(レース回顧)クイーンC、京都記念

京都記念(◎ブエナビスタ 単複的中)

ブエナビスタ、ドリームジャーニーの2強が当然のように人気を集めた今年の京都記念。
予想通りに飛びしたホクトスルタンにセラフィックロンブが競りかけるようにスタンド前で動き、3番手にブエナビスタとトウショウシロッコ。ジャガーメイルは5~6番手につけ、その後ろにドリームジャーニー。サンライズマックスは後方から、という体勢。
直線に入ってホクトスルタンが逃げるところに、じわじわとブエナビスタが迫り、残り100M付近で追いつく。外からジャガーメイルが一度はそこに並びかけるものの、ここからもう一度、ブエナビスタが伸びる形でジャガーメイルを突き放して1着入線。ジャガーメイルが2着、ドリームジャーニーは3着。
ブエナビスタ、ちょっと人気になりすぎたかな? と思ったのですが3番手から、並びかけられて突き放す内容は見事。やっぱり強いですね。ジャガーメイルは、ブエナビスタを徹底的にマークする競馬で一度は、と見せての2着。力はあるのですが……なんか、勝ちきれないですね。なんか、往年のステイゴールドを思い出してならないのですが。
ドリームジャーニーは、やっぱり小回りコースが、という印象ですね。最後はしっかりと伸びているのですが、やはり器用さが試されるレースが向いているように思います。
あと、個人的に今後が楽しみに感じたのはホクトスルタン。最後は負けましたが、それでもかなり粘っており、状態がかなり戻ってきたな、と感じさせる内容だったと思います。



クイーンC(◎アプリコットフィズ 単複的中)

ビービーエーディンが飛び出した後ろに人気のアプリコットフィズと、引っかかり気味のテイラーバートン、ブルーミングアレーらが付く形になり2番手、3番手。
直線に入って、内からじわじわとテイラーバートンが先頭につき、その外からアプリコットフィズ。一騎打ちになるかと見せて、しかし、一旦、追い出すと一気に後続を突き放して最後までセーフティリードを保ったままの入線。2着には、最後方から一気に伸びてきたプリンセスメモリーが突っ込み、3着にテイラーバートン。
アプリコットフィズ、これは強かった。直線に入ったところでは、テイラーバートンの脚色が良かったのでどうなるかと思ったのですが、追い出したらあっという間に差を広げて、最後は流すような競馬で勝利。強かった。
前走は2着に敗れたわけですが、なんか、そこからの成長も感じました。これ、本番が楽しみです。


単勝成績(760円/1400円 回収率54.3%)
複勝成績(510円/1400円 回収率36.4%)

馬ぬいぐるみキーホルダー ブエナビスタ 69回桜花賞馬ぬいぐるみキーホルダー ブエナビスタ 69回桜花賞
()
アバンティー

商品詳細を見る


にほんブログ村 競馬ブログへ




スポンサーサイト

COMMENT 0