fc2ブログ

異国迷路のクロワーゼ・第8話

「子供部屋」

風邪もすっかりよくなった湯音。そのお礼も兼ね、アリスからのお茶会の誘いを受けることに。クロードとともにブランシュ家の屋敷へ行くが、その中、クロード、カミーユは複雑な思いを抱いていて……

なんか、ここのところの数話を思い出すと、かなりシリアスな雰囲気が漂っていて、第1話あたりのただ「温かい」「癒し系」というようなところとは、印象が違っていることに気付く。

とにかく、今回は、比喩表現が印象的。

幼い日のクロードとカミーユのやりとり。家の中に閉じ込められ、自由が無い飼い猫と、ふらりと現われては、ふらりと去っていく野良猫。
飼い猫=カミーユ、野良猫=クロードで、野良猫の方が好き、というのは、クロードが好き、ということと自分も野良猫のようになりたい、というダブルミーニングなのだろう、と想像できるところ。
やがて、両者が会うことがなくなって……とあるわけなのだけど、その間に何があったのか? そこが、すごく気になる。
カミーユにとって、クロードはまだ意識の中に強く残っている想い人というのは、一つ一つの挙動、湯音に対する(嫉妬を伴った)言葉から感じる。また、クロードが妙にブランシュ家、カミーユに反発する、というのは、裏切られた、というようなところがあるのだろう……と予想はするのだけど。
「結婚は、家を大きくするための仕組み」
とカミーユがアリスを諭すシーンから考えれば、婚約が決まって、クロードとカミーユが会えないように仕組まれた、とか、そういうことなんだろうけど……
そんなやりとりをしている裏で、『竹取物語』を湯音がアリスに語る、というのは余計に皮肉というか、何というか……

なんか、今回のエピソードを見ているとカミーユというのは、よく言われる優等生の、長女気質なのだろうな、と思う。
家のしきたりだとか、そういうものをしっかりと理解しその中に居場所を作る。しかし、それ自体が自らを窮屈にしてしまう。だからこそ、自分と同じ家にいて、自分は期待されていない、と言いつつも自由に振舞い、また、それを許されてしまう妹のアリスが羨ましくも感じる。
また、本当に思っているクロードと離れたことが哀しく、今、一緒にいて、自分と同じようにクロードのことを考えている湯音が……。それでも、恨みの声とか、そういうのをあげられない、というのが余計に彼女の立場を感じさせる。
最初は、ただ、優しくて、完璧なお姉さん、という感じだったカミーユが、すごく身近な存在に感じられるようになった。
ただ、このまま、では哀し過ぎるよな……とも思うわけで。

TVアニメーション「異国迷路のクロワーゼ The Animation」ラジオCD「ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)を歩きながら」出張盤TVアニメーション「異国迷路のクロワーゼ The Animation」ラジオCD「ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)を歩きながら」出張盤
(2011/08/24)
ラジオ・サントラ、東山奈央 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ







http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-5989.html
http://yasu92349.at.webry.info/201108/article_18.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1532.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/firstsnow/story/?story_id=1997197
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1154.html
http://norarincasa.blog98.fc2.com/blog-entry-425.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-6865.html
http://spadea.jugem.jp/?eid=12040
スポンサーサイト



COMMENT 2

みとみー  2011, 09. 10 [Sat] 01:55

カミーユとクロードの関係って2巻目には全く触れられていないので、原作でどこまでの因縁があったのか図りかねますが、アニメではかなり踏み込んで描いてますねー。

>なんか、ここのところの数話を思い出すと、かなりシリアスな雰囲気が漂っていて、第1話あたりのただ「温かい」「癒し系」というようなところとは、印象が違っていることに気付く。
原作はもっと「重い」し「悲壮感」も漂ってますから、かなりマイルドに仕上がっていると思います。

>「結婚は、家を大きくするための仕組み」
とカミーユがアリスを諭すシーンから考えれば、婚約が決まって、クロードとカミーユが会えないように仕組まれた、とか、そういうことなんだろうけど……
豪商の娘という立場を鑑みるに湯音もいずれはカミーユとそう変わらない運命をたどりそうな気がします。
ただ、異国で自由に見聞出来ている今の湯音と、生来箱入り娘で過ごしているカミーユとは大分立場が異なっているとは思いますが。
ま、長女と次女の差はありますけど、湯音の姉は家を継げるような状態じゃないですからねー。

今回は表面的な豪華さの裏にある閉塞感が垣間見られたのがとても印象的でした。

Edit | Reply | 

たこやき  2011, 09. 25 [Sun] 15:30

みとみーさんへ

> カミーユとクロードの関係って2巻目には全く触れられていないので、原作でどこまでの因縁があったのか図りかねますが、アニメではかなり踏み込んで描いてますねー。

この辺り、かなり改変しているんですね。
でも、出しておいてスルーとかでも何ですし、こうやってブランシュ家とクロードの確執の背景とか、そういうのの説明にもなりますし、オリジナルとしてもかなり上手いと思います。
まぁ、これでもマイルドというと、逆に原作が怖いのですが(^^;)

> >「結婚は、家を大きくするための仕組み」
> とカミーユがアリスを諭すシーンから考えれば、婚約が決まって、クロードとカミーユが会えないように仕組まれた、とか、そういうことなんだろうけど……
> 豪商の娘という立場を鑑みるに湯音もいずれはカミーユとそう変わらない運命をたどりそうな気がします。
> ただ、異国で自由に見聞出来ている今の湯音と、生来箱入り娘で過ごしているカミーユとは大分立場が異なっているとは思いますが。
> ま、長女と次女の差はありますけど、湯音の姉は家を継げるような状態じゃないですからねー。

確かに、生まれとしては似ている部分あるんですよね。
ただ、湯音については、姉は後に描かれたものの、それ以外が描かれていないので想像だけ、ではあるんですが……
でも、海外まで来たことはともかくとして、第1話で湯音が外で修行を、みたいなことは言っていましたよね。その辺り、やっぱり後継者(の妻)として考えられている、ってことでしょうかね。

> 今回は表面的な豪華さの裏にある閉塞感が垣間見られたのがとても印象的でした。

本当に、ここは凄く上手く描かれていた、と思います。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 11

この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 第8話「子供部屋」
  • 私が結婚してもずーっと遊びに来てくれる――?  あなたが好きよって言った後にそのセリフじゃ 幼かったクロードも傷心になるよね(汗) カミーユは長女として家の繁栄のために結婚するようずっと教育を受け...
  • 2011.08.23 (Tue) 12:34 | SERA@らくblog
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 8話
  • 隣の花は赤い。隣の芝は青い。 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」8話 義務と演技の巻。 割り切ったと口にするのは、心の中では割り切れてない証拠。 クロード様と湯音さんに対する意地悪な...
  • 2011.08.24 (Wed) 22:10 | アニメ徒然草
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 第08話 『子供部屋』
  • クロードとカミーユの接触来た!!WEB限定配信の第4.5話以来、二人が会って話すのは今か今かと待ってました。何この離婚した夫婦みたいなギスギスした会話。カミーユの挑発的な言動が目立ちますね。正直びっくりしましたよ。久しぶりに会ったのにつれないわね、クロード。...
  • 2011.08.25 (Thu) 01:48 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 第8話「子供部屋」
  • カミーユとクロードの関係もけっこう突っ込んで描かれるようで。 幼き日のやり取りはクロードにはほろ苦い思い出に。 「好き」といっておいて直後に奈落の底ですからね。 ロミジュリな恋だってことをすでに...
  • 2011.08.25 (Thu) 15:20 | のらりんすけっち
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ The Animation #8
  • 医者を呼んでもらったお礼に、湯音とクロードがアリスの屋敷を訪れるお話でした。これまではっきり描かれなかった、クロードとカミーユの関係も少しずつ明らかになってきま
  • 2011.08.25 (Thu) 20:09 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ  Partie08「Chambre d'enfant -子供部屋-」
  • 幼き日、クロード・クローデルに愛していると語ったカミーユ・ブランシュは、だから自分が結婚してもずっと遊びに来て欲しいとクロードの手を取って微笑んだ。幼いころのカミーユは結構無邪気だったんだね。それでもそんなお願いをするという事は結婚するのはクロードでは...
  • 2011.08.25 (Thu) 20:41 | 無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想-
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 第8話 感想「子供部屋 Chambre d'enfant」
  • 異国迷路のクロワーゼですが、クロードとカミーユは子供の頃は親しかったのですが、身分違いや住む世界が違う為に自然と疎遠になります。クロードにとってあのお屋敷は行きたくない場所ですが、アリスに世話になったので湯音を連れて行かざるを得ません。店はオスカーじい...
  • 2011.08.25 (Thu) 22:28 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ The Animation 8話 子供部屋(Chambre d'enfant)
  • <感想>  クロードは、カミーユと結婚の約束?をしていた。小さいころに出会ったが、クロードは、気が気でなかったようだ。  心配していたのは、アリスと湯音のことだった。やたらに、くっついているアリスがどうしても気に入らなかったようです。  しかし、カミー...
  • 2011.08.26 (Fri) 16:32 | しるばにあの日誌
この記事へのトラックバック