FC2ブログ

(書評)鷺と雪

著者:北村薫

鷺と雪鷺と雪
(2009/04)
北村 薫

商品詳細を見る


『街の灯』、『玻璃の天』に続くシリーズ第3作。
前作、少しずつ戦争への道筋が……という形ではあったものの、本作についても、遂に戦争の影が……と身構えて読むと、予想外に平和な雰囲気で実は拍子抜けした、というのが最初にある。
収録される3編。失踪した子爵の、「神隠し」の方法を探る『不在の父』。補導された少年が口にしていた「ライオン」の意味を探る『獅子と地下鉄』。そして、カメラが写した不可思議な事件の謎を解く表題作『鷺と雪』。それぞれに、時代背景が関係していることは間違いないのだが、しかし、極めて平和な雰囲気に溢れている。
各編の謎は、比較的小粒ながらも、しっかりと作られる。密室トリックである『不在の父』など、こだわりを感じる。この辺は、ミステリ作家としてのこだわりなのだろうか。
ただ、この作品の最大のサプライズは、やはりその締め方のように思う。
表題作の中での謎が明らかにされた後に語られるベッキーさんと勝久のやりとり。そして、語り部たる英子の気になっていた存在が……という終わり。まさに青天の霹靂とも言うべき結末。一気に奈落の底へ、という終わり方に何とも言えないものが残った。
ある意味で、この英子の反応、というのは当時の人々の実感なのかも知れない、と感じる。
経済状態の悪さ、であるとか、そういうものは感じている。(当時の)格差なども、無視し得るものではない、とはわかっている。けれども、そこまで切羽詰まった状況であるとは思っていない。
ラストシーンの驚愕というのはそれを示しているように思う。
平和な日常と、ラストシーンのインパクト。シリーズの完結編として、こういう締めを選んだ著者のセンスというのはもの凄いと思う。

No.2367

にほんブログ村 本ブログへ





http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-2150.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  「鷺と雪」北村薫
  • 帝都に忍び寄る不穏な足音。良家の令嬢・英子の目に、時代はどう映るのか。 昭和十一年二月、雪の朝、運命の響きが耳を撃つ―。 第141回直木賞受賞作品。 華族主人の失踪の謎を...
  • 2013.02.15 (Fri) 14:52 | 粋な提案