fc2ブログ

異国迷路のクロワーゼ・第7話

「天窓」

朝から、少し様子のおかしい湯音。そんな中、先日の、貧しい少年が来ているのを見つけた湯音は、残したパンを少年にあげる。しかし、それをクロードは咎めて……

なんか、この前の、「迷子」の回。
そして、今回のエピソード。

普通は、全く別の環境に入り、戸惑っていたのがだんだんとその世界に馴染んでいって……となるんだろうけど、この作品の場合、最初は全くスムーズに行っていたのが、少しずつ文化の違いがクローズアップされた、というような印象に。
湯音もクロードも、互いについて思っているのだけど基本となる考え方にズレがある。そこから、対立に。

少年に対する考え方って、どちらも決して間違っているとは思えない。
湯音の、一生懸命に生きているんだ、という言葉。さらに、少年に対しての、まだやり直せるはず、というのは正しい。
一方で、湯音がしたように食べ物などを与える、というのはそういった人々が「ここに来ればよい」という形にもなりかねない。これもまた事実なんだろうし。

そして、そんなときに、湯音が病に倒れる。
その中に、クロードは、湯音が自分と少年を重ね合わせているのでは? という疑念に囚われる。そして、それに対する答えは……

オスカーじゃないけど、本当に「クロードが……」と思わせるような行動力だな、と感じる。
日本マニアであるアリスの下へ行き、医者を紹介してもらう。湯音が食べられそうな日本食を教えてもらう。
そんなこんなをしていると、湯音がパンを与えた少年が、見舞いに、ではないが、つんできた花を渡してくる。
そういうのを含めて、すべてが良い方向に転がりだした、ということなのかな? この前の、迷子の回も含めて、やはり「雨降って地固まる」という印象。

なんか、前回のエピソードとか、そういうのを含めて、だんだんと1話完結から、各話のつながりというのが強調されてきた印象。そういうのを考えると、今後、どこへと向かうんだろうか? という風にも思う。


しかし、日本文化を勘違いしていることをアリスに指摘する湯音は正しいのだけど……
別に病気の治し方とか、そういうのは日本風じゃないから間違い、ではないと思う。
……まぁ、氷風呂はダメだけど、氷で熱を奪う、とか氷枕のやり方だし、それはそれで間違いじゃないと思う。

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]
(2011/09/21)
東山奈央、近藤隆 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ





http://fovsaikou.blog129.fc2.com/blog-entry-1225.html
http://suzukimeister.blog2.fc2.com/blog-entry-162.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-6858.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5966.html
http://yasu92349.at.webry.info/201108/article_14.html
http://aniponda.blog119.fc2.com/blog-entry-1120.html
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1138.html
http://norarincasa.blog98.fc2.com/blog-entry-406.html
http://spadea.jugem.jp/?eid=11935
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1794.html
http://outerloop.seesaa.net/article/220399862.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1524.html
http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52206805.html
スポンサーサイト



COMMENT 2

みとみー  2011, 09. 10 [Sat] 01:17

おおっアリスが初めてマトモに役に立った(笑)
持つべきものは・・・が、今回と言う回はモノを言いましたねー。

>湯音の、一生懸命に生きているんだ、という言葉。さらに、少年に対しての、まだやり直せるはず、というのは正しい。
明治時代の豪商の周辺ってあまり想像できませんが、クロードの店のように浮浪者が寄ってくるような環境ではなかったと思います。
寧ろ、それなりの地位を持った人物ばかりだったでしょうから、客への信用が第一という湯音の発想は理解出来るんですが、一方で万引きが多い環境で育ったクロードの不審者には気を許すなももっともな話です。
日本にだって本屋やゲームショップなどは万引き多いですしね。
これは、国の違いというより、単に育った環境の差ではないでしょうかねー。
ま、万引きを警戒するようなお店だったら、湯音を留学させるような余裕はないでしょうが。

>なんか、前回のエピソードとか、そういうのを含めて、だんだんと1話完結から、各話のつながりというのが強調されてきた印象。そういうのを考えると、今後、どこへと向かうんだろうか? という風にも思う。
原作が完結していない上に2巻しかありませんからねー。
このクールだけで湯音を帰国させるワケはないと思いますし、
一応、2巻のラストのエピソードを素材にするものとは予想しています。
結構シリアスな話になりますがー。

>……まぁ、氷風呂はダメだけど、氷で熱を奪う、とか氷枕のやり方だし、それはそれで間違いじゃないと思う。
風邪で高熱を出した場合の対処、日本は汗を沢山かいて熱を冷ましますが、西洋は氷風呂に浸かって熱を冷ますのが一般的と言われてますよねー(笑)
あれって余計に熱を出しちゃいそうに思えるんですが、どうなんでしょうかねー。

Edit | Reply | 

たこやき  2011, 09. 25 [Sun] 15:18

みとみーさんへ

確かに、今回、初めてアリスが役に立つことしましたね(笑)
まぁ、そのためにクロードが頼みに行った、というのも評価されるところなんでしょうが。

> >湯音の、一生懸命に生きているんだ、という言葉。さらに、少年に対しての、まだやり直せるはず、というのは正しい。
> 明治時代の豪商の周辺ってあまり想像できませんが、クロードの店のように浮浪者が寄ってくるような環境ではなかったと思います。
> 寧ろ、それなりの地位を持った人物ばかりだったでしょうから、客への信用が第一という湯音の発想は理解出来るんですが、一方で万引きが多い環境で育ったクロードの不審者には気を許すなももっともな話です。

勿論、クロードの側も正しいんですよね。
仰るように、育った環境が一番大きい、ということになると思います。
でも、この辺りも、最終回を見た後ですと、伏線になっていたのだな、というのを感じます。

> >なんか、前回のエピソードとか、そういうのを含めて、だんだんと1話完結から、各話のつながりというのが強調されてきた印象。そういうのを考えると、今後、どこへと向かうんだろうか? という風にも思う。
> 原作が完結していない上に2巻しかありませんからねー。
> このクールだけで湯音を帰国させるワケはないと思いますし、
> 一応、2巻のラストのエピソードを素材にするものとは予想しています。
> 結構シリアスな話になりますがー。

で、これは原作のエピソードだったんでしょうか?
上に書いたように、最終回まで、上手く繋いだな、とは思うのですが。

> >……まぁ、氷風呂はダメだけど、氷で熱を奪う、とか氷枕のやり方だし、それはそれで間違いじゃないと思う。
> 風邪で高熱を出した場合の対処、日本は汗を沢山かいて熱を冷ましますが、西洋は氷風呂に浸かって熱を冷ますのが一般的と言われてますよねー(笑)
> あれって余計に熱を出しちゃいそうに思えるんですが、どうなんでしょうかねー。

どっちにしても、身体を冷やす、というのはあまり良くないと思うんですけどね。
氷枕とかは、一部だけを冷やすことで、苦しくて眠れない、などを解消するんだと思うのですが……
でも、湯音が「日本では~」と言ったからアリスが間違い、ではないですよね(笑)

Edit | Reply | 

TRACKBACK 14

この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 7話
  • 全ての命は等価である。 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」7話 優しき人々の巻。 盗っ人小僧、性懲りもなくご来店。 この話で都合四回訪れたわけだが、気持ちが徐々に変化してることが分か...
  • 2011.08.16 (Tue) 22:08 | アニメ徒然草
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 第7話 感想「天窓 Lucarne」
  • 異国迷路のクロワーゼですが、湯音は泥棒した子供にパンを与えてしまいます。クロードは盗人に追い銭だと、もう関わるなと注意します。湯音はあの子供にも同情的です。 アリスお嬢様が日本から買った物をたくさん持ってやって来ますが、ことごとく使い方を間違えており、...
  • 2011.08.16 (Tue) 22:42 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 第7話 天窓 Lucarne
  • 蜀台を盗んだ貧民街の少年にパンを上げて盗みが良くない事を諭す湯音ですが、それを叱るクロード。 湯音は子供は清らかな者として接する一方、クロードは子供は野獣という考えで ...
  • 2011.08.16 (Tue) 23:36 | ゲーム漬け
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ■異国迷路のクロワーゼ 【第07話】天窓
  • 異国迷路のクロワーゼ Partie07:“ Lucame ” 第07話:「 天窓 」の視聴感想です。 発熱。 我慢。 昏倒。 真心。 ビズ。 情けは人の為ならず。 ↑さぁポチッとな
  • 2011.08.17 (Wed) 01:41 | 此方彼方貴方-コナタカナタアナタ-
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 第7話「天窓」
  • 湯音ちゃんお熱出してダウン(ノ_・。) ムリしちゃらめえ~!! 育った文化のすれ違いを乗り越えて、絆が深まるいい話。 前半はキツキツ、後半はイケメン。 クロードの描き方が秀逸でした。 湯音ちゃんのバ...
  • 2011.08.17 (Wed) 06:25 | のらりんすけっち
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ The Animation 7話 天窓(Lucarne)
  • <感想>  湯音が倒れてしまった。あの少年のことを思ったようです。いろいろな思いが あったようです。アリスも怒ってしまい、クロードが頼み込んだようです。  原作と多少脚本がずれましたが、話の内容としては、同じでしたねえ。風邪を ひいてしまった湯音に対し...
  • 2011.08.17 (Wed) 06:29 | しるばにあの日誌
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 第07話 『天窓』
  • 湯音の悪いところ。何を食べても「美味しいです」としか言わない。具合が悪そうでも「大丈夫です」と頑な。日本人って何考えてるか分からないの典型。 それで上手く回っていればいいのですが、結果倒れて大迷惑かけちゃう。迅速なほうれんそう(報告・連絡・相談)は...
  • 2011.08.17 (Wed) 22:54 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
  •  (感想)異国迷路のクロワーゼ 第7話「天窓」
  • 異国迷路のクロワーゼ 第7話「天窓」 クロードにもまだまだ、心に抱える何かがありそうな気がしますね。湯音の風邪 を通して、彼女がパリに来てからの"変化"が分かる回ではなかったでしょうか?
  • 2011.08.18 (Thu) 07:00 | aniパンダの部屋
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ The Animation #7
  • 湯音が風邪を引いて倒れてしまうお話でした。その日、朝から湯音は体調が優れないようです。しかし、クロードに日本食の魅力を知ってもらいたくて、湯音は健気に食事の支度
  • 2011.08.18 (Thu) 19:03 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
  •  ◎異国迷路のクロワーゼ#7「天窓"Lucarne"」
  • ユネがウメボシを作る。ユネの食欲がなかった。そして、店にあの時の少年がやってくる。もうドロボウなんてしちゃだめよいう。あの蜀台かえしてくれないいうと、パンに変えたいう。...
  • 2011.11.27 (Sun) 02:16 | ぺろぺろキャンディー