fc2ブログ

(書評)ここに死体を捨てないでください!

著者:東川篤哉

ここに死体を捨てないでください!ここに死体を捨てないでください!
(2009/08/20)
東川 篤哉

商品詳細を見る


大学生の妹から掛かってきたのは、アパートに現れた女性を刺し殺してしまった。そして、思わず仙台まで逃げてしまった、という電話。OLである香織は、急遽、妹のアパートに向かうと、確かにそこには女性の他殺体が。持ち物から、「山田慶子」という隣の村に住む女性と知った香織は、ひょんなことから知り合った廃品回収業の鉄男と共に、その隠蔽を目論む。そんな頃、山田慶子からの連絡を待つ探偵の鵜飼は、前日の電話にあった隣村のペンションへと(勝手に)向かって・・・・・・
ゆる~い(褒め言葉)
烏賊川市を舞台とした、探偵・鵜飼のシリーズもこれで第5作目。良い感じに、その「ゆる~い」空気に包まれてきた気がする。とにかく、今回は、その冒頭から、色々とツッコミどころ満載で、そのゆるさを遺憾なく堪能できた。
物語としては、冒頭にも書いた死体隠蔽を目指す香織&鉄男と、死体になっている慶子の言葉で隣村にやってきた鵜飼たちが・・・・・・っていう話になるわけだけど、湖に車ごと死体を投棄して、足がなくなって同じペンションにたどり着く、とか、やっぱり「らしい」ギャグで安心。しかも、そこで事件が起こり、さらに、山田慶子を殺したのが、実は妹ではない、なんていうのが判明して(タイトルで、その辺は感じると思うから、ネタバレでないと判断する)、なんていうので結構、色々と展開を捻っているように思う。
そして、トリックそのものは、かなり大胆なもの。
といっても、同様のトリックの作品そのものは、ちょっと考えただけでいくつか思いついたし、そんなわけで、ヒントが出たところで「これかな?」という風に思った部分はある。ただ、この作品に関しては、それでも許せてしまう空気が漂っているように感じる。仙台に逃げたはずなのに、緊張感が無くて、楽天の試合を見ている妹とか、そういうのも含めて、緩さ溢れる部分が良いんだよな・・・・・・これ(笑)
まぁ、合う、合わない、の相性の問題はあるのかも知れないけど、なんか、シリーズを追ってきた身としては、この作品は「成熟した緩さ」とでも言うものが完成しているような気がする。
単行本の発売から半年。既に楽天の監督は野村監督じゃないよ、とか、どーでも良いツッコミを入れながらゆる~く楽しめた。

No.2001

にほんブログ村 本ブログへ




http://blog.livedoor.jp/naepon0808/archives/52102125.html
スポンサーサイト



COMMENT 2

苗坊  2011, 06. 27 [Mon] 13:20

こんにちは^^
東川作品コンプリートしました~。この数ヶ月は楽しい時間でした^^
私もこのゆる~い感じ好きです。もうツッコミどころが満載でしたけど、それがいいんですよね。「成熟した緩さ」って表現がお上手!まさにそんな感じですね^^
私も楽天のくだりは、2年前はノムさんなんだよなぁ~と思いながら読みました。

Edit | Reply | 

たこやき  2011, 06. 30 [Thu] 00:20

苗坊さんへ

東川さん作品コンプリート、おめでとうございます。
すっかり逆転されました(笑)

東川さんの作品って、トリックとかをしっかりと作ったうえで、それを崩さないような形で「緩さ」を入れているように思います。そして、シリーズを重ねるごとに、それが成熟しているような……

野村監督とかは、やっぱり時間の経過で、となりますよね。
文庫になるときは、他の人に代わるとかするんですかね?(笑)

Edit | Reply |