(書評)白銀ジャック

著者:東野圭吾

白銀ジャック (実業之日本社文庫)白銀ジャック (実業之日本社文庫)
(2010/10/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」 シーズンが始まったばかりのスキー場に届いた一通のメールは、ゲレンデの雪の下に爆弾を埋めた、という脅迫だった。「爆弾騒ぎのあったスキー場」というイメージダウンを恐れた経営側は、警察に知らせず、犯人の要求に従うことにするが……
エッセイ集である『ちゃれんじ?』でスノーボードにはまった、ということを綴っていた著者。2010年に刊行された作品は、『カッコウの卵は誰のもの』もスキーを題材にしたものだそうで、趣味に走っている? とかちょっと思ったり。
警察に知らせず、犯人との取引を選んだスキー場。しかし、それを選んだがために、二度と警察を呼べなくなってしまい、二度、三度と繰り返される犯人の要求に従わざるを得なくなっていく。警察を介入させない上で、どんどん突き進んでいくしかない、という状況設定にぐいぐいと引き込まれていった。
また、著者が経験があるためか、スキー場での滑走などはリアリティと非常に迫力があるし、死亡事故などが起こる、といった現実。また、バブル以降、客足が鈍り、それによって地域経済が停滞している様であるとか、そういうのも、実際にスキー場などに行って目の当たりにしているのではないか、というのを感じる。さりげなく、周囲にスキー場を巡る情勢などを織り交ぜながら、でも、あくまでもエンタメ性を貫いて描いていく様はは流石だな、と思わせる。
ただ、正直なところ、真相に関しては、「う~ん……」という感じ。
破綻をしているとか、そういうわけではなく、論理的には「なるほど」とは思う。そして、もの凄く大規模な狙いが背後にある。だからこそ、「そりゃ、失敗するよ」と思ってしまうのだ。関係者が多ければ多いほど、漏洩する危険も高まるわけなのだから。また、最後の滑走シーンも、迫力などはあるのだが……そこまでの流れがちょっと強引。映画やドラマなどの映像作品で、最後に見せ場を作るために、無理やり入れたような印象が残った。
一つ一つは些細なことなのだけど、著者の非常に緻密な作品を読んでいるからこそ、ハードルが上がっている、ということになるのだろうか? 新人作家の作品とかなら、ここまで気にならないと思うし。
とは言え、傑作とまでは行かないにしても、十分に水準以上のものはあると思う。

No.2407

にほんブログ村 本ブログへ





http://blog.livedoor.jp/naepon0808/archives/51975295.html
スポンサーサイト

COMMENT 2

苗坊  2011, 01. 17 [Mon] 09:30

こんにちは^^
東野さんのスノボとスキーの好きさが伝わってきましたねぇ。スキー場での臨場感は素晴らしかったです。
最後は出来すぎな感じもありましたが、全体的には面白かったです。1年前の事故との繋がりもなるほどと思いました。

Edit | Reply | 

たこやき  2011, 01. 19 [Wed] 21:00

苗坊さんへ

こんばんは。
何よりも、東野さんの経験とか、そういうのが生きているな、という感じのするゲレンデ風景ですよね。
正直なところ、緻密さが売りとなっている加賀シリーズや、ガリレオシリーズと比べると、と感じるのですが、水準以上にまとめてくる辺りは、流石、と思います。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 3

この記事へのトラックバック
  •  白銀ジャック 東野圭吾
  • 白銀ジャック (実業之日本社文庫)著者:東野 圭吾実業之日本社(2010-10-05)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届 ...
  • 2011.01.17 (Mon) 09:16 | 苗坊の徒然日記
この記事へのトラックバック
  •  東野圭吾『白銀ジャック』
  • 白銀ジャック (実業之日本社文庫)東野 圭吾実業之日本社 今回は、東野圭吾『白銀ジャック』を紹介します。本書はいきなり文庫版での上梓です。本書の創作秘話を読んでみると、東野版『私をスキーへ連れてって』(私はどんなものかはわからない)見たいなものらしいです。?...
  • 2011.01.20 (Thu) 20:07 | itchy1976の日記
この記事へのトラックバック
  •  現場はゲレンデで!
  • 小説「白銀ジャック」を読みました。 著者 東野 圭吾 スキー場を舞台にしたサスペンス ゲレンデに爆弾を仕掛けたという脅迫があり・・・ 単純に最後まで楽しむて読め 東野さんらし
  • 2012.08.23 (Thu) 21:42 | 笑う社会人の生活