fc2ブログ

(書評)ある少女にまつわる殺人の告白

著者:佐藤青南

ある少女にまつわる殺人の告白ある少女にまつわる殺人の告白
(2011/05/06)
佐藤 青南

商品詳細を見る


10年前に起きた少女を巡る忌まわしい事件。亜紀という少女を巡り、児童相談所の所長、小学校の教師、小児科医……関係者は告げる。
第9回『このミス』大賞優秀賞受賞作。
じっくりと、嫌な感じを募らせる。そんな感想がぴったりくるような作品。
冒頭に、ちょっと書いたように、物語は、亜紀という少女を巡り、その関係者にインタビューを行う、という形で綴られる。母子家庭に育ち、母が同棲した相手から虐待を受けていた少女。発見、当時の様子……それらが次々と語られていく。
これ、巻末の解説でも触れられていることなのだけど、インタビュー形式で綴られる物語というのは、決して珍しいわけじゃない。本当に、色々とある。そして、虐待といったテーマもまた、少なくはない。ただ、そういう既存の作品と比べて見劣りするものにはなっていない。
巧いな、と思ったのは、その文章力。長崎を舞台にした物語で、登場人物も方言を使う人々が多いのだが、それが良いアクセントになっている。あまり使いすぎれば読みづらいし、だからって標準語だと地方色とかが出ない。その辺りのバランスが良いと思う。
また、話としてもしっかりと着地しており、その辺りは巧いと思う。児童虐待について語る児童相談所の職員の言葉なども、非常にリアリティを感じる。
ただ、これはひとつの狙いなのだろうけど、ノンフィクション形式で、しかも、事件の概要とかがわからないので、全体を通して淡々とした印象ばかりが強くややスピード感に欠けるように感じた。また、何となくどういうオチなのか、というのが予想できる部分がある。その辺りをどう評価するのか……。
そういうのを総合すると、『完全なる首長竜の日』(乾禄郎著)が大賞で、というのは納得できた。でも、ぶっちゃけ、初期の『このミス』大賞受賞作とかと比べると遥かに完成度が高いように思う。

No.2615

にほんブログ村 本ブログへ





スポンサーサイト



COMMENT 0