FC2ブログ

(書評)純平、考え直せ

著者:奥田英朗

純平、考え直せ純平、考え直せ
(2011/01/20)
奥田 英朗

商品詳細を見る


坂本純平、21歳。新宿を拠点に活動する暴力団に属する若者。兄貴分の北島に心酔し、その下で働く日々。そんなある日、純平が組長直々に命じられたのは、敵対する組長を殺す、という鉄砲玉の役目。二つ返事で話を受けた純平は、金と自由時間を与えられ、結構日までの3日間を過ごすのだが……
タイトルが色々と意味深。そんなこと読み終えて思った。
物語は、上に書いたとおり、鉄砲玉となることを命じられた主人公・純平が、時間と金を与えられて、結構までの3日間を過ごす、という話。暴力団の構成員、といっても下っ端で、彼を知る人には怖がられるどころか、気ままに付き合えるお人好し、くらいにしか思われていない。折角、金があるのだから、と高級な寿司屋に行こうと思っても、自分の格好などから気後れしてしまうし、頼まれごとをして他の組に乗り込んだは良いが、返り討ちにあってしまう。暴力団員、というと特殊な存在に見えるが、著者のユーモラスな語り口などもとも相まって、等身大の、その辺りにいそうな一人の青年・純平の姿が浮かんでくる。
そして、それだけに読了後は「どうして」と思わずにはいられなくなる。
そんな、純平の3日間は、人々と出会う、という時間に。
夜、何気なく入った焼肉屋で知り合った加奈。回転寿司で知り合った「先生」。標的の確認に行った先で知り合った男娼のゴロー。組は違うが、歌舞伎町でよく顔をあわせ、意気投合した信也。純平が鉄砲玉になることを知り、それぞれがぞれぞれの反応を示す。鉄砲玉なんてやめるべきだ、という者もいれば、「やるなら」と言う者もいる。さらに、組の人間の反応を見ていると、決して純平をたたえているだけでもない事情も見えてくる。しかし、そんな周囲があっても中でも純平の決意は揺るがない。
最初に、「タイトルの意味が意味深」と書いたのは、その辺りに理由がある。
つまり、純平そのものは、暴力団員とはいえ、どう見ても、その辺りにいそうな若者でしかない。にも関わらず、鉄砲玉になる、ということについては猪突猛進で進んでしまうのである。暴力団員同士の抗争。そこで殺人、ともなれば、作中でも書かれているように情状酌量などはなく、長期の刑罰は確実。しかも、組長の、兄貴分の、ほとんど個人的な事情などもあって、という状況となれば、気持ちが揺らぐのでは? と思うところが人情。にもかかわらず、そこが全く揺らがないのである。
純平は、父親がおらず、母はひっかえとっかえ男を連れ込んで、という日々。その中で道を外れた、というのは示されるが、それだけで、ここまで猪突猛進になれるのだろうか? と思わずにはいられない。直接、書かれていない純平の事情があるのではないか? その根本的なところを変えてしまうことはできなかったのだろうか? そんなことを思わずにはいられないのだ。
物語の構成とか、そういうところで言うと、結構直前の、クラブでの描写とかは無理やりにまとめに入ったように感じられたし、作中に何度と無く出るネットでの書き込みは、あまり物語に寄与していないようにも感じる(その最後の書き込みは、これはこれで意味深なのだが) そういう部分も気になった、というのは間違いない。
でも、それ以上に、ユーモラスに、等身大に書かれているからこそ、純平そのものの行く先がこうなってしまう、ということに哀しさを感じずにはいられない。

No.2624

にほんブログ村 本ブログへ





スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 2

この記事へのトラックバック
  •  奥田英朗『純平、考え直せ』
  • 純平、考え直せ奥田 英朗光文社 今回は、奥田英朗『純平、考え直せ』を紹介します。坂本純平は、対立する東雲会の幹部の矢沢を殺すという任務を与えられ、殺すまでの3日間は娑婆を味わう事ができるわけです。本書のお話は相手の幹部を殺すまでの3日間の話です。主人公の...
  • 2012.02.12 (Sun) 02:59 | itchy1976の日記
この記事へのトラックバック
  •  純平、考え直せ
  • 純平、考え直せ 著:奥田 英朗  発行元(出版): 光文社 ≪あらすじ≫ 坂本純平は気のいい下っ端やくざ。喧嘩っ早いが、女に甘くて男前。歌舞伎町ではちょっとした人気者だ。そんな彼が、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられた。気負い立つ純平だが、それを女に洩らしたことから、ネット上には忠告や冷やかし、声援が飛び交って…。決行まで三日。様々な出会いと別れの末に、純平が選ぶ運命は?一気...
  • 2019.08.03 (Sat) 22:08 | 刹那的虹色世界