FC2ブログ

(書評)光媒の花

著者:道尾秀介

光媒の花光媒の花
(2010/03/26)
道尾 秀介

商品詳細を見る


認知症の母を抱えながら印章店を営む男。共働きの両親を街ながら「虫取り」に出かける兄妹。20年前の事件を引きずるホームレス……。同じ地域に住む人々の、それぞれの抱えた事情を描き出す連作短編集。
全6編を収録した短編集ではあるが、それぞれ、1編目に登場した人物が2編目の主人公に。2編目で登場した人物が……と、バトンタッチするような形で物語が紡がれていく。
ここ何作か、私が読んだ著者の作品というのは、どれも靄が掛かったようなそんな雰囲気を漂わせる。本作にしても同様。
1編目。認知症の母の介護をしながら、印章店を営む男。彼には、30年前、父の持っていた別荘地での初恋と、その後の苦い思い出がつきまとっていた。そんなとき、母が発した言葉で、再び、その地獄へと突き落とされる。
そんな、救いの話から始まって、序盤の物語は陰鬱極まりない物語ばかり。しかし、物語が折り返しを過ぎると、物語の雰囲気も反転し始める。そして、全てのエピソードが繋がったとき、かすかに救いの光が見えてくる。
こんな言い方は、何だけど……この6編って、丁度、日暮れから夜明けまで、という時間の移り変わりというものを、頭の中で意識した。陽が落ちて、だんだんと人通りも少なくなり、寂しい状況へと移りゆく時間帯。そして、そんな時間帯を過ぎ、今度は夜明けに向かい、少しずつ明るく、動きを取り戻していく時間帯。「明けない夜はない」 そんなものを表しているように感じるのだ。
……と言いつつ、経済企画庁長官とかをやった某作家は「夜明け前が一番暗い」と言っていたな、とか、真逆のことも頭をよぎったりもしたけど(笑)
もの悲しくはあるのだけど、でも、不思議と後読感は良い。
各編がきっちりと繋がっている、というわけではないが、しかし、それが繋がって、上手くまとまっている気もする。そういうのも、社会というものなのかな、とか思う。

No.2375

にほんブログ村 本ブログへ





http://red.ap.teacup.com/jyublog/4313.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 2

この記事へのトラックバック
  •  到達点ともいえる
  • 小説「光媒の花」を読みました。 著者は 道尾 秀介 6編の短編でもありますが 人物の繋がりが見えてくる連作集ともいえます いやー、道尾さん らしさ が感じられ 堪能できました 「龍神の雨」のような 兄弟、殺人、虐待、孤独・・・ 陰の 暗い部分を描きながら しか...
  • 2011.07.24 (Sun) 14:05 | 笑う学生の生活
この記事へのトラックバック
  •  『光媒の花』 道尾秀介
  • 「道尾秀介」の連作短編小説作品『光媒の花』を読みました。 [光媒の花] 『鬼の跫音』、『龍神の雨』、『球体の蛇』に続き「道尾秀介」作品です。 -----story------------- 第23回(2010年) 山本周五郎賞受賞 認知症の母と暮らす男の、遠い夏の秘密。 幼い兄妹が、小さな手で犯した罪。 心の奥に押し込めた、哀しみに満ちた風景を暖かな光が包み込んでいく。 儚く美しい全6...
  • 2017.02.21 (Tue) 21:33 | じゅうのblog