FC2ブログ

異国迷路のクロワーゼ・第12話

「屋根の上の猫」

ギャルリの人々とも馴染みになった湯音。そんなある日、湯音はクロードを手伝おうと仕事場の片隅にある手袋を持ったことで、クロードは激昂して……

「湯音のことを尋ねないのは、いつか湯音がいなくなったとき、傷つくのが怖いから」
前回のエピソードの中で、クロードがオスカーに指摘されたこと。
最終回は、クロードがそこから一歩を、というような形で締めた形に。

今回、湯音が行方不明に、という話ではあるものの、別に湯音が家出とか、そういうものではない。
ただ、ギャルリの看板に関するエピソードで出てきた鈴をつけた猫。鈴の音を頼りに、それを追いかけただけ。
ある意味じゃ、クロードが一人相撲を取っていただけ、ということになるんだけど……でも、このくらいの、ちょっと脱力するような話だからこそ、後腐れなくなるのかな、とも思う。
一方で、湯音も、自分の居場所に気付いた、という結末ではあるのだけど。

クロードにとって、手袋というのは、父の形見。
父は、小柄な人であり、しかし、その父が転落死するのを何も出来ずに見過ごしてしまった、という苦い思い出の対象。
だからこそ、屋根の上の湯音にもそれを重ねてしまう。

一方で、湯音は、といえば、自分は常に役に立っていない、という思いが常に。
「怪我をせず、自分の傍にいればよい」というクロードの言葉は、言い換えれば、自分は役立たず、という形にしかならない。

そんな状況が、屋根の上からクロードが引き上げた、ということで両者が自分のことを自覚する。
本当に、上手くまとめたな、というのを強く感じる。まぁ、最後のお姫様だっことかは、お約束、ということで(笑)
序盤はともかく、中盤くらいから、ややすれ違いとか、そういうので重い雰囲気の話もあったけど、それをしっかりと纏め上げた、文句のない最終回だったと思う。

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]
(2011/09/21)
東山奈央、近藤隆 他

商品詳細を見る



総括
うちで感想を書いている作品の中では、最初に最終回を迎えた本作。
『ARIA』シリーズの佐藤順一氏がシリーズ構成をするなど、ということで序盤は本当に、ほんわかとした雰囲気だったのだけど、だんだんと重くなっていく物語に、実はちょっと戸惑ったりもした。でも、先に書いたように、それをしっかりと最終回で纏め上げたな、という感じ。終わってみれば、居場所、自分の気持ちをどう表すのか、みたいなテーマ性もしっかりと感じられ、文句のない構成だったと思う。
最終回、ギャルリの家族に、一員になれた、とあったけど、欲を言うならギャルリの人々との交流とかをメインにした話が1つあっても良かったかな、とは思うが、それは高望み?(笑)
背景、音楽なども作品の雰囲気とあっていて良かった。
本当、3ヶ月、追いかけてきて良かったな、と思う。スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
あと、安田賢司監督へ。いつも佐藤順一さん、佐藤順一さんとばかり連呼し、安田監督を無視したような感想になってしまっていて、ごめんなさい!

にほんブログ村 アニメブログへ




http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6068.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/firstsnow/story/?story_id=1999949
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-6901.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-1563.html
http://animenikilog.blog38.fc2.com/blog-entry-136.html
http://spadea.jugem.jp/?eid=12530
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-5067.html
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1219.html
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-1970.html
http://yasu92349.at.webry.info/201109/article_20.html
http://nikkananilog.blog.fc2.com/blog-entry-89.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 16

この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 第12話「屋根の上の猫」
  • 私 ギャルリの家族になれたでしょうか――? 鈴をつけた猫の看板も クロード父の作だという。 そんな話を聞けるほど 湯音はギャルリのみんなに馴染みました(笑) でも すぐ居なくなる湯音は クロードに...
  • 2011.09.20 (Tue) 11:06 | SERA@らくblog
この記事へのトラックバック
  •  ■異国迷路のクロワーゼ 【第12話】屋根の上の猫
  • 異国迷路のクロワーゼ Partie12:“ Chats sur un toit ” 第12話:「 屋根の上の猫 」の視聴感想です。 ギャルリ。 猫。 捜索。 父。 笑顔。 ギャルリの家族になれたでしょうか? ↑さぁポチッとな
  • 2011.09.20 (Tue) 13:35 | 此方彼方貴方-コナタカナタアナタ-
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 12話(最終回)
  • 鈴なんて、いらない。 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」12話(最終回) 屋根から見る風景の巻。 未完成だからこそ、お互いに支え合う。 そんな結びつきの大切さを、美しさを、伝えたかった...
  • 2011.09.20 (Tue) 13:46 | アニメ徒然草
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 第12話「屋根の上の猫 - Chats sur un toit」 感想
  • もう一人ぼっちじゃない 作業場で仕事をするクロードを手伝おうとする湯音。 一番小さな手袋を使おうとするがそれを見たクロードから思わぬ叱責を受けることに。 店から姿を消した湯音をクロードやギャルリの住人で捜索することになるが…。 湯音はもう立派にギャルリ...
  • 2011.09.20 (Tue) 16:06 | 日刊アニログ
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 全12話
  • さて、アニメも色々と最終回なので感想を書きたいですね ということでまずはクロワーゼ フランスのパリを舞台に日本人の少女が奮闘する物語ですかね? 原作は読んだことがないのですが2巻までしか出ていな...
  • 2011.09.21 (Wed) 00:31 | にきログ
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 第12話「屋根の上の猫」 (最終回)
  • 湯音ちゃんの素敵んぐスマイルとも今回でしばしお別れ。 途中ちょっとしょんぼり展開もあったけど、良い感じに和んで終了。 それにしてもお姫様だっことは…クロードもやりよるのうw ギャルリの人たちと...
  • 2011.09.21 (Wed) 06:46 | のらりんすけっち
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ 第12話・最終回 感想「屋根の上の猫 Chats sur un toit」
  • 異国迷路のクロワーゼですが、湯音は不用意に手袋に触ってクロードを怒らせます。オスカー爺さんは理由を説明しないと湯音も怒られ損だと言いますが、クロードは触れられたくないこともあるようです。 オスカーは、あれはクロードの父親の手袋だったと湯音を励ましますが...
  • 2011.09.21 (Wed) 09:03 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『異国迷路のクロワーゼ』 最終回 観ました
  • このお話は、明治生まれの少女湯音が巴里のギャルリにやって来て、ギャルリの一員になれるまでが描かれていました。湯音が巴里にやってきた当初、彼女のことを知っているのは日本から彼女を連れてきたご隠居のオスカーと、若い職人で店主のクロードだけだったのが徐々に湯...
  • 2011.09.21 (Wed) 20:18 | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
この記事へのトラックバック
  •  異国迷路のクロワーゼ The Animation #12
  • 毎回とても癒されたこの作品も、いよいよ最終回です。湯音もかなりギャルリに馴染んできました。そんな時、クロードの仕事を手伝おうとした湯音は、クロードの父親が使って
  • 2011.09.23 (Fri) 18:00 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ◎異国迷路のクロワーゼ#12「屋根の上の猫"Cha...
  • オスカーがスキヤキ食べたくなってきたいう。そして、クロードとユネで買い物にいく。ネコ好きだった。ネコの看板はクロードの父が作ったらしい。ユネが手伝いにくる。お前じゃ無理...
  • 2012.01.10 (Tue) 02:56 | ぺろぺろキャンディー