FC2ブログ

おとめ妖怪 ざくろ・第8話

「あめ、徒々と」

出かけたまま戻ってこない総角と薄蛍。心配する中、やってきたのは折屋の女主人。どうやら、二人に何かあった模様。いまなら薄蛍を追うことが出来る、というざくろだが、櫛松は彼女が行くのを許さず……

女郎蜘蛛の手先として現れた半妖によって土室に閉じ込められた総角と薄蛍。
そして、自分たちがざくろをおびき寄せための人質であることを知らされる。「来るな」と願う二人。
対して、櫛松によって蔵に閉じ込められたざくろは、薄蛍を想う芳野葛に明けて貰い、総角を救出に向かう。

今回は、普段とは違う組み合わせ。
総角&薄蛍、芳野葛&ざくろ、で、という形で予告があったからどうなるのかと思いきや、むしろ、そうなったことで互いが互いに対して、感謝の意を示す、というような形に終始していたな。
いや、ここで総角が薄蛍に思いを寄せたり、ざくろが芳野葛を……となっても嫌だけど(笑)

それぞれ、妖人省にやってきて、互いのパートナーを見つけて変わり始めている、というのを自覚しているんだな……。
前回、芳野葛&薄蛍の姿を見てのニヤニヤに、総角&ざくろが迫った、とか書いたけど、今回はさらにそれが増えた印象。土室から救出した直後に「怖かったな」と薄蛍を一直線に抱きしめた芳野葛にまず、「うわっ!」と思わされ、一方、妖人省に戻って、総角が前回、約束したものを買って驚かせようとしていた。でも、それよりも……と泣き出すざくろと、それをそっと抱きしめる総角の姿でさらに……
本当、見ていてニヤニヤというか……何というか……良いシーンだったな、と思う。


その一方で、今回、敵となる女郎蜘蛛、半妖たちについて大分、明らかになった、とも言える。
夜会のエピソードでも出ていたかも知れないけど、半妖に触れたときに薄蛍が見たもの。これって、第2話だかのアバンで、幼少時代に柿の木に登った際の状況の様子。あの話が何らかの形で現在に繋がっている、というのがほぼ明らかに。
一方で、ざくろを狙う半妖の二人。
同じように見える百緑と橙橙だけど、百緑は術などの素質があり、橙橙にはない。ただ、百緑は、その力を女郎蜘蛛のために使うことで、自分と同じように橙橙が扱われるように取引をしている。

「自由で、大切なものがあって」
っていう百緑の言葉。
「汚らわしい半妖風情で」
という女郎蜘蛛の言葉。

これを鑑みると、妖人の世界でもまた、半妖というのは半端な存在として虐げられている、と見るべきなのだろう。
ただ、それだけなら、百緑がざくろのみを憎む理由にはならないわけで(薄蛍とかだって、標的になっておかしくないはず)、そうなると、やっぱり柿の木のエピソードが……? となるんだろうか。

ま、この辺りは、今後の注目点、というところだろうか。

でも、その半妖とか、そういうのを見ていると、ますます、折屋の女主人と、鬼っ子の麦の関係が理想的に感じられる。

おとめ妖怪ざくろ 3 【完全生産限定版】 [DVD]おとめ妖怪ざくろ 3 【完全生産限定版】 [DVD]
(2011/01/26)
中原 麻衣、櫻井 孝宏 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ



http://aircastle.blog11.fc2.com/blog-entry-2257.html
http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52716721.html
http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/blog-entry-1146.html
http://haruhiism.blogism.jp/archives/51534862.html
http://spadea.jugem.jp/?eid=8819
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-6402.html
http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2501.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-2768.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-2638.html
http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51655401.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=2421
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1167.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1355.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5128.html
http://blog.livedoor.jp/by_maria/archives/1515535.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-2274.html
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4404.html
http://happy2material.blog41.fc2.com/blog-entry-1999.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 21

この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪ざくろ 第8話 『あめ、徒々と』
  • 「どうしても薄蛍を助けたい」 利劒さまに惚れる!惚れ直す…!(*´Д`*) 半妖姉妹の顔が見れたりしたけど、私には薄蛍と利劒さまの夫婦回にしか見えませんでしたごめんなさい(^p^)
  • 2010.11.23 (Tue) 02:32 | ティンカーベルをください
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 第8話「あめ、徒々と」
  • アゲマキさんも、リケンさまもカッコイイ~+゚*。:゚+(人*´∀`)+゚:。*゚+. 今回もニヤニヤでした:*・゚(●´∀`●):*・゚ コンビチェンジも新鮮♪ ヘタレだったアゲマキさん、ずいぶん凛々しくなってなイカ? 芳...
  • 2010.11.23 (Tue) 12:26 | 空色きゃんでぃ
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 第8話「あめ、徒々と」
  • 折屋に刀を返しに行った薄蛍。 用事で出ていた景も途中で会っていっしょしますが…。 現れた百緑と橙橙によって連れ去られてしまう。  ▼ おとめ妖怪 ざくろ 第8話「あめ、徒々と」  百緑@戸松遥さん、橙橙@寿美菜子さん。 スフィアメンバー集結まであと一...
  • 2010.11.23 (Tue) 12:32 | SERA@らくblog
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪ざくろ 8話「あめ、徒々と」 強い絆☆
  • 『総角を変えたのは、ざくろ君だよ』という利劔に対し、 『蛍は利劔さまのお陰で強くなった』と、ざくろは言います。 微笑ましい会話。 こんな会話ができる妖人省も成長した証かし...
  • 2010.11.23 (Tue) 12:35 | 日刊 Maria
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪ざくろ 第08話 「あめ、徒々と」
  • たまにはコンビをシャッフル「おとめ妖怪ざくろ」第8話。 あにてれはこちら。 「えむえむっ!(AA)」の治療中ではない。 景は私用で外出、薄蛍は以前登場した古道具屋へ刀を返すお使いで留守。 お店...
  • 2010.11.23 (Tue) 15:51 | ゆる本 blog
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 8話「あめ、徒々と」 (感想)
  • 感想 ざくろは毎回見るたびに好きになっていく作品です。 しっかりお話を見せてくれますし、その描き方に好感が持てるので毎回楽しみです。 最初は正直な所あまり注目していませんでしたが、それは大きな...
  • 2010.11.23 (Tue) 16:36 | 失われた何か
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 8話
  • 利劔様、ほっちゃんとあいなまくらい聞き分けられなくてどうするよ。というわけで、「おとめ妖怪 ざくろ」8話大雨洪水警報の巻。それぞれパートナーを代えようとも、そこには変わら...
  • 2010.11.23 (Tue) 17:49 | アニメ徒然草
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 第8話
  • おとめ妖怪 ざくろ 第8話 『ああ、徒々と』 ≪あらすじ≫ それぞれ別の用事で、一人で外出していた景と薄蛍は街中で鉢合わせて一緒に帰ることになった。しかし、その帰路の途中、何者かによって眠らされ、...
  • 2010.11.23 (Tue) 18:15 | 刹那的虹色世界
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪ざくろ #08 あめ、徒々と 2chの反応
  • いつもと違うコンビも良いな おとめ妖怪ざくろ 1 【完全生産限定版】 [DVD](2010/11/24)中原 麻衣櫻井 孝宏商品詳細を見るおとめ妖怪ざくろ #08 あめ、徒々と
  • 2010.11.23 (Tue) 19:03 | HISASHI'S ver1.34
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 第8話「あめ、徒々と」
  • 『骨董店 折屋に預かっていた刀を返しに行く薄蛍と偶然街で出くわした総角。自分の用も済んだので、薄蛍に付き添い折屋まで行くことに。ところが、店の前で二人は何者かに捕らわれてしまう。その犯人は、百録...
  • 2010.11.23 (Tue) 19:45 | Spare Time
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 第8話「あめ、徒々と」
  • 初戀幻燈機(2010/11/24)総角景(櫻井孝宏),薄蛍(花澤香菜),芳野葛利劔(日野聡),雪洞(豊崎愛生),鬼灯(堀江由衣),花桐丸竜(梶裕貴) 西王母桃(中原麻衣)、西王母桃(中原麻衣) 他商品詳細を見る  乱杭はしつこく...
  • 2010.11.23 (Tue) 20:56 | 破滅の闇日記
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 第8話 感想「あめ、徒々と」
  • おとめ妖怪 ざくろですが、丸竜はざくろの踏み台になったり尻に敷かれたりします。利剱と雪洞・鬼灯、総角と薄蛍とラブシャッフルされていますが、利剱が生真面目に戸棚を直している間に双子はくすぐり合って笑っています。 総角と薄蛍は何者かにさらわれますが、櫛松は?...
  • 2010.11.24 (Wed) 17:02 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 第8話「あめ、徒々と」 レビュー キャプ
  • 薄蛍が折屋にあの例の妖刀(もう無害)を返しに行く途中、 ちょうど個人的な用事で買い物を終えた景と出くわす。 景は薄蛍に付き合い、折屋まで一緒に行く事にするが、その背後から 何者かが付けてきていた。 妖人省では丸竜はざくろと、利劔は鬼灯たちと家の中の仕事中?...
  • 2010.11.24 (Wed) 23:59 | ゴマーズ GOMARZ
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ #8
  • 総角と薄蛍が、百録と橙橙という半妖姉妹に捕らわれてしまうお話でした。西王母桃はちょっとご機嫌斜めです。何かと思えば、総角が西王母桃を置いて1人で外出してしまった
  • 2010.11.25 (Thu) 11:55 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪ざくろ第8話感想~。
  • 17歳大暴れ。 ザ・ボスがこの人だと知ったのはスタッフロールでのことだった(笑) 以下、ネタバレします。ご注意を。
  • 2010.11.25 (Thu) 22:57 | 戯言日記2nd
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ◎おとめ妖怪ざくろ第八話「あめ、徒々と」
  • ガンリュウさまがザクロの踏み台にされる。そして、ガンリュウさまが崩れる。リケンに頼めばいいのに言うが忙しい。アゲマキさんは外に行ってしまった。アゲマキは、ホタルさんと町...
  • 2011.04.06 (Wed) 15:44 | ぺろぺろキャンディー