FC2ブログ

(書評)三匹のおっさん

著者:有川浩

三匹のおっさん三匹のおっさん
(2009/03/13)
有川 浩

商品詳細を見る


父から受け継いだ剣道道場には生徒がいなくなり、会社も定年退職。しかも、そこで二世帯住宅の嫁に言われたのは、道場を潰して、何か教室を開きたい、という一言。散々な誕生日を迎えてしまった清田清一に、幼馴染みの重雄が出したのは、自分たちで自警団を作ろう、というもの。もう一人の幼馴染み、則夫と共に早速、活動を始めるのだが……
『三匹』というと、どうしても時代劇『三匹が斬る』を思い出す。役所広司さん、若かったなぁ(どーでも良い)
物語は、そんなわけで、剣道の達人である清一、その幼馴染みで柔道の達人である重雄、身体が小さく、武道とかはやっていないけど、工場を経営していて、様々な武器を作ってそれを持っている則夫の3人が、街で起こるカツアゲや、痴漢や、はたまた悪徳商法やら、といったものを成敗していく、という連作短編集。主人公がおっさん、というか、還暦を過ぎている面々ということもあって、結構、ここ一番では説教くさいし、お節介だし、というのはあるのだけど、でも、なんか熱い。それが良い。
また、その清一の孫で、いかにもな若者の祐希と、則夫の娘で、かなり家庭的な早苗の関係とか、予想外に「甘い酸っぱい」話とかもあって、やっぱり、有川浩さんだな~、という風に思ったりもする。でも、祐希じゃないけど、この3人の保護者が、文字通りに「見守っている」状況って、かなり大変そうなんだけど(笑) 則夫は、本当に3人の中でも一番「キレた」人だし(笑) でも、祐希が清一のファッションに色々と口出しをして、何だかんだ良いながら楽しそうにやりとりをしている場面とか、笑いだとかも存分に含んでいて、楽しく読むことができた。
事件に関しては、色々と社会だとかについて言われている問題だとかを題材にしているな、という印象。熟年離婚だとか、高齢者を狙った悪徳商法とか、そういうのを含めて。
ただ、この話だけ見ていると、若い世代があまりにも情けなく描かれすぎじゃない? という気がしないでもない。祐希と早苗以外、みんな、ダメじゃん、っていうのばかりだし。もうちょっと若い世代にも、何か見せ場が欲しかったな、というのは感じる。
でも、そういうのはあまり気にせず、破天荒なおっさんたちの活躍を楽しむ、っていうので良いんだろう。楽しかった。

No.2013

にほんブログ村 本ブログへ





http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-5049.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-1470.html
http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-865.html
http://blog.livedoor.jp/magic55girl/archives/1776021.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 7

この記事へのトラックバック
  •  三匹のおっさん/有川 浩
  • 有川浩さんの新作、「三匹のおっさん」を読み終えました。 還暦を迎えた元3匹の悪ガキが、ご町内の平和を守る三匹のおっさんとして活躍す...
  • 2010.02.22 (Mon) 17:29 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
  •  『三匹のおっさん』著:有川浩
  • 『三匹のおっさん』著:有川浩 / 文藝春秋 (2009.3.15) 三匹のおっさん文藝春秋 2009-03-13売り上げランキング : 7759おすすめ平均 Amazonで詳しく見る...
  • 2010.02.23 (Tue) 11:16 | ジャスタウェイの日記☆
この記事へのトラックバック
  •  三匹のおっさん 有川浩
  • かつての悪ガキが結成した自警団が、今日もご町内の悪を斬る! 剣道師範のキヨさん、柔道の猛者シゲさん、機械で無敵の頭脳派ノリさん。 ...
  • 2010.03.04 (Thu) 00:31 | 粋な提案
この記事へのトラックバック
  •  おっさんの活躍
  • 小説「三匹のおっさん」を読みました。 著書は 有川 浩 3人のおっさんの自警団、世直し物語 6つの話から構成されています 安定した面白さがあって ストーリーもそれぞれ違い楽しめました 3人のおっさんのキャラも良くて
  • 2010.08.13 (Fri) 00:57 | 笑う学生の生活
この記事へのトラックバック
  •  「三匹のおっさん」 有川浩
  • 「図書館戦争」などベタ甘文学のスペシャリスト、有川浩先生による異色のシニア活劇小説「三匹のおっさん」 これは面白い!!今まで読んだ有川作品でもかなり上位に入る! 剣道の達人キヨ、柔道家で居酒屋亭主のシゲ、機械にめっぽう強いノリは子供のころから「三匹の...
  • 2010.08.13 (Fri) 23:08 | 日々の書付
この記事へのトラックバック
  •  「三匹のおっさん」/有川 浩
  • 『三匹のおっさん』/有川 浩(文藝春秋刊)       有川 浩さんの小説は先日初めて「阪急電車」を読んだ。 短い路線の往復の間で、様々な人間関係が交錯する面白い小説だった でも、最初に読みたかったのはこの「三匹のおっさん」の方。 実は図書館...
  • 2010.09.08 (Wed) 12:06 | 京の昼寝~♪
この記事へのトラックバック
  •  三匹のおっさん
  •  人生50年の信長の頃ならともかく、今は人生80年の時代だ。多くの会社で停年として設定している60歳ではまだまだ元気な人が多い。無年金期間に対応するため、法律上は ...
  • 2014.05.14 (Wed) 20:39 | 風竜胆の書評