FC2ブログ

(書評)訪問者

著者:恩田陸

訪問者訪問者
(2009/05/14)
恩田 陸

商品詳細を見る


3年前、湖に落ちて死んだ実業家・朝霞千沙子。そして、千沙子に育てられ、彼女をモデルとしたと思われる映画を撮っていた映画監督・峠昌彦もまた急死する。昌彦と懇意にしてる井上は、その朝霞一族が過ごす山中の洋館を訪れる。そして……
とりあえず、カバー折り返しの内容紹介は詳しすぎると思います!(笑) そんなに分量があるわけではない作品の、しかも、序盤のひっくり返しを無茶苦茶アッサリとネタバレさせるのはどーなのか、と……(笑)
てなわけで、物語は、その井上が館を訪れるところから始まる。館にいるのは、千沙子の兄弟と家政婦。ある目的を持ってやってきた井上だが、アッサリとそれを見抜かれ、しかし、今度はそこへと次々と「訪問者」がやってくる。さらに、突如現れる男の死体に、死んだはずの千沙子の姿に、木彫りの熊、「訪問者に気をつけろ」という手紙……
物語としては「訪問者」というのは何者なのか? 男はなぜ死んだのか? という現在進行形の事件と、千沙子と昌彦の死という過去形の事件。それらが絡み合って、スリリングに展開していく。
そして、本作を彩るもう一つの面白みが、全てが「推論」によって成り立つ、という点。奇妙な点は様々にあり、館の人々は、それについて語り出す。しかし、全てがあくまでも「推論」に過ぎない。けれども、そこには一定の説得力が存在している。しかし、一つの仮説が出ては、事態が進行して反転され、また……この繋ぎ方が実に上手い。
物語は一応の決着が付くものの、でも、最後に出される一つの「推論」により、再び……この物語の締めとしては、これが一番しっくりと来るような気がする。
恩田さんの作品の場合、「え? これで終わり?」と感じるものとか、「おいおい……」と感じるトリックのものとかも多いのだけど、本作についてはそういう不満は残らなかった(抱く人もいるとは思うけど) 壮大な世界観とか、そういうものはないけれども、こういうこぢんまりとした話っていうのもたまには良いな、と感じる。

No.2059

にほんブログ村 本ブログへ




http://blog.livedoor.jp/dekodekoman/archives/52219229.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  訪問者<恩田陸>-本:2010-57-
  • 訪問者クチコミを見る # 出版社: 祥伝社 (2009/5/14) # ISBN-10: 4396633173 評価:80点 アマゾンのレビューを含め、いくつかのブログにアップされている書評は若干辛い。 ミステリと呼ぶには強引なエンディングで無理にまとめた感じが確かにしないでもない。 ただ、個...
  • 2010.11.23 (Tue) 01:14 | デコ親父はいつも減量中