FC2ブログ

(書評)4ページミステリー

著者:蒼井上鷹

4ページミステリー (双葉文庫)4ページミステリー (双葉文庫)
(2010/12/15)
蒼井 上鷹

商品詳細を見る


『小説推理』に連載されている2000字ミステリー(頁にして4頁)作品60本を収録したショートショート集。
これ、なかなか、コメントしづらい。
まず、収録されている60本の作品であるが、完全なる新作ばかりではなく、これまでの短編集に収録されているショートショート作品の再録というのが結構、ある。いくつかは、記憶から消えており、全て発見したわけではないが、それでも10本以上あったんじゃないかと思う。ちょっと、そこは無理やり感がある。
で、1本1本の感想と言っても、書きづらいことこの上ないので、作品集としての感想を書くと……
凄く玉石混淆という感じ。
紹介文の中にあるように、「こんなアイデアを原稿用紙5枚は勿体ない」と思わせるようなものもあるし(逆に、短すぎて、活かしきれていない、と感じるものを含む)、4頁だからこそ、というものもある。一方で、何だかよくわからないままに終わってしまったりする、というものも少なくない。著者の場合、そういうものもそういうもので、「らしい」と感じてしまうのが一つの味ではあると思うが。
そういったものも含めて、一日に数編ずつくらい読む、というのが良いのだろう。
ただ、それであれば、もう少し、収録する順番などに気を使って欲しい、とも思う。
というのは、結構、同じようなネタ、オチの話が続くことが多いのである。私自身が、一度に2編~3編くらいずつ、という形で読んだのだが、どちらも同じようなオチだった、みたいなことがあり、ちょっと……と感じた。
とは言え、4頁という短い分量で、しかも、ミステリというくくりまであって、それでこれだけの作品を作る、ということは素直に賞賛したい。表紙イラストのように、ちょっとした時間に気軽に読む、というのには丁度良いかも知れない。

No.2503


にほんブログ村 本ブログへ


http://blog.livedoor.jp/naepon0808/archives/52071397.html
スポンサーサイト

COMMENT 2

苗坊  2011, 05. 06 [Fri] 14:00

こちらにも失礼いたします。
蒼井さんはやはり短編がいいなと思っていたのですが、まさかの4ページミステリー。そして60編。濃かったですね~。
確かに同じオチの話が続いた時はありました^^;しょうがない部分もあるのでしょうが。。。
それでも、4ページでミステリを創り上げる蒼井さんが凄いです。
とても楽しい本でした。

Edit | Reply | 

たこやき  2011, 05. 06 [Fri] 20:15

苗坊さんへ

4頁の作品を60本って、本当に半端じゃないですよね。それだけ、多くのアイデアを考えている、ということですし、そう考えると、スゴイ、と思います。

そして、その前提で考えると、同じようなネタも、というのは、仕方がないのかも知れません。

各編の出来について、不満がないわけではないのですが、コメントでのやりとりなどを通し、改めて、その苦労などを思いました。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  4ページミステリー 蒼井上鷹
  • 4ページミステリー (双葉文庫)著者:蒼井 上鷹双葉社(2010-12-15)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る こんなにしっかりしたアイディアを原稿用紙五枚ぽっちにしちゃうなんてもったいない ...
  • 2011.05.06 (Fri) 13:59 | 苗坊の徒然日記