FC2ブログ

(書評)もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ

著者:高橋由太

もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ (宝島社文庫)もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ (宝島社文庫)
(2010/05/11)
高橋 由太

商品詳細を見る


江戸・深川本所の献残屋の手代・周吉。彼は、オサキという妖孤に憑かれたオサキモチ。それで村を追われるなどもしたものの、現在は恵まれた日々。そんなあるとき、槍突き騒動に巻き込まれ、さらには、噂になっている鬼隠しに、店の一人娘・お琴があってしまって……
第8回『このミス』大賞隠し玉作品。
解説であり、選者の一人でもある大森望氏の文章でも多少、触れられてるが、読んでいて最初に思ったのは、『しゃばけ』(畠中恵著)シリーズに似たような雰囲気だな、ということ。主人公である周吉、そして、その周吉にとりついた妖孤・オサキのやりとり。食い意地が張っていて、人間の感性とはちょっと違っているオサキ。そのやりとり、さらには、老剣士・蜘蛛之介や、娘のお琴……確かに、キャラクターがそれぞれ立っており、そういう意味では読みやすい。
また、作中で出てくる事件は結構、血なまぐさいし、また、蜘蛛之介の行動や、オサキの言葉なども剣呑としているが、それでも、雰囲気として、柔らかい印象がするのは、ある種の武器になるのかな? とも思う。そういう意味で、色々と魅力を感じるのは確か。
……が、物語の構成としては、ちょっと弱点が目立つな、という印象が残る。
『このミス』大賞ということで、ミステリを期待するものの、実は、鬼隠しとか、そういうものが表に出てくるのは中盤に入ってから。序盤は、色々と場面が切り替わりながら展開するのだが、途中、話が飛んでいると感じたりする部分があったりする。また、主人公が、オサキモチになると特殊な力が、とかというのも、ちょっとやり過ぎかな? と。どうも、展開がバラバラとしたように感じてしまった。
キャラクター性で読ませる、という意味では悪くないけど、もうちょっとうまく処理すればより光る作品じゃないか? そんな気がしてならない。

No.2192

にほんブログ村 本ブログへ




スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  高橋由太 「もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ」
  • JUGEMテーマ:読書感想文    ◆  もののけ本所深川事件帖 シリーズ     オサキという妖狐のようなものを憑けている周吉。    彼を殺めようとしたり、助けようとしたり    様々な人たちが登場するけど、柳生流の先生だけは...
  • 2014.06.06 (Fri) 23:06 | こみち