽霊が目撃された茶屋の主人夫婦が殺害される。その一方で千蔭は突如舞い込んだ縁談にも振り回され…
「猿若町捕物帖」シリーズの第2作。いや~…面白かった。第1作目の『巴之丈鹿の子』では、主立った登場人物の紹介、出会いなどが描かれていたわけで、ちょっともたもたした、という印象が残ったのだが、本作ではそういうところは完全に解消され、すぐに物語に入って行けた。
巻末解説で、細谷正充氏が「物語に無駄な部分がなく、旨味をぎゅっと凝縮したストーリーになっている」と記しているのだが、全く同感。とにかく、非常に作品としてのバランスが良い。
物語の中心となるのは、冒頭にも書いた幽霊騒動と、その先に起こった殺しの事件。その最中に、幽閉された少女と、そこへ通う男の恋物語が書かれ、さらに、白髪の私娼の存在…という謎が次々と持ち込まれる。これだけでも、十分に魅力的。
ところが、そこに今度は、生真面目で堅物な千蔭と、じゃじゃ馬娘・お駒の縁談というコミカルな描写が入るために、ただ、ミステリアスな謎だけでなく、適度に軽く、しかし、その陰に悲しい物語が展開されている、という絶妙な匙加減の作品に仕上がった、という風に思う。しかも、そのじゃじゃ馬娘・お駒の話も、しっかりと、事件の方と繋がるから余計に。
少女の恋、男の恋、そして、不可解な茶屋主人の最期の謎…。ちょっと先に書いてしまったけれども、事件の裏にある悲しい物語が、何とも切ない余韻となった残った。
誰が犯人か、とか、謎の答え、とか、そういうところだけを見れば決して難解な謎とは言えない。でも、その物語の余韻、さらに、ミステリアスな事件とコミカルさの匙加減の絶妙さ。そういうものを総合しての完成度は非常に高い傑作だと思う。
面白かった。

No.1905

にほんブログ村 本ブログへ




スポンサーサイト



COMMENT 0