FC2ブログ

デュラララ!!・第16話

「相思相愛」

平和島の前に現れた、罪歌に操られた贄川。しかし、それは、平和島によって簡単に制圧されてしまう。これにて、罪歌の事件は終わった、と思われたのだが……

罪歌に傷つけられると、それが新たな罪歌に。

これは、前回の中身で想像していたわけだけど……。でも、まさか、それによって増殖するとは思わなかった。後半になってぞろぞろと現れた罪歌に操られた面々……こわっ!!
そして、その目的は、園原さんを狙っていた。それも、贄川娘が、罪歌とそして、那須島が執心な園原さんを。

贄川さん……常に、瞳孔開いている、という表情の時点でやばすぎるわ。
人を愛する。しかし、罪歌は武器であるから、そのやり方は人を傷つけることだけ。
この時点で、色々と間違っていると思うけど。

しかし……
贄川が事件の発端。
でも、罪歌の持ち主は……
と、なったわけか。
まぁ、5年前の事件の時点で、ある程度、園原さんが、と思ったところで、贄川さんの方がと出たけど、確かに、子供を作って云々……という部分が出た時点で、贄川さんの持っているものも「子」と考えるべきだったんだろうし。ここは、上手く騙されたな、と感じる。

今回で、物語的にはかなり全体像が見えたような印象があるわけだけど、しかし、園原さんがオリジナルを持っているのに、どこから繋がるのか……この辺りになるのか? さらに言えば、黄布賊、セルティの首、折原といった辺りが、今のところ、関連性が薄いから、この辺りも繋がるんだろうけど。

デュラララ!! ミニクッション「折原臨也」デュラララ!! ミニクッション「折原臨也」
(2010/06/19)
ブロッコリー

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ



http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4464.html
http://boogiepop77.blog24.fc2.com/blog-entry-2576.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-5994.html
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-3873.html
http://suzukimeister.blog2.fc2.com/blog-entry-11.html
http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-385.html
http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51427537.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1138.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 9

この記事へのトラックバック
  •  デュラララ!! 第16話 「相思相愛」
  • 暴れる贄川に、静雄は車のドアをぶっちぎって、これで鎮圧(笑) しかし事件はこれが終わりでなく始まり…。 切り裂き魔・罪歌の本体は包...
  • 2010.05.02 (Sun) 10:40 | SERA@らくblog
この記事へのトラックバック
  •  デュラララ!! 第16話「相思相愛」
  • 切り裂き魔を車のドアでぶっ倒す静雄。 そして贄川の手から離れた罪歌を回収するセルティ。 これで切り裂き魔の事件が終わったと思われたが…、セルティが回収したのは実は2009年に作られたただの包丁!! そして本物の罪歌は…。 杏里の前に現れた贄川記者の娘・春奈...
  • 2010.05.02 (Sun) 20:48 | ♪風の~吹くまま~気の向くまま~♪
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  デュラララ!! 第16話「相思相愛」
  • 人間という種を愛した妖刀・罪歌。人を愛しているからこそ、しがらみや迷いを断ち切ってあげようと考えたのでしょうか。自らが人を支配する...
  • 2010.05.03 (Mon) 10:23 | 隠者のエピタフ
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  デュラララ!! #16『相思相愛』
  • 荒れ狂う周二を相手に、静雄は車のドアで対抗。 壁へと押しつけ、あっという間に全てを終える。
  • 2010.05.04 (Tue) 16:10 | 本隆侍照久の館
この記事へのトラックバック
  •  デュラララ!! #16
  • 平和島静雄に贄川が倒されて、罪歌の事件は終わったかに見えました。しかし・・・。 贄川に襲われそうになった杏里を、静雄が守りました。...
  • 2010.05.06 (Thu) 17:58 | 日々の記録
この記事へのトラックバック