FC2ブログ

(書評)叫びと祈り

著者:梓崎優

叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)
(2010/02/24)
梓崎 優

商品詳細を見る


出版社に勤め、その取材のため世界を回る斉木。その斉木は、各地で事件に巻き込まれ……
という連作短編集。
昨年、発売されてかなりの話題を攫った本作。なるほど、と思わせる作品。
ラクダに乗り、砂漠を渡って交易を続けるキャラバン隊。その中で、連続殺人が発生する『砂漠を走る船の道』。
ロシアの修道院。列聖されるであろう女性の遺体を巡り、修道院長が殺害される『凍れるルーシー』。
南米アマゾンの少数部族を襲った出血熱。村そのものが存亡の危機にある中、病に冒されていない者たちが殺害される『叫び』。
この3編は中でも良かったと感じた。
本書を読んでいて何よりも思うのは、「世界」の使い方の巧さ。上に書いたように、それぞれ、極めて不可思議な状況で事件が発生する。なぜ、事件が起こったのか? ホワイダニットが主になるのだが、そこに、それぞれの世界の論理が当てはめられ説明される。まさしく、海外を舞台にしているからこそ、というものがある。
また、『凍れるルーシー』などは、物語そのものはロシアという地を舞台にしなくても構わないと言える。けれども、ロシアという地から想像される極寒の地というイメージ。そして、ロシアが重ねてきた歴史。それが背景に見え隠れするため、ただ、修道院を舞台とした、という以上の深みがあるように感じられた。
ちょっと読むのが遅くなったものの、非常に面白かった。話題になるのも納得。

No.2423

にほんブログ村 本ブログへ






http://blog.livedoor.jp/naepon0808/archives/52059877.html
スポンサーサイト



COMMENT 2

苗坊  2011, 04. 18 [Mon] 01:14

こんばんは^^
TBとカキコありがとうございました。
本屋大賞にノミネートされたので知った作品でした。
取り上げられるだけありますよね。
まだお若い作家さんなのにミステリの完成度がハンパなかったです。
また世界を舞台にしているのが凄いです。その国々の文化や習慣があるので、殺人の動機を知ると「えぇ!?」と思ったり。それがまた良かったです。
これからとても楽しみな作家さんです。

Edit | Reply | 

たこやき  2011, 04. 19 [Tue] 20:06

苗坊さんへ

>本屋大賞にノミネートされたので知った作品でした。
>取り上げられるだけありますよね。

これはありますね。
私自身は、公募新人賞以外はあまり気にしていないのですが、でも、直木賞などを始め、こういう形で、文学賞候補となることで、興味を持つ人がいる、というのは、その効果なのかな、と思います。
受賞作について、また、別のことを思うことがあったとしても。

外国を舞台にした作品というのは、トリック、動機などを含め、世界観を作り出す、というのが至難の業と思います。
無論、「この国にいるんだ」という雰囲気作りがあってこそ、ではあるわけですが、この作品の場合、両方とも良かったと思います。」

この作品集の場合は、地球上を舞台にしているわけですが、『叫び』など、実在するのかどうか、というものも構築しているわけで、全くの異世界を舞台にしたSFミステリみたいなものも、また、面白そうだな、という風に思います。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 3

この記事へのトラックバック
  •  叫びと祈り 梓崎優
  • 叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)著者:梓崎 優東京創元社(2010-02-24)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 「砂漠を走る船の道」斉木の仕事は勤める会社は海外の動向を分析する雑誌を ...
  • 2011.04.18 (Mon) 01:13 | 苗坊の徒然日記
この記事へのトラックバック
  •  梓崎優『叫びと祈り』
  • 叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)梓崎 優東京創元社 今回は、梓崎優『叫びと祈り』を紹介します。うーん、どの話も読み進めるのがすごく苦痛な作品でした。つかみが長すぎて、話にまったくはまらなかったですね。文章のだらだら感が好みじゃないかな。これはミステリ...
  • 2011.05.28 (Sat) 17:25 | itchy1976の日記
この記事へのトラックバック
  •  各国で起こる事件
  • 小説「叫びと祈り」を読みました。 著者は 梓崎 優 世界中を飛び回るジャーナリストの斉木が不可思議な事件に遭遇する 5つの短編集 5つとも どれもタイプの違うミステリーで なかなか面白い 事件も各国を舞台にしていることからも その土地ならではといった感じがイ...
  • 2011.12.09 (Fri) 19:00 | 笑う学生の生活