FC2ブログ

(書評)ぷれいぶっ!

著者:高遠豹介

ぷれいぶっ! (電撃文庫)ぷれいぶっ! (電撃文庫)
(2010/02/10)
高遠 豹介

商品詳細を見る


夏休み、異世界へと召喚された統吾は、勇者として魔王を倒し世界を救う。そして、再び現代へと戻る。そんな彼の前に現れたのは、黒いスーツの男。何と、別世界から来た人間を集めた学園があり、統吾もそこへと転入することに。世界を救った勇者として、「転校生デビュー」を目指す統吾だったが、クラスの中では……
うん、凄くバカだけど、その馬鹿馬鹿しさが、青春って感じで良いな。
この作品の場合、何を置いても、その世界観の構築がポイントになっていると思う。異世界モノ、といっても、良くあるのは、現代ともう一つの世界、くらい。でも、この作品の場合、異世界が大量にあり、ある世界で最強でも、別の世界では全く強くない、とか、そういうのが普通。そして、統吾は、というと、弱い世界からの存在。でも、仲良くなった(実力は、圧倒的に上な)朱音に呆れられないために、やせ我慢を重ねて、と……。
この設定の妙が何とも。朱音があまりにも……という気はするものの、何か、やせ我慢してでも、っていうのは理解できる。勿論、仲良くする、みたいなのもあるだろうし、ある意味ではプライドを守るため、っていうのもあるんだろうけど。
基本的に、何かをしては統吾がぶっ飛ばされて、みたいなギャグ展開ではあるのだけど、それだけに気楽に読めて、楽しかった。そんな中で、最後の元魔王・生徒会長との対決とかはなかなか熱い展開で、それも良かった。
でも……
この作品のラスボスは、生徒会長じゃなくて、悠子さんだと思うんだ……色んな意味で。

No.2221

にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト



COMMENT 0