FC2ブログ

(書評)よろずのことに気をつけよ

著者:川瀬七緒

よろずのことに気をつけよよろずのことに気をつけよ
(2011/08/09)
川瀬 七緒

商品詳細を見る


呪術を専門に研究する民俗学者・澤中。そんな彼の元を、一人の少女が訪れる。その少女・砂倉真由は、一枚の呪術符を持ち込む。1ヶ月前、彼女の祖父が何者かに殺害されたこと、そして、床下から、その呪術符が発見されたということと共に。呪術符への興味と、真由の危うさを目の当たりにし、その調査を開始することになって……
第57回江戸川乱歩賞受賞作。
まず、いきなり選評をネタにして書き始めるのだけど、京極夏彦氏が「呪術などについて、致命的な瑕疵があるが、物語としてそれを跳ね除けるだけのものがある」というようなことを書いている。京極氏といえば、妖怪とかを題材にした作品で知られる存在であり、その観点から見ると……となるのだろう。私のように、そういうのについてはほとんど知らない人間にとっては、そういう部分について全く気になることなく読むことが出来た。むしろ、桐野夏生氏の「薀蓄を台詞で説明しすぎて、地の文が弱い。そのため、犯人の心情が薄い」という指摘がもっとも「確かに」と感じられた。
という風に書くと、随分と欠点があるように見えてしまうのだが、読んでいて、実に楽しく読めた、というのが最初に出てくる感想。
桐野氏の台詞で説明をしすぎる、というのはあるのだが、ただ、その分、主人公・澤中とヒロインである真由のキャラクターがしっかりと立っている。言葉面では皮肉やら何やらの応酬をする二人だけど、明らかに強がっている状態の真由と、それを理解している澤中。早い段階で、そんな二人の関係というのが頭に入ってきて定着したことで、物語にすぐに入ることが出来た、というのは見事。
もっとも、そのキャラクターを中心にしていることもあり、「呪い」という題材の割に情念とかがそれほど感じられない、という欠点もあると思う。人によっては、明るい雰囲気だからこそ、ひっくり返したときの絶望感へ……と転化させることが出来るのだけど、この作品の場合、そういう部分はないし、また、澤中にしろ、真由にしろ、直接の関係者でない、ということで描くのが難しいというのはあると思う。いくら自分の家族のこと、といっても、自分が一切関与していない時代のことを告げられて、自分のこととして感じる、っていうのは難しいからなぁ……(自分の家族が、そんなことをしていたなんて、と、ショックを受けることはあると思うが)
次に、提示される謎。
祖父は、呪いによって殺された!? かなりトンデモな事件に思われるところから始まりながら、正式な方法からは外れた呪術符。しかし、それは無知な人間が見よう見まねで行ったものではなく、知っている人間が、敢えて正式な方法を外したというのが伺える。学校の教師をしており、決して人から恨まれるような行動を取っていたわけではない祖父がなぜ? しかも、調べるうちに、自らの過去を隠している形跡が見られる。祖父は何をしたのか? そして、誰の恨みを買ったのか? 呪術について詳しい澤中。鳥博士の野呂……といった面々が、その知識を組み合わせて、一歩ずつ迫っていく、という展開は王道だが、楽しい。一時期の乱歩賞作品は、謎解きをしたいのか、ただ、業界の問題点などの薀蓄を語りたいのか、よくわからない状況だったこともあるだけに、謎解きをメインに、というのは物語としての面白さに繋がっていると思う。
枚数制限のある新人賞受賞作でよくあるように、本作についても、終盤、多少、強引にまとめてしまった部分がある。そもそも、展開が王道なだけに、真相の想像が付く部分があるし、犯人がいきなり猟銃をぶっ放す辺りはむしろギャグに感じられるところもある。わざわざ自分が犯人と宣言するようなものじゃねぇか、と……(笑) 出版に当たって改稿しているはずで、それでも、というのは、選考時点ではもっとあるんだろうな……とも思う。そういう部分で多少、失速した感はある。
でも、過去の受賞作を見ると、打ち切りマンガのようにいきなりまとめに入ったものとか、本作以上に強引な辻褄合わせの作品というのは多い。それと比べると、このくらいなら十分に上手く着地している作品だと思う。
事件の裏にある人間の情念とか、そういうものよりも、純粋に謎を一つ一つ解明していく純粋な娯楽作品として楽しむのが良い作品じゃないかと思う。

No.2700

にほんブログ村 本ブログへ





スポンサーサイト



COMMENT 0