FC2ブログ

(書評)狸汁 銀次と町子の人情艶話

著者:柴田哲孝

狸汁 銀次と町子の人情艶話狸汁 銀次と町子の人情艶話
(2009/11/19)
柴田 哲孝

商品詳細を見る


麻布十番に建つ小さな店・味六屋。形は小さいが、色っぽい女将の町子と、凄腕の板前・銀次が切り盛りするその店には、政界の大物などが密かに通ってくる。そんな店を舞台とした連作短編集。
メニューは全て銀次にお任せ。一見様お断り。値段は非常に高い、という店で、銀次が客から聞いた話などを下にして、そのリクエストにどう答えるのか? という、料理小説、蘊蓄小説というような赴き。
それぞれのエピソードで語られる蘊蓄であるとか、そういうのは面白いし、リクエストしているのは何か? というのを考えるのはある種のミステリ小説的なおもしろさもある。一つ一つのボリューム自体もそれほど多くないこともあり、気軽に読むには丁度良い作品になっているように思う。
ただ、読んでいて思ったのだけど……「艶話」はいらないなぁ(笑) 奔放な女性である町子が、(半分は銀次の気を惹こうとして)リクエストをした客だとかに迫る、とか、そういうシーンが必ず入るんだけど、なんか……逆に話として古くささばかりを感じてしまう。なんか、一昔前のおじさん向け雑誌とかにありそう、とか思いながら読んだ。
(和食が主、というのもあるけど)題材の多くが魚料理であるとか、もうちょっとバラエティが欲しいかな? とか、思うところは色々とあるけど、でも、繰り返しにはなるけど、それぞれについて蘊蓄などを耳にしながら軽く読める作品、としてはまずまずの出来ではなかろうか。

No.2124

にほんブログ村 本ブログへ




スポンサーサイト

COMMENT 0