FC2ブログ

夏のあらし! 春夏冬中・第9話

「淋しい熱帯魚」

体力のない潤に「大切な人を守るためには、体力は必要だ」と訴えるはじめ。「大切な人」の一番は「あらし」というはじめに、潤は…

なんか、すご~くなが~いインターバルを挟んでようやく物語が動いた印象。
最初、漬けはじめた漬け物を、タイムトリップで過去に持って行って隠して、現在に戻ると漬かっている、というのが始まったときにはどうなるかと思ったけど。
過去の自分たちが知らないであろう場所に隠すのがポイント、って、冷蔵庫の中は、知らなくても開けると思う。まして、洗濯物…冷蔵庫の中に食べ物入れると確かに乾燥するけどさ…(笑) 他の食品も、変な臭いとか付いてそうだ(笑)

一見、がさつに見えても、あらしのことを信頼しているはじめ。
そして、「通じた関係」という関係を信頼しているはじめ。
でも、夏が終わればあらしたちは消えてしまう、ということを知らないはじめ。
潤に教えられたはじめは、あらしに、そのことを問う。

「来年も、また来れば会える」
「来年になれば、忘れてしまう」
というところまでは、何か不可思議な力か何かで、記憶が消えるのかな? と思ったのだけど、その後のあらしの…
「非現実的な出来事は、現実の中では押し流されてしまう」
というと、記憶が操作されるとか、そういうものではなさそう。もっとも、これについてあらしがオブラートに包んだ言い方をした可能性もあるし、また、そういうものについてどの程度詳しいのか? という疑問もある。あらしたちの場合、夏が終われば消えてしまい、翌年に現れたとき、誰も知らない、という状態から再び…というのを繰り返して「推測した」と言う可能性もあるし…。
ともかく、そういう言葉もあり、あらしは、はじめの言葉を拒絶してしまう。

そして、翌日…
一見、いつも通りを装うはじめとあらし。けれども、所用でタイムトリップしてくれ、というマスターの言葉に、タイムトリップしようとしたが…

最初にも書いたけど、ようやく話が動いたな~…と。
こういう風に話が動いてくれると、色々と予想やら考察やらが出来て楽しい(笑)

どーでも良いこと。
カヤさんは「おばさんくさい」というか、ギャグが「おじさんくさ(略)

夏のあらし!~春夏冬中~01(特装盤) [DVD]夏のあらし!~春夏冬中~01(特装盤) [DVD]
(2009/12/23)
伏見やよゐ(CV:野中藍)上賀茂潤(CV:小見川千明)

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ




http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2009-11-30
http://boogiepop77.blog24.fc2.com/blog-entry-2081.html
http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-c151.html
http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/blog-entry-598.html
http://flanpoemega.blog42.fc2.com/blog-entry-493.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2681.html
http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-192.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1639.html
http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/archives/51343283.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-1372.html
http://lilyiris.blog26.fc2.com/blog-entry-1233.html
http://keycafe.blog27.fc2.com/blog-entry-639.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4076.html
http://anitomato.blog54.fc2.com/blog-entry-1079.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=2099
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-3747.html
スポンサーサイト



COMMENT 2

みとみー  2009, 12. 08 [Tue] 03:25

>なんか、すご~くなが~いインターバルを挟んでようやく物語が動いた印象。
やっと本編に戻ってきた印象です。
それこそ「終わらない夏」を見せられた気分で(ぇ

>「非現実的な出来事は、現実の中では押し流されてしまう」
これって一期の第1話冒頭の麦人さんのナレーションを思い出しました。
幻のような体験だった夏の思い出を振り返る様子。
振り返った時、胡蝶の夢のような感覚になるのでは?と想像しました。

>最初にも書いたけど、ようやく話が動いたな~…と。
いやー、やっと本編に戻ってくれて正直ホッとしました。
思えば随分脱線してくれましたねー。

一とあらしのすれ違いと言う展開も意外でしたしやっと興味をもって見ることが出来ました。

Edit | Reply | 

たこやき  2009, 12. 10 [Thu] 19:15

みとみーさんへ

本当、「ようやく」ですよね。

>これって一期の第1話冒頭の麦人さんのナレーションを思い出しました。
そういえば、第1期は、そういうナレーションがありましたね。確かに、雰囲気として、今回のあらしの言葉が気になります。

はじめとあらし、の話の方が、という感じですけど、ここまでがあんまり意味がないような話だっただけに、余計に、っていうのがありますね。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 23

この記事へのトラックバック
  •  夏のあらし!~春夏冬中~ 第9話 淋しい熱帯魚  レビュー キャプ
  • マスターがいつもいう、賞味期限が切れた食品を賞味期限が切れる前にもって いけばどうにかなるか?というやつから、ヒント?を得て、今、漬けたばかりの 漬け物を三日前や、数時間前にもって行き、その時点の自分が見つけなさそうな 場所に隠してから、戻ると、漬け物が?...
  • 2009.11.30 (Mon) 08:11 | ゴマーズ GOMARZ
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  夏のあらし! ~春夏冬中~ 第9話「淋しい熱帯魚」
  • ひと夏の一期一会かもしれないのに、方舟で過ごす日常が当然のようになっていた「夏のあらし!」。2期も第9話で夏の終わりを予感させる流れになってきた。 幽霊たちと過ごす日常と非日常の交錯する喫茶店方舟は、現代少年と戦前の少女の幽霊が過ごすユートピアのようなも...
  • 2009.11.30 (Mon) 11:05 | アニメレビューCrossChannel.jp
この記事へのトラックバック
  •  夏のあらし 春夏冬中 9話
  •  【夏のあらし 春夏冬中】    9話 「淋しい熱帯魚」    毎週日曜 25:30~      OP曲:「おやすみパラドックス」  ED曲:...
  • 2009.11.30 (Mon) 13:02 | アニメ無料動画が見れる「アニポケット+」
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  「夏のあらし!~春夏冬中~」 第9話
  • ☆ 「夏のあらし!~春夏冬中~」 第9話 ☆ 「潤」から伝えられる「あらし」の真実。 いよいよ本作も、物語の中核たる「悲劇性」にスポットが当たってきたようです。  周知の如く「あらし」達は、夏が終わると消える。 「あらし」達は大人への階段の途上に出会え ...
  • 2009.11.30 (Mon) 22:25 | HARIKYU の日記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  夏のあらし!春夏冬中(あきないちゅう) 第9話「淋しい熱帯魚」
  • 張り込みをするグラサンは小腹が空いて方舟にラーメンの出前を注文……なんで喫茶店にラーメンを頼むよ。そしてもちろん料理の名前を忘れた伏見やよゐは山崎加奈子に料理について語る。それは胸弾む美しきメニュー。澄み渡る潮には細やかな航路の如き波が溢れ……水玉のビ...
  • 2009.12.02 (Wed) 20:08 | 無限回廊幻想記譚
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ◎夏のあらし!春夏冬中第9話「淋しい熱帯魚」
  • グラサン、残され島にいた。そして、出前を頼む。またこのパターンか、また名前忘れてた。アニメを当てるのと違うから正直面白くもなんともないな。ジュンとハジメは買出しにいってた。帰って来ると、マスターが大事な話をするという。また、賞味期限が切れた生牡蠣をタイ...
  • 2010.03.04 (Thu) 17:18 | ぺろぺろキャンディー