FC2ブログ

おとめ妖怪 ざくろ・第12話

「きき、焦々木と」

ざくろを救出すべく、神懸かりの里へ向かう総角たち。危険性を説く阿吽さまに対し、総角は……

さくろのいい人なんかじゃない。いつも助けられてばかり。
隣に立つためにも、神懸かりの里へ行かなければならない。

前回の、里へ向かう、という決意表明をしたときもそうだけど、本当、成長したよな、と思わせる一言。以前だったら、自分が助けられてばかりだった、とか、そういうことを認められなかったはずだもん。
直後、一人だけ、屋敷に飛ばされてびびっている、とかはあっても、だ(笑)
そして、そんな総角以外は、早速、飯綱使いたちの襲撃を受ける。そこで、薄蛍に流れ込むのは、自分たちを殺し、解放して欲しい、という飯綱たちの想い。戸惑う薄蛍たちに対して……

総角の言うとおりで、いつも辛い役目を背負わせている。
だから、今は自分の手を汚す。

という芳野葛の言葉。でも、飯綱を殺すんじゃなくて、飯綱使いを殺すわけでもなくて、あくまでも飯綱使いを脅して、呪符を手放させる、っていうのは「手を汚した」ほどではないような気がする。飯綱を殺すことは出来なかった雪洞、鬼灯たちもこれは躊躇なくやってたわけだし(笑)
その頃、総角は突羽根と出会う。そして……

結局、花楯の場合、言葉は悪いけど、マザコンとシスコンが入り交じった状態だった、ということなのだろうか。
幼い頃から、母と離れた暮らしをさせられ、母の裏切りを目の当たりにしてしまう。
一方で、父はというと、最期のときまで、妹の妖力ばかりを追い求めた。自分より遙かに強い力を。
徹底的に、自分は両親から愛されていないのだ、というコンプレックスと、対して(父のそれを愛情と呼ぶのか、は別にして)両親が見ていてくれる妹に対する憎悪。行動の基本原理というのは、そこ。
そして、そこが行き着いたからこそ、せめて最期は息子の元で、といった母の想いを知らされても、既に遅いという状況に。
と言いながらも、半妖を父の代から作り続け、百緑を側近として、周囲の反応すら気にせず使い続けている、という辺りに、別の側面があるんじゃないか、という気もする。百緑が総角に協力を申し出る、とか、少なくとも彼自身が百緑から慕われるレベルの、半妖に対する接し方はしている、というのはあると思うし。

そんな中で、屋敷では、女郎蜘蛛にたぶらかされた橙橙が放火を敢行。
ああ、もう、なんで、この娘は……(苦笑)

おとめ妖怪ざくろ オリジナル・サウンドトラック 恋華音盤おとめ妖怪ざくろ オリジナル・サウンドトラック 恋華音盤
(2010/12/22)
TVサントラ、スフィア 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ



http://haruhiism.blogism.jp/archives/51542665.html
http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52730108.html
http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52730108.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-6453.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-2706.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1403.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-12-22
http://spadea.jugem.jp/?eid=9166
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1214.html
http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/blog-entry-1179.html
http://norarincasa.blog98.fc2.com/blog-entry-18.html
http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-2586.html
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1017.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51656207.html
http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51672163.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5236.html
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4476.html
http://blog.livedoor.jp/by_maria/archives/1750848.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=2450
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 20

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」
  • ざくろ君を助け出して、そして、ぜくろ君の隣りに立ちたい――!  その決意を訊き、阿吽たちは景たちを神がかりの里に送ります。 しかし景だけが逸れて…ざくろの母の遺した思いを聞く事に…。  ▼ おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」  儀式の場に乱?...
  • 2010.12.21 (Tue) 22:20 | SERA@らくblog
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 12話
  • サモナーから先に倒すのはRPGの常識ですね。というわけで、「おとめ妖怪 ざくろ」12話おおっと!テレポーターの巻。生まれてすぐに母親から引き離され、愛情を受けぬままに育った ...
  • 2010.12.22 (Wed) 00:08 | アニメ徒然草
この記事へのトラックバック
  •  (アニメ感想) おとめ妖怪 ざくろ 第12話 「きき、焦々と」 
  • おとめ妖怪ざくろ 2 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 自分の出生の秘密そして半妖の生まれる所以を知ったところで、西王母桃は再び捕らわれ気を失ってしまう。 一方、妖人省 ...
  • 2010.12.22 (Wed) 03:18 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」
  • おとめ妖怪ざくろ 1 (バーズコミックス)(2008/01/24)星野 リリィ商品詳細を見る  これまで守られてきた軍人さん達も、剣を振って見せ場を披露してくれました。神がかりの里にて2匹のいづなが襲ってきます。...
  • 2010.12.22 (Wed) 15:06 | 破滅の闇日記
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」 
  • 今週で終わりじゃなかった―! 乱杭がラスボスの様相を呈してきましたね。 喜久子さんノリノリだー(笑) 神がかりの里の顛末が切なくてうりゅうりゅきちゃいましたよ(ノ_・。) 突羽根の想いが総角ちゃんに...
  • 2010.12.22 (Wed) 17:57 | のらりんすけっち
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」(感想)
  • 二人の関係は表裏一体。 愛ゆえに別ちざるをえなかったざくろと沢鷹。 2人の結末はどこへ向かうのでしょうか。 ざくろはあともう1回あるようですね。 今回はざくろが喋る機会が少なかったのが寂しかったのでした。 (物語上仕方ないのでしょうが)  http://tachi...
  • 2010.12.22 (Wed) 21:47 | 失われた何か
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 第12話 感想「きき、焦々と」 
  • おとめ妖怪 ざくろですが、総角たちはざくろを助けるために神がかりの里に向かいます。利劔たちはイズナと戦いますが、薄蛍が相手の感情を読んでしまい戦意が鈍ります。利劔はイズナを操っている術者の方を倒します。 総角は突羽根の心を読んだようですが、沢鷹と対決し?...
  • 2010.12.22 (Wed) 23:31 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 第12話「きき、焦々と」 レビュー キャプ
  • 神がかりの里では、ざくろと沢鷹の婚姻の儀が行われようとしていた。 景達はあ・うん様の所にやってきて、自分達を 神がかりの里へ運んで欲しいと頼む。 ざくろ君を助け出して… そして、ざくろ君の隣に立ちたい! 景の想いを汲んだあ・うん様は景達を神がかりの里へ送...
  • 2010.12.23 (Thu) 03:00 | ゴマーズ GOMARZ
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪ざくろ 第12話 「きき、焦々と」
  • ざくろ救出のため神憑りの里へ突入!クライマックス「おとめ妖怪ざくろ」第12話。 あにてれはこちら。 本文はあと。 沢鷹との婚礼の儀式の場に送られるざくろ。 景達は神社の狛犬達に里への道を開い...
  • 2010.12.23 (Thu) 06:09 | ゆる本 blog
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 第12話
  • おとめ妖怪 ざくろ 第12話 『きき、焦々と』 ≪あらすじ≫ 阿吽様の力によって神がかりの里へと転移してもらった利劔たち。だが、一緒に転移してもらったはずの景の姿だけ見えない。その景は、一人神がか...
  • 2010.12.23 (Thu) 12:45 | 刹那的虹色世界
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ #12
  • 西王母桃を助け出すため、総角たちは神がかりの里へと向かいました。そこでは、沢鷹が怪しげな儀式を執り行おうとしていました。そこへ飛ばされた総角たちでしたが、総角だ
  • 2010.12.23 (Thu) 14:10 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪ざくろ 第12話 「きき、焦々と」
  • 明るく楽しいラブコメ調だったのに突然に昼ドラのようなドロドロ展開に… 私好みだった花楯中尉は、人格崩壊してしまわれました。1クールの尺の都合か 原作のストックのせいか作風がガラリと変わって、危ないネタが次々と出てきたりもうね… 沢鷹を描いてみましたしかし?...
  • 2010.12.25 (Sat) 01:37 | 豪州的らくがきブログ
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  おとめ妖怪 ざくろ 第12話『きき、焦々と』
  • ざくろを救うため、狛犬に転移させてもらう妖人省の面々。神がかりの里に辿り着いたものの、 景だけはぐれた。一人だけ里に直で転移してしまった。これもざくろへの想いゆえでしょうか。フラフラと迷い込んだ挙句、突羽根の声に導かれます。  婚礼の儀式に乱入する他...
  • 2010.12.28 (Tue) 20:59 | こいさんの放送中アニメの感想