FC2ブログ

(書評)空色パンデミック2

著者:本田誠

空色パンデミック2 (ファミ通文庫)空色パンデミック2 (ファミ通文庫)
(2010/04/30)
本田 誠

商品詳細を見る


結衣さんの「劇場型」発作以来、自分の気持ちに、結衣さんへの気持ちに自信が持てなくなりつつある景。そんなある日、景は、教室で今井さんに声を掛けられる。「あなたに話がある。私の名はブーケ・ザ・ボマー」……
なんていうか、前巻は作品世界の大きなポイントである「空想病」という病気について記しながら、一体、それがどこまで大きくなるのか? というのを一つ、測りながら読んでいた、という感じがある。それに対して、今巻は、最初からオチがわかっていて、そのオチでどのくらいの、(良い意味での)脱力感を味わえるのか? というような部分をメインにして読んだような気がする。
今井さんの言葉から始まった「世界の改変」。しかし、改変をした本人である結衣には気づかれないように。少しずつ地下に集まる仲間たち。そして攻撃を仕掛けてくる「教会」……。今回は、まさしく、丸々一冊をその事件に仕上げている分、前巻以上に事件がでかくなり、そして、落ち着くところに落ち着く、という脱力感が心地良かった。サプライズ、というのとは違うけど、非常に安定して出来た続編であると感じる。
その一方で、青井、咲、結衣、今井さん……と、なんか、景の周囲の女性関係が騒がしくなってきているのはどうしたものか。今回は、多少、結衣と今井さんを巡って、って部分あったけど、今後、色々と複雑に絡み合ってきそうだからなぁ。空想病というネタそのもののインパクトは重ねるごとに落ちていくと思われるだけに、この辺りの関係をどう組み合わせていくのか? に、注目だと思う。

No.2190

にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト



COMMENT 0