FC2ブログ

神様ドォルズ・第13話

「隻・枸雅匡平」

暴走を始めたまひるの案山子・禍津妃。そして、それに呼応するように動き出す玖吼理。それは隻である詩緒の意図を離れて……

……ええと……これは、分割2クール作品?
それにしても、以前の『WHITE ALBUM』並に全く区切りになっていないところで終わったような気がするのだが。

前回、まひるの案山子が暴走を開始し、そこから日々乃を救おうと思った匡平が村に対する憎悪を燃やして意識を失うことに。それに呼応し、玖吼理が動き出した、というところで終了。
原作が続いているわけだし、話としてはその暴走した2体の案山子をどうにかして、そこに阿幾が少し絡んで……くらいになるのかな? と思いきや、全くそんなことがなかった。

暴走した玖吼理はまひるの禍津妃を破壊し、動きを止める。
意識を取り戻さない匡平に日々乃、詩緒らがやきもきする中、なぜ匡平が村を去るのかわからないまひるは別行動。そして、意識を失った匡平がみたものは、案山子があっても大事な人を守れなかった、という無力感。
村で、先生を巡っての話の中で、なぜ、そこまで匡平は阿幾を憎む? というのを書いたけど、先生を阿幾に取られた、という嫉妬と仇も取れなかった無念さ。そして、何も知らなかった虚しさ。そういうのが入り混じっていたのだろう、というのは良くわかった。
ここまで来ると、理性とか、理屈とか、そういうものじゃないだろうし。

そして、結局、妹である詩緒に責任を押し付け、やってきた東京でも、自分のせいで、日々乃ら周囲を巻き込んでいる。
そこからへ……

阿幾が村へ戻る、みたいなこともあったけど、やっぱり、話としてあまりまとまっていないよな。
幼少時代に暴走した案山子が、日向家にあるとかもそうだし、詩緒が動かせなくなった、とか、久羽子のその後とか、刑事さんとか……色々と置きっぱなしだし。
これで終わったら、それこそ「不完全燃焼なんだよ♪ なんだよ♪」っつーことになる。

最終回なので、いつもは総括としてまとめるんだけど、今回はそれはなし。
続き、期待しているから!

神様ドォルズ 第1巻 [Blu-ray]神様ドォルズ 第1巻 [Blu-ray]
(2011/09/21)
岡本信彦、福圓美里 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ





http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-6088.html
http://spadea.jugem.jp/?eid=12684
http://yuta526.blog26.fc2.com/blog-entry-491.html
http://haruhiism.blogism.jp/archives/52179546.html
http://animetureduregusa.blog65.fc2.com/blog-entry-1237.html
http://nikkananilog.blog.fc2.com/blog-entry-101.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-2541.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1770.html
http://blog.livedoor.jp/voler/archives/52881689.html
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-2013.html
http://2009nenaki.blog11.fc2.com/blog-entry-667.html
http://kenohito.blog67.fc2.com/blog-entry-1251.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 16

この記事へのトラックバック
  •  神様ドォルズ 第13話「隻・枸雅匡平」
  • 不完全燃焼なんだろ? そうなんだろ? ♪ まぁ歌詞どおりな最終回になるだろうって想定どおりでしたね(苦笑) 分割2クール(?)なのは先に発表した方がいいのかどうか。 発表してたら見られないってこともあるのかな? ▼ 神様ドォルズ 第13話「隻・枸雅匡平...
  • 2011.09.28 (Wed) 22:51 | SERA@らくblog
この記事へのトラックバック
  •  神様ドォルズ 第13話・最終回 感想「隻・枸雅匡平」
  • 神様ドォルズですが、匡平と日々乃は何とか助かります。匡平は夢と現実の中で日々乃を抱きしめますが、これ以上危険にさらしたくはないので日々乃とは別れようとします。 しかし、日々乃は自ら唇を重ね、私は匡平様の所有物ではないが嬉しかったと二人は抱き合います。二...
  • 2011.09.28 (Wed) 23:39 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  神様ドォルズ 第13話 「隻・枸雅匡平」 (終)
  • いろんな意味で匡平無双。「神様ドォルズ」の最終話。 テレビ東京アニテレサイトはこちら。 禍津妃の打撃を頭に受けて気を失う匡平。そのとき先に打ち落とされていた玖吼理が 詩緒の制御下にないにもかか...
  • 2011.09.29 (Thu) 01:08 | ゆる本 blog
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  神様ドォルズ 第13話「隻・枸雅匡平」 感想
  • 隻として再び向き合う覚悟 まひると禍津妃の件も一通りの決着がつき再び阿幾と対面した匡平。 もう逃げることはせずに全てに決着をつける覚悟を決めた匡平の明日はどうなっていくのか。 あのラストシーンのカットを見るに次を期待してもいいんですよね?
  • 2011.09.29 (Thu) 06:28 | 日刊アニログ
この記事へのトラックバック
  •  神様ドォルズ 第13話(終) 『隻・枸雅匡平』
  • いよいよ神様ドォルズも最終回です。案山子を持たない匡平はそれでも生身で禍津妃に取り付いて日々乃を助けようと必死。しかし絶叫したのちに殴られました。やっぱり無理かと思ったら停止したはずの玖吼理が覚醒。歌が違います。いよいよ匡平の本気が見られるか。 匡平寝?...
  • 2011.09.29 (Thu) 08:26 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  神様ドォルズ 第13話(最終話)「隻・枸雅匡平」 感想
  • ククリと自分の間に違和感を感じる詩緒ちゃん 匡平の叫びがキッカケで動き出したように思えたククリだったが肝心の匡平は気を失っている状態、では今ククリを操っている者は誰なのか?詩緒ちゃんが違和感を感じると言うのなら詩緒ちゃん自身はククリと繋がってはいるが...
  • 2011.09.29 (Thu) 13:13 | 時は零から
この記事へのトラックバック
  •  神様ドォルズ 13話(最終回)
  • 匡平「オレは部外者だった…」アッカリーン「せやな」 というわけで、 「神様ドォルズ」13話 エア主人公の巻。 結局最後までいいとこなし! やたらかっこいいサブタイも、今となっては虚しく響くだ...
  • 2011.09.29 (Thu) 13:18 | アニメ徒然草
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  神様ドォルズ 第十三話(最終回)「隻・枸雅匡平」
  • 枸雅匡平は史場日々乃を助けようとして無力感と怒りを感じる中、案山子・禍津妃(マガツヒ)の攻撃を後頭部に受けてしまう。その時、やられた筈の案山子・玖吼理(ククリ)が再び現れると、暴走したかのように禍津妃に襲いかかり光る両腕で一方的に禍津妃を殴りつけていく...
  • 2011.10.01 (Sat) 22:34 | 無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想-
この記事へのトラックバック
  •  ◎神様ドォルズ第十三話隻・枸雅匡平
  • 13キョウヘイがなぐられる。ククリ暴走。落ちてきたのをグラサンがたすける。グラサンがマヒルにビンタして連れて行く。マガツチは、爆発。キョウヘイ病院に運ばれる。マヒルはい...
  • 2012.01.05 (Thu) 05:02 | ぺろぺろキャンディー