FC2ブログ

ひだまりスケッチ×☆☆☆・第9話

「11月22日 三年生と一年生」

朝から、ひだまり荘の前に点々と続くゴマの道。それは、ミサト先輩の部屋へと繋がっていて……

「下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる」
「色々とアンテナ立てて、やってみれば良い」

最初に思ったのは、「リリ先輩ってどなた?」ということだったり。
ミサト先輩に関しても、なんか、2期目とかで、かなり破天荒なキャラっていうのは知っていただけに、今回は、ごくごく普通に「先輩」していたなぁ、と。
でも、「奨励賞をとったのは良いけど」とか、そういうので、さえが「小説家」となったのが高校に入った後なのか、とか、ちょっと意外だった。いや、実際、中学生時代からプロになる、ってのは殆ど無い、ってわかっているけど……
ただ、これまで、「自分の小説の挿絵を描きたいから、美術科に入った」みたいなのがあったから余計に。
でも、そこで言っていた「2作目が……」っていうのは、小説家にとって一番、厄介なところなんだろう、っていうのは、普段、色々と読んでいて思う。デビュー作は、色々とそれまで暖めていたものだけど、プロとして本格的に書き始めた2作目で苦労して、という人……本当、多いし。

「まだ1年生なんだし」

っていう、ミサト先輩の言葉、高校生とは思えないほど、無茶苦茶、的確でちょっと感動した。

……そして、ヒロはここから、女房としての日々が始まったのか、と……(笑)



「5月21日 泣く女」

平面構成についての授業で、公園へとやってきたゆのたち。「光と影」というテーマで描くことになって……

と、Aパートとは、あまり繋がりのない話。
こちらは、いつも通り、というか……ゆの、なんか、おっさんくさいダジャレが……(笑) なんか、Aパートで、結構、真面目な内容をやったせいか、Bパートは、すっごく、何てことのない話だったように思う。

とりあえず、石にぶつけると、って……
あれだけでっかい石を、あの距離飛ばすのって、大変だと思う(笑)
そして……
ゆのによって、伝説は終焉を迎えるとは……(笑)


しかし……
今回も、うめ先生がいません……(涙)
前回、久々に登場したと思ったのに(涙)

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 2(Blu-ray Disc)ひだまりスケッチ×☆☆☆ 2(Blu-ray Disc)
(2010/04/21)
TVアニメ≪CD付完全生産限

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ




http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-03-05
http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/archives/51434696.html
http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-290.html
http://pinoer.blog97.fc2.com/blog-entry-39.html
http://ochatsu.blog36.fc2.com/blog-entry-1647.html
http://glossyleaf.blog8.fc2.com/blog-entry-827.html
http://blog.livedoor.jp/superunkman/archives/50628500.html
http://tasogareonsen.blog70.fc2.com/blog-entry-2.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-810.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-3967.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=2187
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-884.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/firstsnow/story/?story_id=1897772
http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-1727.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50834958.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-1519.html
http://hakuroupunk.blog56.fc2.com/blog-entry-1828.html
http://flanpoemega.blog42.fc2.com/blog-entry-720.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-2183.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4329.html
http://kuraltuka.blog8.fc2.com/blog-entry-254.html
http://attakasanonitijou.blog41.fc2.com/blog-entry-879.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=1522
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2925.html
http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-382.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1043.html
スポンサーサイト



COMMENT 2

みとみー  2010, 05. 09 [Sun] 22:50

ゆの達不在時代ひだまり荘のエピソード。
>最初に思ったのは、「リリ先輩ってどなた?」ということだったり。
>ミサト先輩に関しても、なんか、2期目とかで、かなり破天荒なキャラっていうのは知っていただけに、
>、さえが「小説家」となったのが高校に入った後なのか、とか、
>……そして、ヒロはここから、女房としての日々が始まったのか、と……(笑)
かなり重要なエピソードだったのに原作で見た記憶が無い。。。
と言うわけで原作を読み返す・・・・・・・無い・・・・・・・・。
ってことはコレ、アニメオリジナル設定?
なんと大胆な。原作でも語られていない要素をアニメで創作してしまってる。
しかも違和感が感じられない程、説得力あるし。
いや、ホントにスタッフの力量には恐れ入ります。

>「5月21日 泣く女」
うって変わってこちらは、ほぼ原作通り。
傍目からはこちらがアニメオリジナルと言われても信用してしまうのでは?(笑)

>今回も、うめ先生がいません……(涙)
この頃から、たこやきさんがうめ先生を隠したものと疑いを抱くようになりました(ぉぃ

Edit | Reply | 

たこやき  2010, 05. 16 [Sun] 04:25

>ってことはコレ、アニメオリジナル設定?
>なんと大胆な。原作でも語られていない要素をアニメで創作してしまってる。

これ、完璧なオリジナルだったんですね。

>傍目からはこちらがアニメオリジナルと言われても信用してしまうのでは?(笑)

と仰るように、どっちが……と言われてもわからないです。
少なくとも過去話について、何らかのひな形くらいはあると思っていたので……完全なオリジナルって、コメントでいただいて驚きました。
いつもの面々が……っていうBパートの方がオリジナルとしては作りやすそうですし(笑)

>この頃から、たこやきさんがうめ先生を隠したものと疑いを抱くようになりました(ぉぃ
なぜ、私が妻を隠す必要が?(違)

Edit | Reply | 

TRACKBACK 33

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ひだまりスケッチ×☆☆☆ #9「11月22日 三年生と一年生/5月21日 泣く女」感想
  • 沙英とヒロさんが一年の頃のお話この頃からしっかりしてるわーヒロと沙英のコンビは完成しつつあったのか吉野屋先生と校長は変わってないね(´д`)昔話を垣間見れて面白かった。お風呂タイムはヒロさんと沙英かよwwBパートは光と影を題材に外で絵を書く授業ゆののお寒?...
  • 2010.03.05 (Fri) 07:27 | サブカルなんて言わせない!
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第9話
  • ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第9話 『11月22日 三年生と一年生/5月21日 泣く女』 ≪あらすじ≫ それはまだ、ゆのと宮子が来る前の『ひだまり荘...
  • 2010.03.05 (Fri) 10:23 | 刹那的虹色世界
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第9話「11月22日 三年生と一年生/5月21日 泣く女」
  • 今回はゆのと宮子抜きで3年生と1年生を描くと考えた向きもあったようだが、現在編は5月をゆっくり進行中だから、11月のエピソードだと気づけば過去編だと想像がつく。一昨年に時間を遡り、ヒロと沙英が1年生の頃、先輩の3年生との出来事を描いている。 ひだまり荘の伝説?...
  • 2010.03.05 (Fri) 11:53 | アニメレビューCrossChannel.jp
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ひだまりスケッチX☆☆☆ 第9話
  • ひだまりスケッチX☆☆☆ 第9話、「11月22日 三年生と一年生」「5月21日 泣く女」。 原作は未読、アニメ1期と2期は視聴済です。 沙英さんたち...
  • 2010.03.05 (Fri) 20:51 | おちゃつのちょっとマイルドなblog
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『ひだまりスケッチ☆☆☆』 第9話 観ました
  • ・・・・ 一体何が起こったひだまりスケッチ。 キャラが変わっている・・・ みさと先輩とリリさん? 記憶が確かなら、先輩だよね。ゆのっちとみやちゃんが来る前までいたと言う。 でも、リサさんって名前は初めて聞いたような気が・・・ ってより、絵が雑だよ? 影に鉛筆?...
  • 2010.03.06 (Sat) 01:09 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第9話
  • ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第9話「11月22日 三年生と一年生/5月21日 泣く女」 です。 -スタッフ- 原 作 : 蒼樹うめ 監督 ...
  • 2010.03.06 (Sat) 20:50 | 何気ない一日
この記事へのトラックバック
  •  ひだまりスケッチ×☆☆☆ #9感想
  • 「11月22日 三年生と一年生」(ヒロ視点) ゆのと宮子がまだ入学する前のお話。そう、“美術科の変わり者が集まる所と言われた”ひだまり荘の物語。もっとも、みさと先輩の偉業があっての事なのであろうが(笑)。みさと先輩とリリ先輩はいいコンビですね、“お金な...
  • 2010.03.13 (Sat) 13:07 | サイネリア~わたしのひとりごと~
この記事へのトラックバック
  •  ◎ひだまりスケッチ×☆☆☆第9話「三年生と...
  • リリさんとミサトさんがどこいきたいか話してた。ミサトさんはバックパッカーだった。そして、有閑マダムリリ。みんな寝てた。サエさんは原稿書いてた。そして、リリさんが起きてく...
  • 2010.06.17 (Thu) 01:47 | ぺろぺろキャンディー