FC2ブログ

(書評)刑事のはらわた

著者:首藤瓜於

刑事のはらわた (100周年書き下ろし)刑事のはらわた (100周年書き下ろし)
(2010/10/06)
首藤 瓜於

商品詳細を見る


所轄の盗犯刑事から、本部へと引き抜かれた八神。畑違いの鑑識で悪戦苦闘しながらも、ミスを犯さなければ出世は確実。そんなとき、臨場した老人の死体を巡り、運命は狂っていって……
ううむ……。正直なところ、どこを主眼としたいのかがよくわからなかった。
畑違いとは言え、鑑識の班長としての職務をそつなくこなしている時に、思わず踏んでしまった地雷。これは、物語序盤の話と言える。で、その地雷の部分で警察の暗部に……と思いきや、そことは違う事件の方が物語の主眼になってしまう。
なぜ、その事件に主人公・八神がそこにこだわるのかわからないし、また、地雷の方はどうした、という感じもする。
その後の、主人公・八神が独自に調査をしていく様子であるとか、そういうところはなかなか面白い。その調査に挟まる形で、いちいち、細かい検視、解剖などが何度か挟まるので、ややテンポが悪いかな、とは感じたものの、その辺りも、しっかりと活かしてあり納得できるものがあった。それだけに、前半との関連性がもっと強ければ、と思う。
ラストシーンについては、色々とツッコミどころもあるように思うが、これはこれでアリだと思う。
そういった諸々を含めて、そこそこ面白かった、くらいの評価。
最後に、解剖シーンとか、結構、どぎつい描写もあるので、その辺りだけは好き嫌いが分かれるかも知れない。

2425


にほんブログ村 本ブログへ




スポンサーサイト



COMMENT 0